5
2016年もいよいよ4日あまりとなってしまいました。

今年は色々バタバタ裏で忙しくしている事もあり

ようやく年間総括に突入する事になりました。

今年は54作品鑑賞と11年連続50本以上鑑賞する事ができました。

昨年で9年連続でストップした60本以上は50本以上として継続する事になりましたが

映画レビューを振り返るにはこれ位の本数は観ないと振り返るのは難しいとは思います。

かなり駆け込みでの年間総括となりますが映画レビュー年間総括から始めたいと思います。

昨年の51本から54本とペース的には悪くなかったものの

鑑賞できる日がどうしても限られる中で50本以上確保するのが

手一杯という感じではありました。

それでも十分鑑賞できた事により今年も選りすぐりの作品を選ぶ事ができそうです。

それでは今年度の私が選ぶベスト映画、

ワースト映画並びにベスト主演俳優&女優、

助演俳優&女優、新人、音楽を

選びたいと思います。

2016年主演男女、助演男女、ニューフェイス、音楽

主演男優

鈴木亮平 「の・ようなもの のようなもの」「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」「彼岸島 デラックス」「海賊とよばれた男」

これだけ売れてしまったのにまさか再び変態仮面を演じるとは

これ以上俳優の中の俳優はいないでしょう。

主演も脇役もできる俳優に成長しました。




主演女優

のん 「この世界の片隅に」

声優としてのカムバックでしたが、

その声は多くの人に普通という世界の片隅を伝えるに素晴らしい演技で

観客を引き込んでくれました。




助演男優

妻夫木聡 「家族はつらいよ」「殿、利息でござる!」「怒り」「ミュージアム」

一瞬誰?というミュージアムの犯人役から怒りのゲイの役など

今年ほど幅広い極端な役をやった年もないと思いますし、

今年1番印象に残った俳優でした。










助演女優

有村架純 「僕だけがいない街」「アイアムアヒーロー」「夏美のホタル」「何者」

20代前半という年齢をこれ以上にないほど

等身大に演じた姿は今年1年印象に残る女優さんの1人です。







【早期購入特典あり】夏美のホタル [DVD]
有村架純
KADOKAWA / 角川書店
2017-02-03



ニューフェイス

織田梨沙「秘密THE TOP SECRET」

スクリーンデビュー作は猟奇犯という非常に難しい役どころでしたが

その役に入り込んでいるほど次々と男を虜にしていく姿は衝撃的でした。




音楽

君の名は。

今年1年印象に残った音楽は間違いなくこの映画の音楽以外になりでしょう。

それ位印象に残る音楽でしたし、映画でした。

君の名は。(初回限定盤)(DVD付)
RADWIMPS
Universal Music =music=
2016-08-24



ワースト作品

「疾風ロンド」生物兵器の隠し場所を探す先にみた隠ぺい体質による無理難題の指示がストーリー崩壊を招いたスキー場のお宝争奪戦

サスペンスな題材でありながら全く緊迫感のない作品になってしまったのはなぜでしょうか?あまりに関係のないシーンが多く今年1番の外れくじを引いた心境でした。

作品ベスト10

10位

「青空エール」諦めない気持ちを伝えるために行動した先にみた可能性ある限り諦めない気持ちこそ人は諦めず進める事を行動で示した勇気を与えるエール

エールを送りたい人がいる!そのためにできる事は何なのか?

というのをこの作品を示してくれました。

闘病と戦う選手の事も取り上げさせて頂きました。




9位

「何者」何を目指すか模索した先にみる現実と向き合い自分は何をしたいのか?という自分への問い

大学を卒業する先にある社会人としての就職ですが、

自分は何になりたいのか?

というのを改めて考えさせられる作品だったと思います。

NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)
中田ヤスタカ
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-10-05



8位

「聲の形」いじめいじめられた先の孤独感の中で知ったお互いの痛みを知り気持ちを理解し合った事で辿り着いた現実と向き合い共に生きていく術

いじめと障害によりコミュニケーションがとり合えない中で

次第に打ち解けていく2人の姿が描かれています。

色々な事が衝撃過ぎて生きる難しさを改めて思い知らされた作品でした。







7位

「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯人追跡で娘の無念を晴らした父親の執念

昭和最後の7日間に起きた事件の完結編ですが、

事項目前となった殺人事件の真実に辿り着いた時に

1つのミスがこれだけの人間の人生を狂わせてしまうのだと思うと

やり切れない気持ちになりました。

64-ロクヨン-前編/後編 豪華版Blu-rayセット
佐藤浩市
TCエンタテインメント
2016-12-09



6位

「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑念の先にみる真実を知って後悔の念に駆られる怒り

3つのストーリーが同時進行しながら描かれていく作品でしたが、

同じ事件について似たような人物が疑われて

そして疑いその怒りの矛先は何処にぶつければよいのか?というのを感じましたし、

人は色々な情報の中で正確な情報を掴むのが

難しい時代に生きているという現実と向き合う作品となりました。




5位

「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」再び俳優女優人生を賭けた先にみた変態を極めた変態から繰り広げられる必殺技で再び愛子を守るために悪を成敗!

もう俳優人生を2度も賭ける事選んだ俳優陣の心意気に感服致します。

これは黒歴史ではありません!

立派な俳優人生の代表作です!




4位

「夏美のホタル」父親と見たホタルを探した先にみた娘を想いホタルに未来を託した父親から夏美へのメッセージ

亡き父を追い求めてかつて父と訪れた田舎で自分の生きる道を見つめる夏美の姿は

想い出の大切さを改めて感じさせてくれる温かいストーリーでした。

【早期購入特典あり】夏美のホタル [DVD]
有村架純
KADOKAWA / 角川書店
2017-02-03



3位

「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さなければ大きな代償を負うという日本防衛の難しさを描いたゴジラからのメッセージ

今ゴジラが現れたらどう戦うのか?

というのを10年以上の月日を超えて再び提示してくれた作品でした。

あれだけの強い相手に対してなりふり構っていたらいけないという事を

突きつけられた作品でもありました。





2位

「君の名は。」それぞれが入れ替わった先に運命を知った会えば必ずわかり合える運命の人を繋いだ赤い糸

それぞれが入れ替わってお互いの日常を体験した先には

今の時代だからこそ会えないという事が本当にあるのだという事を改めて感じさせてくれたし、

何より会えるまでの経緯が実にドラマチックな展開に最後は気持ちがスッキリしました。




小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-06-18



君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
琴音 らんまる
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-08-23






1位

「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり残された者たちは普通への一歩を歩んでいく

普通の女性すずさんの戦時中の日常を描いた作品でしたが戦争の中の普通を観る事でこれが普通だった時代があったという事を改めて知る事になるし、その中でも人々はこの世界の片隅に生きてきたという事を改めて知る機会になりこの作品こそ普通というのがその時代によって違うという事を教えてくれた作品でした。

「この世界の片隅に」公式カレンダー 2017 ([カレンダー])
cこうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
ほるぷ出版
2016-12-31









以上2016映画ベスト10でした。

振り返れば今年は素晴らしい作品が多かった1年でしたし、

アニメ豊作の1年だったと思います。

また来年も素晴らしい作品に出会いたいと思います。