3
6日ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第9話を視聴した。

今回は牧田が姫川を庇って殺された事により警察は容疑者が刑事を守って亡くなった事に対する不祥事に姫川班は解散となり、姫川らは各署に飛ばされる事になった。

そして1年後姫川は新たなる事件と向き合いながらかつての部下たちの思いを胸に事件を追っているシーンがメインだった。

ストーリー

暴力団員・小林充、暴力団組長・藤元英也が連続して殺害された事件を追う姫川玲子は、重要参考人、柳井健斗の居場所を突き止めるも、柳井はすでに息を引き取っていた。自殺と見られ、遺書には「自分が小林と藤元を殺害した」という趣旨の内容が書かれていたが、「柳井が藤元を殺すなんてあり得ない」と、姫川は真犯人の存在を確信する。

柳井の恋人、内田貴代と接触した姫川は柳井が残した音声ファイルを受け取る。そこには小林充が殺害されたときの現場音源が収録されていた。その声の主は牧田勲に違いないと、当人を問い詰める姫川に対し、牧田は断じて自分は殺害していないと否定する。そこに、突然刃物を持って突進してくる牧田の舎弟、川上義則。姫川を刺すはずが、誤って牧田を殺害してしまう。

その後、川上の供述により事件の全貌が明らかになる。四人の死をもって一応の解決をみたこの事件。自分の身代わりになった牧田、救えなかった柳井に対し、姫川は責任を感じていた。数日後、警察は事件についての記者会見を開く。長岡刑事部長は過去の不祥事が露呈しないよう、柳井については言及しないよう和田徹捜査一課長に命令していたが・・・。

以上フジテレビストロベリーナイト・サーガHPより


今回は姫川が牧田が自分の盾になって亡くなった事で容疑者を死亡させるという刑事として大きな不祥事をしてしまうのだった。本来は容疑者として姫川が牧田を逮捕しておく案件だったがそれが、姫川の盾になるという事態は警察としての大きな不祥事だが、かつての不祥事を隠すために警察組織は姫川らを各署に飛ばす事で姫川班は解散となった。

そして1年後に姫川は新たなる事件を追いかけているが、やはり姫川班の部下とは違い本当にやりにくそうな状況で事件を追い続けていたが、それでも部下たちによって自らは活かされてきた事実を胸に事件と向き合っていくのだった。

次回は再び暴力団事件と向き合う姫川はこの事件でどんな結末を見る事になるのか?その事件に注目だ。











Rain (通常盤)
亀梨和也
ジェイ・ストーム
2019-05-15