3
12日大河ドラマ「真田丸」第23話を視聴した。

今回は秀吉が北条攻めを決めた事で采配を三成に任せた。

この状況では誰が振るっても勝ち戦になる事は間違いない状況だったが

長引けば兵糧問題も出てくるだけに短期決戦にしたいところだが、

まずは小田原城を包囲するところから始まった。

北陸軍は前田、上杉、真田の3軍で南下し、秀吉本軍は高みの見物となった。

これでも氏政は降伏せずと考えを変えず、氏直らはどうする事もできない状況だった。

一方関東では忍城が落ちず三成自ら乗り出したが逆に苦戦する。

一方信繁は氏政説得を正信、江雪斎から託されるシーンがメインだった。
ストーリー

秀吉は20万を超える兵を集め小田原を包囲するが、

関東の覇者のプライドに縛られた北条氏政は絶望的な状況にも降伏を拒否する。

昌幸と信幸は北条方の拠点、忍城を攻めあぐねる。

秀吉から武功を上げるよう命じられた石田三成が本陣から乗り込んでくるが、

昌幸らと対立する。

一方、信繁は徳川家康と大谷吉継に呼び出されーー。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回はついに小田原攻めを実行した秀吉だったが、

この時すでに20万以上の軍勢が秀吉にあり、

北条がとても太刀打ちできる状況ではなかった。

最もこの時代に九州、四国、中国地方を平定されており、

もう秀吉の敵はいなかった訳だから降伏しなかった

氏政にもう助かる術は残されていなかった。

仮に伊達正宗が味方しても対抗できるほどの勢力はなく、

止む無しという状況だった。

そんな状況で三成は忍城が落城しない事に焦りを感じていた。

一方上杉、真田は予想以上の苦戦に簡単には落ちないと認識していた。

簡単に落ちないとなれば当然持久戦になるが、

三成は短期決戦で挑もうとしたが最後まで忍城は落城しなかった。

一方氏政説得に信繁が自ら説得に向かう事になるが

氏政が説得に応じようとはしない状況のままだった。

次回はいよいよ氏政の最後を迎える。

果たして信繁は氏政をどう説得するのだろうか?

その説得に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-02-24