オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

カテゴリ:映画記事 > 映画 for 2019

5
6月7日公開の映画「エリカ38」を観賞した。この作品は2018年に亡くなった樹木希林さんが企画した作品で数年前に起きた60代女性による詐欺事件をモチーフに60歳を超えても38歳と偽った女性の逮捕されるまでの経緯を描いたストーリーである。

人はどのようにして60代女性から38歳と騙されたのかを考える機会としたい。

続きを読む

5
6月7日公開の映画「町田くんの世界」を観賞した。

この作品は安藤ゆき原作の漫画を実写化した作品で町田一という不器用だが愛される青年に周りが翻弄されていくストーリーである。町田くんが周りに与える世界とはどんな世界なのだろうか?

続きを読む

4
5月31日公開の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」を観賞した。

この映画はある女性を見かけた事から2つの世界の記憶の中である真実を知っていくストーリーである。この2つの世界はどうしてできたものなのかを知った時に知る真実はどんなものなのだろうか?

続きを読む

4
5月24日公開の映画「空母いぶき」を観賞した。この映画はかわぐちかいじ原作の漫画を実写化した作品で架空の軍事国が日本の領海に侵入して島を占拠し奪還の為に日本の空母が向かうというストーリーである。

国を守るという事はどういう事なのかをよく考える作品になるだろう。

続きを読む

5
5月24日公開の映画「貞子」を観賞した。この映画は1998年に公開されたリングに登場する山村貞子の呪いが今の時代も続いているストーリーで20年前の生き残りの1人が受診していた病院に勤める医師と弟が貞子の呪いに巻き込まれていく姿が描かれたストーリーである。

貞子に1度呪われた者は逃れられない運命なのだろうか?


続きを読む

4
5月10日公開の映画「映画としまえん」を観賞した。この作品は遊園地のとしまえんで伝説になっている呪いの話に大学生の5人がとしまえんを訪れてその呪いに巻き込まれていくストーリーである。

としまえんには一体どんな呪いがあるのだろうか?

続きを読む

5
5月3日公開の映画「賭ケグルイ」を観賞した。この映画は河本ほむら原作の漫画を実写化した作品で独自の階級制度が採用された富裕層の生徒が通う名門学園で繰り広げられる学園ギャンブルストーリーでギャンブルに興じる生徒たちの攻防が描かれる。

ギャンブルの攻防の果てにみる結末とはどんなものなのだろうか?

続きを読む

5
4月19日公開の映画「キングダム」を観賞した。

この映画は原泰久原作のキングダムを実写化した作品で、中国の春秋戦国時代を舞台に後に中国を統一する秦の始皇帝を支える将軍が奴隷から這い上がる姿を描いた作品である。

日本ではあまりなじみのない秦の始皇帝が中国を統一した時代背景を踏まえてもこの時代の注目されるキッカケになる作品と言える。

続きを読む

5
4月12日公開の映画「名探偵コナン 紺青の拳」を観賞した。

この映画は名探偵コナンシリーズの毎年恒例の劇場作品で今回で23作目となり、今回はコナンがキッドの手引きでシンガポールに連れてこられたコナンが別人となりある事件にキッドと共に事件解決していくストーリーである。

コナンが海外へ行く事そのものが珍しい事もあるがキッドと事件を解決しようとするシーンも劇場版ならではの光景である。

続きを読む

5
3月15日公開の映画「君は月夜に光り輝く」を観賞した。この映画は佐野徹夜原作による作品で発光病という余命0の女子高校生の願いを聞く事になった男子高校生が1つ1つ願いを叶えていくラブストーリーである。

余命僅かの中で何を叶え何を伝えられるのだろうか?

続きを読む

5
3月15日公開の映画「まく子」を観賞した。この映画は西加奈子原作の作品で小学生のぼくが子供と大人の狭間にいる事で様々な葛藤を感じるが、ある少女との出会いによって次第に成長していく姿が描かれていく。続きを読む

5
2月22日公開の映画「翔んで埼玉」を観賞した。

この映画は魔夜峰央による原作の漫画で東京都それ以外の関東圏を差別した時代が描かれ、特に埼玉県民は他の件以上に大きな差別扱いを受ける中で埼玉開放を目指す為に立ち上がった埼玉県民の戦いが描かれるストーリーである。

かつては6年連続全国で住みにくい県1位だった埼玉県をデスリぶりは最初から最後まで痛快に映るだろう。

続きを読む

5
2月15日公開の映画「半世界」を観賞した。

この映画は地方都市で炭火職人として働く中年の男性が故郷に戻ってきた男性と共にこれからの人生を向き合っていくストーリーである。人生の半分を折り返そうとする中で何を感じ何を見ていく事になるのか?

続きを読む

5
2月15日公開の映画「フォルトゥナの瞳」を観賞した。この作品は飛行機事故で奇跡の生還を果たした少年が大人になり死ぬ直前の人が透けて見えるという特殊な能力を持ちながら運命の人と出会い運命の人を守るために行動していくストーリーである。

人の死が見えるとなった時何ができるのか?考えさせられる事になるだろう。

続きを読む

5
2月8日公開の映画「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」を観賞した。

この映画は北条司原作のシティーハンターをアニメ化した作品で1987年にシリーズ初放送されてから1999年のスペシャルまで放送されてから20年ぶりの新作で、新宿を舞台に冴羽獠が裏社会で依頼人のボディーガードをしながら狙う悪党を退治する姿が描かれるストーリーである。

20年ぶりの新作にあの頃観ていた人たちにとってはあのもっこりとハンマーと冴羽の強さを思い出す事だろう。

続きを読む

5
当Blog運営をしてきて鑑賞作品が増えた事で2007年から鑑賞&予定作品を記載する事にしています。

続きを読む

5
2月1日公開の映画「七つの会議」を観賞した。

この映画は池井戸潤原作の「七つの会議」を映画化した作品で、ある中堅の電機メーカーが不祥事隠しにより不祥事を隠している事を感じた社員が自らの行動により不祥事を暴いていくストーリーである。

不祥事の先に見るのは日本の悪しき隠蔽体質から抜け出せない企業の利権を守るための決断できない人たちの姿だった。

続きを読む

5
2月1日公開の映画「雪の華」を観賞した。

この映画は2003年11月のリリースされた中島美嘉の名曲「雪の華」をモチーフにした作品で余命1年と宣告された女性が最後の願いとして恋人と過ごす事を望んでいくが、次第に好きという気持ちを忘れられずになっていくラブストーリーである。

名曲の名の通りこのラブストーリーの結末は切ないものになるだろう。

続きを読む

5
1月25日公開の映画「あした世界が終わるとしても」を観賞した。

この映画は2つの世界に同じ人物が存在する世界で一方の世界から来た人物に命を狙われるがこの世界を守るためにもう1つの世界へ戦いに挑んでいくパラレルストーリーである。

もう1つの世界でもう1人の自分が存在すると知った時にどういう気持ちでもう1つの世界と向き合うだろうか?

続きを読む

5
1月25日公開の映画「十二人の死にたい子どもたち」を観賞した。

この映画は12人の自殺願望のある少年少女がある廃墟となった病院に集まり自殺しようとまで至った経緯が描かれながら本来いないはずの12人目の参加者の真実を解明していくストーリーである。

12人の参加者にはそれぞれの人生がありながらそれぞれ死にたい理由があるがその理由を知った時にどうやって回避するかを改めて考える機会になる。

続きを読む

5
1月18日公開の映画「マスカレード・ホテル」を観賞した。

この映画は東野圭吾原作の長編ミステリーを映画化した作品でホテルに殺人予告を受けた事により潜入捜査をする事になった刑事がホテルのフロントクラークの指導を受けながら事件を追い犯人を突き止めていくストーリーである。

多くのお客が出入りするホテルで繰り広げられるそれぞれの人間模様の先に見る結末には些細な出来事が自らの身を危険にする事を痛感する事だろう。

続きを読む

↑このページのトップヘ