5
2018年12月31日に放送された第69回NHK紅白歌合戦を視聴した。

今年は目玉がないと言われた紅白でしたが、終わってみれば最後はサザンオールスターズが大暴れして平成最後の紅白を締める事となり平成の紅白に別れを告げました。


やる前はどうなるのか?と思いましたけれど、やってみたらみたで色々面白かったというのが平成最後の紅白でした。紅白だからこそ実現したコラボに紅白だからこそ相応しい演歌など、特に大きな印象を残したわけではありませんでしたが、やはり大晦日は紅白を見なければ終われないという意識があるんですね。

今回は特別枠という形で出場した方も多かったのですが、元々勝敗に拘るよりも男女のアーティストが今年1年を締めるという意味が紅白には強いんですよね。中継で出演するのが当然となった平成では中継だからこそ演出できる事もありますし、何よりも大規模な設備を持ち込む事がコンサート会場なら容易になります。

福山雅治さんも常にコンサート会場から出演していますが、それを常に可能にしたのがそういうコンサートの途中での出演を容認したからでもありますし、今年はperfumeがコンサート会場から出演しましたがこれも映像技術を用いるならそういうコンサートでやった方が良い訳です。

そして米津玄師さんの出演も中継や場所の指定を飲んだからでもあります。NHKホールに拘る時代はもう終わったと感じましたし、こういう演出の方が視聴者としては嬉しいんですよね。

5年ぶりに紅白に復帰した北島三郎さんは平成最後だからこそ復帰した訳でこれが北島三郎さんの紅白でも最後のステージになる事だけは間違いありません。

最後に登場したサザンオールスターズは昨年の件もあり、平成最後の大トリの出演で全てをチャラにするという交渉を受けたと思うんですよね。それを飲んでくれたサザンオールスターズには感謝致しますし、だからこそ平成の終わりにこれだけ大物バンドが締めくくったのは紅白にとって大きかったのではないかと思います。

平成最後の紅白はこれで幕を閉じた訳ですけれど、新年号ではどんな紅白を観る事になるのか?新たなる紅白の幕開けを楽しみにしています。