5
29日プロ野球日本シリーズ2015

東京ヤクルト対福岡ソフトバンク戦が神宮球場で行われ、

0対5で福岡ソフトバンクが東京ヤクルトを寄せ付けず2年連続日本一に輝き

1992年の西武以来23年ぶりとなる連覇を達成した。

試合は東京ヤクルト先発石川投手、福岡先発スタンリッジの投げ合いで始まり、

3回まで両チーム無得点で迎えた4回福岡が4番李大浩の2ランで

2点を先制すると5回には1死満塁から2番明石選手のタイムリー、

3番柳田選手の内野ゴロの間に1点を入れて4点リードとした。

東京ヤクルトもチャンスは作ったものの先発スタンリッジを攻略できず

7回から万全のリレーを繰り広げ最後は抑えのサファテが3人で抑えて

福岡ソフトバンクが2年連続日本一に輝いた。

これで福岡ソフトバンクは圧倒的強さを見せつけて

黄金時代の到来を告げて2015シーズンの幕を下ろした。
本当に力の差を感じさせたシリーズだった。

3戦目こそ山田選手の3打席連続ホームランで沈んだが、

やはり先発投手陣の力の差が最後までこのシリーズの福岡有利を動かす事はなかった。

東京ヤクルトは中継ぎ陣こそ万全だが先発陣は大きな不安を抱えていたのは事実であり、

現実5戦で先発投手は1度も5回まで持たなかった。

そうなると後ろも強い福岡の有利は動く事はなく最後まで東京ヤクルトを圧倒し続けた。

4タテできなかった事が唯一福岡の屈辱かもしれないが終始余裕ある戦いを見せつけた。

4番内川選手欠場というハンディもハンディにならないほどだった訳だから

その強さは1980年代から1990年代前半の西武黄金時代の強さに匹敵するだろう。

おめでとう福岡ソフトバンク!来季もこの強さを見せつけて

打倒福岡と言われるぐらいの強さを発揮してほしいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。