オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

カテゴリ:野球記事 > 野球 for セントラル

5
22日プロ野球日本シリーズ2016

広島東洋カープ対北海道日本ハム戦がマツダスタジアムで行われ、

5対1で広島がリプレー検証で判定が覆って勝利し2連勝で北海道に乗り込む事になった。

試合は広島先発野村投手、北海道先発増井投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が7番小窪選手のタイムリー2ベースで先制するが、

北海道も4回に広島菊池選手のエラーで1点を返し同点に追いついた。

しかし広島は6回に無死2塁から2番菊池選手のタイムリーで

2塁走者田中選手が突っ込みアウトの判定も

ここでリプレー検証が要求されて検証の結果セーフと判定されて

ホームインが認められて広島が勝ち越すと、この回一気に4点を加えた。

投げては先発野村投手が6回を1失点で抑え、

その後2番手今村投手、3番手ジャクソン、

最後は抑えの中崎投手が抑えて広島が2連勝で北海道に乗り込む事になった。

これで広島は32年ぶりの日本一へ大きく前進し

3戦目で黒田投手最後の登板で王手を掛ける。
続きを読む

5
22日プロ野球日本シリーズ2016

広島東洋カープ対北海道日本ハム戦がマツダスタジアムで行われ、

5対1で広島が北海道大谷投手を攻略して勝利し初戦を取った。

試合は広島先発ジョンソン、北海道先発大谷投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が1死1、3塁からダブルスチールで広島が先制する。

4回には4番松山選手、6番エルドレッドのホームランで2点を追加して3点リードを奪う。

北海道も7回に7番レアードのホームランで1点を返すが、後続が続かず、

その裏広島は3番丸選手、6番エルドレッドの犠牲フライで2点を追加し、

投げては先発ジョンソンが6回途中まで1失点で抑え、

その後2番手今村投手、3番手ジャクソン、

最後は抑えの中崎投手が抑えて広島が大谷投手を攻略して初戦を取った。

これで広島は32年ぶりの日本一へ大きな壁の大谷投手を攻略し

チームに勢いを付ける事に成功した。
続きを読む

5
15日セントラルリーグクライマックスシリーズ16ファイナルステージ第4戦

広島対横浜戦がマツダスタジアムで行われ、

8対7で広島が横浜の反撃を振り切り25年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。

試合は初回に広島が一挙6点を上げて逃げ切り体制を取ったが

横浜の猛追で1点差まで迫られたものの、

最後は抑えの中崎投手が抑えて広島が25年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。

これで広島は25年ぶりに日本シリーズで

どちらも初対戦となる北海道か福岡の勝者と対戦する。
続きを読む

5
10日巨人対広島戦が東京ドームで行われ、

4対6で広島が25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

今季の広島は4月こそ横並びの中で戦ったが、

5月以降抜け出し、その後他球団のもたつくなかで

着実に勝ちを重ねて25年ぶりのリーグ優勝を決めた。

これで広島は25年ぶりに日本シリーズ進出へクライマックスシリーズを戦う。
続きを読む

5
27日プロ野球日本シリーズ2015

東京ヤクルト対福岡ソフトバンク戦が神宮球場で行われ、

8対4で東京ヤクルトが3番山田選手の3打席連続ホームランで福岡の王手を阻止して

対戦成績を1勝2敗とした。

試合は東京ヤクルト先発杉浦投手、福岡先発中田投手の投げ合いで始まり、

初回に東京ヤクルトが3番山田選手の2ランで2点を先制する。

しかし福岡も2回に1番福田選手のタイムリーなどで同点に追いついた。

しかし東京ヤクルトは3回に3番山田選手の2打席連続ホームランで

再びリードを奪ったが福岡は4回に7番今宮選手のホームラン、

5回に2番明石選手のホームランで逆転に成功する。

しかし東京ヤクルトはその裏2死1塁から3番山田選手の3打席連続ホームランとなる

逆転2ランで再びリードを奪った。

6回以降東京ヤクルトは自慢の中継ぎ陣が福岡打線を封じ、

8回に東京ヤクルトは4番畠山選手のホームランなどで3点を上げて試合を決めた。

最後は抑えのバーネットが抑えて東京ヤクルトが福岡の王手を阻止して1勝2敗とした。

これで東京ヤクルトはホームで自分たちの野球を取り戻し5分に戻すべく第4戦に挑む!
続きを読む

5
2日東京ヤクルト対阪神戦が神宮球場で行われ、

延長11回2対1で東京ヤクルトがサヨナラ勝ちを収めて

14年ぶり7度目のリーグ優勝を達成した。

東京ヤクルトは昨年まで2年連続最下位に低迷しており

セントラルリーグでの最下位からの優勝は1976年の巨人以来39年ぶり!

パシフィックを含める2001年の近鉄以来14年ぶりの快挙となった。

これでセントラルリーグは大混戦の中打撃力で東京ヤクルトが最後に振り切り

リーグ王者としてクライマックスシリーズに挑む。
続きを読む

5
25日プロ野球日本シリーズ2014

阪神タイガース対福岡ソフトバンク第1戦が阪神甲子園球場で行われ、

6対2で阪神が4番ゴメスの2本のタイムリーで勝利し、先勝した。

試合は阪神先発メッセンジャー、福岡先発スタンリッジの投げ合いで始まり、

3回まで両チームチャンスらしいチャンスを作れず迎えた

4回阪神が1死2塁から4番ゴメスのタイムリーで1点を先制すると、

5回にも2死満塁から4番ゴメスの2点タイムリー、

5番マートンの2点タイムリー2ベース、

6番福留選手のタイムリーで一挙5点を上げてリードを広げた。

福岡も6回に1死満塁から4番李大浩の犠牲フライで1点を返したが後続が続かず、

7回に1番柳田選手のタイムリーで1点を返したがメッセンジャーに要所を抑えられ、

阪神は8回から2番手福原投手、最後は抑えの呉投手が抑えて阪神が初戦を制した。

これで阪神はシリーズでは11年ぶりの勝利となり29年ぶりの日本一へ好発進した。
続きを読む

5
12日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファーストステージ第2戦

阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、

0対0で延長12回表でも決着が付かず1勝1分が確定し

2位阪神の成績を広島が上回る事ができない規定により

阪神が初のファイナルステージ進出を決めた。

試合は阪神先発能見投手、広島先発大瀬良投手の投げ合いで始まり、

両チームとも決定的なチャンスを作れずイニングを重ねて

9回を終了しても0対0のまま延長戦に突入し、

延長12回表広島が勝ち越し点を上げる事ができず

この時点で阪神が1勝1分で3回戦制の規定でホーム側優先権が適用され

12回裏は行わずコールドとなり阪神のファイナルステージ進出が決まった。

これで阪神は9年ぶりの日本シリーズ出場を目指し巨人と対戦する。
続きを読む

5
11日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファーストステージ第1戦

阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、

1対0で阪神が福留選手のホームランを守り切りファイナルステージ進出に王手を掛けた。

試合は阪神先発メッセンジャー、広島先発前田投手の投げ合いで始まり、

5回まで両投手とも譲らず0行進で進んだ6回阪神が

6番福留選手のホームランで阪神が待望の先取点を上げる。

広島も反撃を試みようとしたが阪神先発メッセンジャーを捉えきれず、

最後は抑えの呉に抑えられ阪神が初のファイナルステージ進出に大きな1勝を手にした。

これで阪神は初のファイナルステージ進出に雨の恵みも含め有利な展開となった。
続きを読む

5
13日セントラルリーグクライマックスシリーズ13ファーストステージ第2戦

阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、

4対7で広島が阪神に競り勝ってファイナルステージ進出を果たした。

試合は阪神先発メッセンジャー、広島先発バリントンの投げ合いで始まり、

初回に阪神が1番西岡選手のホームランで先制する。

しかし広島は6回に4番キラ、6番エルドレッドのタイムリーで逆転に成功すると

7回には3番梵選手のタイムリー3ベース、

8回には代打小窪選手の2点タイムリー3ベースでリードを広げた。

阪神も8回に柴田選手のタイムリーで1点、

9回には今シーズンで引退する代打桧山選手の2ランで追撃したが及ばす

広島は初のファイナルステージ進出を果たした。

これで広島は勝率5割を割ったチームとして

初のファイナルステージ進出を果たし巨人と対戦する。
続きを読む

5
12日セントラルリーグクライマックスシリーズ13ファーストステージ第1戦

阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、

1対8で広島がエース前田健投手の好投に打線が応えて

先勝しファイナルステージ進出へ王手を掛けた。

試合は阪神先発藤波投手、広島先発前田健投手の投げ合いで始まり

3回まで両チーム無得点で迎えた4回広島が5番松山選手のタイムリーで先制するが、

その裏阪神は6番今成選手のタイムリーで同点に追いつく。

しかし5回に広島が4番キラの3ランで勝ち越すと先発前田投手は7回まで1失点に抑え、

9回に広島が1番丸選手、代打岩本選手の3ランで試合を決めた。

これで広島はファイナルステージ進出に王手を掛けて第2戦に挑む。

続きを読む

5
9日中日ドラゴンズは来季の新監督に谷繁元信捕手を兼任監督として就任する事が発表され、

2011シーズンまで8シーズン指揮した落合博満氏が中日史上初のGMに就任する事が発表された。

谷繁新プレーイングマネージャーは1988年ドラフト1位で

当時の大洋ホエールズに入団し

1998年には横浜ベイスターズの主力捕手として38年ぶりの日本一に貢献し

2001シーズンオフにFAで中日入りを果たすと中日をリーグ優勝4度、

日本一1度に貢献し43歳になった今シーズンも正捕手として出場し2000本安打を達成した。

中日は落合政権時からの主力が高齢化で世代交代が進まず

その再建をチームを良く知る谷繁新プレーイングマネージャーに

落合監督がGMとして補佐する事になった。

これで中日ドラゴンズは来季落合GM&谷繁プレーイングマネージャー体制で

巻き返しを図る。
続きを読む

5
6日プロ野球横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス選手が

通産2000本安打を達成した。

ラミレス選手は2001年に東京ヤクルトに入団し

2007シーズンまでプレーして2冠王にも輝いた後

2008シーズンから4年間巨人に在籍してチームの日本一などに貢献し

2012シーズンから横浜DeNAでプレーしている。

外国人選手(海外生まれ日本国籍選手を除く)による日本だけでプレーした選手での

2000本安打達成はこれが初めてとなった。

これでラミレス選手は日本の名球会入りを外国人選手として

初めて入会する事になり日本での将来の監督業に夢が膨らむ事になった。
続きを読む

5
15日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第3戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

4対1で中日が5番ブランコのグランドスラムで東京ヤクルトの息の根を止めて

6年連続ファイナルステージ進出を決めた。

試合は中日先発山本昌投手、東京ヤクルト先発村中投手の投げ合いで始まり、

2回に東京ヤクルトが8番相川捕手のタイムリーで1点を先制する。

中日も再三チャンスを作るも得点できず迎えた8回

1死満塁から5番ブランコが抑えのバーネットからグランドスラムを放ち試合を決めた。

最後は浅尾投手が抑えて中日が6年連続ファイナルステージ進出を決めた。

これでセントラルリーグは巨人対中日の5度目のファイナルステージでの戦いとなった。
続きを読む

5
14日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第2戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

0対1で東京ヤクルトがバレンティンのホームランを守り切り5分に戻して逆王手を掛けた。

試合は中日先発山内投手、東京ヤクルト館山投手の投げ合いで始まり、

両チーム無得点で迎えた4回東京ヤクルトは4番バレンティンのホームランで先制する。

中日も再三先頭の大島選手が出塁してチャンスを作ろうとするが

後続が完全に抑え込まれてしまい東京ヤクルトは2番手押本投手、3番手赤川投手、

最後は抑えのバーネットが締めて東京ヤクルトが対戦成績を5分に戻した。

これで東京ヤクルトは崖っぷちで踏ん張り第3戦にファイナルステージ進出を掛ける。
続きを読む

5
13日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第1戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

6対1で中日が和田選手のホームランなどの活躍で勝利し

ファイナルステージ進出に大きく前進した。

試合は中日先発中田投手、東京ヤクルト先発石川投手の投げ合いで始まり、

4回に中日が5番和田選手の2ランで先制すると、

6回に堂上剛選手のタイムリーで追加点を上げるが

7回に東京ヤクルトは4番バレンティンのホームランで1点を返したが

その裏中日は5番和田選手のタイムリー、6番井端選手の犠牲フライ、

代打平田選手のタイムリーで3点を追加した。

結局このまま中日が3番手浅尾投手、4番手ソーサ、5番手山井投手のリレーで逃げ切った。

これで中日は6年連続ファイナルステージ進出へ前進した。
続きを読む

2
28日阪神タイガースの城島健司捕手が怪我を理由に現役引退を発表した。

城島選手は1995年に当時の福岡ダイエーホークスに

1位指名されて王監督の説得で入団を決めて

1997年からレギュラーに定着してから強肩、強打の捕手として活躍し

2003年にはMVPを獲得してチームに日本一に貢献した。

しかし2005シーズンのオフにFA権を行使してMLBシアトルマリナーズに移籍し、

日本人初の捕手として活躍した。

2009年に行われた第2回WBCでは4番を打ち、日本代表の2連覇に貢献した。

2009シーズンオフに日本球界復帰を発表し阪神タイガースでプレーし、

復帰1シーズン目は大活躍したが翌年から膝の故障と肩の故障に苦しみ

今季は捕手としての出場を断念したが、捕手としても復帰が困難となり現役引退を決意した。

これで阪神タイガースはまたも大物選手が引退し、

城島捕手の引退で強肩強打の名選手がまた1人去る事になった。
続きを読む

3
12日阪神の金本知憲選手が今シーズン限りで現役引退を発表した。

金本選手は1991年ドラフト4位で広島に入団し、

1995年からレギュラーとして広島の主力選手として活躍し

2000年には3割30本30盗塁を達成した。

2002年オフにFAで阪神に移籍しその年に阪神を18年ぶりのリーグ優勝に貢献し

翌年から不動の4番として阪神の主砲として活躍し

2005年シーズンにはMVPを獲得しリーグ優勝に貢献した。

それ以外にも故障に強く1492試合連続フルイニング出場の世界記録保持者を達成したが

2010年シーズンに右肩を痛めてからスタメンを外れる事も増えて

近年では打撃や守備の衰えから阪神の起用法と処遇の難しさの象徴となっていた。

これで広島、阪神の一時代を築いた大打者が引退し

阪神は来季大幅な世代交代をする事になった。
続きを読む

5
9日横浜DeNAは来季の新監督に就任した中畑清新監督の記者会見を行った。

中畑新監督はスローガンとして「熱いぜ!!」を掲げ、

現役時代のように元気あるチーム作りに取り組む事を熱く語った。

NPBでは巨人コーチの1994年以来17年ぶり、

日本代表時代の2004年以来7年ぶりにユニホームに袖を通した。

これで横浜DeNAの新体制がスタートし中畑新監督の下で元気よくスタートする。続きを読む

5
6日セントラルリーグクライマックスシリーズ11ファイナルステージ第5戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

2対1で中日が井端選手の2ランを抑えの岩瀬投手が打たれた姿を観て

迷わず浅尾投手に交代した素晴らしい決断力で2年連続10度目の日本シリーズ進出を果たした。

試合は中日先発吉見投手、東京ヤクルト先発館山投手の投げ合いで始まり、

5回まで両チームチャンスらしいチャンスを作れない中

迎えた6回東京ヤクルトは2死3塁まで行くも、

代打福地選手が倒れてチャンスを潰すとその裏中日は

1死2塁から2番井端選手の2ランで貴重な2点を先制する。

その後吉見投手は8回まで無失点に抑えるも

中3日の疲労もあり8回には危ないボールが増えていた事を判断した

落合監督は迷わず抑えの岩瀬投手を送ったが

2死2塁から3番青木選手にタイムリーを浴びて

一発出たら逆転の場面で落合監督は迷わず岩瀬投手に代えて

浅尾投手を送り4番畠山選手をサードファウルフライに打ち取り

2年連続10度目の日本シリーズ進出を果たした。

これで中日は落合監督最後の采配でリーグ優勝からの日本一を目指す。続きを読む

5
5日セントラルリーグクライマックスシリーズ11ファイナルステージ第4戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

5対1で中日が初回の4点で試合を決めて日本シリーズ進出へ王手を掛けた。

試合は中日先発川井投手、東京ヤクルト先発赤川投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が4番ブランコのタイムリーで先制すると、

2死満塁から7番平田選手の走者一掃のタイムリー2ベースで4点を先制する。

東京ヤクルトも3回に1番山田選手のタイムリーで1点を返したが、

5回に2死2,3塁のチャンスに1番山田選手が三振に倒れると

その裏中日は4番ブランコのホームランで突き放し、

6回から中日は2番手高橋投手、3番手鈴木投手、4番手浅尾投手、

最後は抑えの岩瀬投手が抑えて中日が3勝2敗として王手を掛けた。

これで中日は日本シリーズ進出まであと1勝として落合監督最後の完全優勝突破へ大きく近づいた。続きを読む

2
3日セントラルリーグクライマックスシリーズ11ファイナルステージ第2戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

1対3で東京ヤクルトが飯原選手のホームラン、

代打畠山選手の2点タイムリーで勝利し、2勝1敗で東京ヤクルトが王手を阻止した。

試合は中日先発チェン、東京ヤクルト先発石川投手の投げ合いで始まり、

7回までチャンスらしいチャンスが両チームないまま迎えた8回

東京ヤクルトは代打飯原選手のホームランで均衡が破れると、

9回には代打畠山選手の2点タイムリーでリードを広げた

東京ヤクルトが9回に3番森野選手のホームランで1点を失ったが

2番手館山投手の抑えて東京ヤクルトが中日の王手を阻止した。

これで中日は王手を阻止されまたもシーズン中同様の貧打に苦しむ事になりそうだ。続きを読む

3
27日TBSホールディングスは当初28日に予定していた

横浜ベイスターズのDeNAへの球団売却発表を延期すると発表した。

当初は契約面で合意に達して最終調整を残すのみとなっていたようだが、

巨人の渡辺会長が商標名は野球協約上問題と指摘した事が原因とされ、

再度検討する事になったようだ。

過去にもソフトバンクがYahooを入れられなかった事例があるが、

昨年参入しようとした住生活グループは新ブランド名リクルスを入れようとしていただけに

不透明な部分が大きく何を持って問題にするのか難しいところだ。

これで合意直前に来ていた横浜売却問題は再び混迷を極める事になりそうだ。続きを読む

5
18日横浜対中日戦が横浜スタジアムで行われ、

延長10回3対3で引き分けたものの、

勝率で東京ヤクルトが中日を上回れないために

中日の2年連続9度目のリーグ優勝が決まった。

試合は4回に横浜が3点を先制するが、

6回に中日がブランコの3ランで同点に追いつき、

その後両チーム得点できず3時間30分を超えた延長10回に

最後は浅尾投手が抑えて中日が球団史上初の連覇となる

2年連続9回目のリーグ優勝を達成した。

これで中日ドラゴンズは落合監督最後のシーズンに連覇し

史上初の退任監督日本一を目指す。続きを読む

3
1日TBSホールディングスは所有するプロ野球横浜ベイスターズの売却先に

携帯電話向けソーシャルゲームサイト「Mobage(モバゲー)」の運営会社DeNAに球団を売却し、

来季は本拠地を横浜に置く事で最終交渉に入っている事が明らかになった。

横浜ベイスターズ身売り問題は昨シーズンも住生活グループが買収に乗り出したものの、

横浜スタジアムの法外ともいえる使用量と広告収入が1円も入らない事が

ネックとなり移転を検討した本拠地問題で破断しており、

今後は数年後の移転も含めた交渉になるものとみられる。

これで横浜ベイスターズは再び身売り問題が表面化し

横浜に何年残留するのかも1つのポイントになりそうだ。続きを読む

3
22日プロ野球中日ドラゴンズは落合博満監督との来季以降の契約を更新しない事を決め、

落合監督も了承し退任が決まった。

落合監督の後任には1986年途中と1992年〜1995年途中まで

中日の監督を務めた高木守道氏に決まった。

落合監督は2004年に中日ドラゴンズの監督に就任し就任1年目でいきなりリーグ優勝を達成し、

2007年には中日ドラゴンズを53年ぶりの日本一に導いた。

今年まで1度もBクラスに落ちた事が無く既に中日史上最高の監督として評価されている。

ただ人気面では苦戦し、人気面を考慮しフロントは今季限りの退任を決断した。

これで落合政権の8年間は終わったものの

後任人事には人気面と育成面を考えると適任者なのか疑問符が付くだろう。続きを読む

8日ハードオフエコスタジアム新潟で行われた横浜対阪神戦を観戦してきました。

新潟での公式戦は今年初という事で横浜主催ながら

阪神ファン中心に26058人の観客が集まりました。

試合は連勝中の横浜が阪神から2点を先制し、

終盤に2点を追いつかれる展開で最後に劇的ドラマが待っていました。続きを読む

3
12日プロ野球の横浜ベイスターズの買収交渉を進めている

住生活グループの潮田洋一郎会長が取材に応じ

TBSホールディングスとの資産査定などの交渉について

「(障害は)中止するだけの大きなものはない。

できれば今月中に結論を出したい」と述べ、

今月中に球団買収の合意を目指す考えを正式に表明した。

横浜ベイスターズの買収問題はTBSホールディングスの赤字により

保有する事が困難になった事とチームの低迷

さらには観客動員の低迷により一気に表面化した。

交渉先として住生活グループが有力視されていたが、

今回のトップの発言により正式に表明された。

本拠地問題についても

「特に本拠地に対する制約はないと考えている」と述べ、

チーム名も含めて白紙の状態であるとした。

これで横浜ベイスターズの買収問題は大きく前進したが、

本拠地問題は買収後横浜残留か?

それとも移転か?

チーム名変更については住生活グループに委ねられることになった。続きを読む

5
1日プロ野球セントラルリーグは

広島対阪神戦がマツダスタジアムで行われ、

5対0で広島が阪神を下し、

試合がなくマジック1としていた

中日ドラゴンズが4年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。

一時はマジック8を点灯させていた阪神だったが、

巨人の4連覇を阻止したものの、

その後最下位横浜にまさかの逆転負けを屈し、

この試合でも5位広島に完封負けとなり

自滅する形で中日のリーグ優勝が決まった。

これでセントラルリーグは中日がリーグ戦を制し、

2位争いで巨人と阪神が争う事になった。続きを読む

3
18日阪神タイガースの金本知憲選手が

横浜スタジアムで行われた横浜戦5回戦で

スタメンを外れ広島時代の1999年7月21日の阪神戦から

継続していた連続試合フルイニング出場と

2004年から続いた4番での連続フルイニング出場も

ストップしたがこの試合は代打で出場し連続試合出場は継続した。

金本選手は1999年の7月21日から

フルイニング出場を続けて06年には904試合にまで伸ばし、

米大リーグ記録とされるカル・リプケン氏の記録を

更新し世界記録を継続していた。

しかし今季金本選手は開幕から右肩痛に悩まされ、

打撃不振だけでなく、守備面でも

まともに送球ができないなど好調な打線の中不振に陥っていた。

試合前に金本選手自ら申し出て先発から外れた。

これで金本選手の記録は止まり、

阪神の世代交代への支障はなくなった。続きを読む

↑このページのトップヘ