3
17日大河ドラマ「真田丸」第28話を視聴した。

今回は秀次が関白の座を放棄し聚楽第から逃走する。

信繁は秀次を説得するが秀次は既に関白に戻るつもりはない。

そんな中で秀吉から信繁に吉継の娘春との結婚を命じられる。

そんな中で秀次は高野山へ向かうが、そこで自害して果てた。

この自害に秀吉の怒りは頂点に達して秀次の血縁関係者諸共処刑するという暴挙に出る。

その中で助かった秀次の娘は奇跡的に助かり信繁は

秀次の娘を側室として迎える事を秀吉に進言したシーンがメインだった。
ストーリー

秀吉に再び男子が生まれ、居場所を失った秀次は関白の座を放棄し聚楽第から出奔、

信繁を頼って京の真田邸に身を寄せる。

一方、信繁は秀吉から、大谷吉継の娘・春との結婚を命じられる。

秀吉の怒りを恐れた秀次は、信幸を伴い高野山へ向かう。

秀次の娘の運命を託された信繁は、

命を救うため、堺の伝説の商人・呂宋助左衛門のもとを訪れる。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は秀次が秀頼の誕生で自らの立場が追いやられると感じるようになった。

この時代は跡継ぎができた途端に立場が急変するケースは珍しくない。

それは関白となった秀次も例外ではなかった。

何より秀次には荷が重すぎる立場であったこともある。

そんな中で秀次は関白の座を放棄する。

信繁らが説得を試みるも秀次は秀吉の怒りを恐れて高野山へ逃げ込む。

秀吉は当然のように怒り心頭になるが、ほとぼりが冷めた時点で戻すつもりでいた。

しかし秀次は自害してしまう。

これに秀吉の怒りは頂点に達してしまい一族共々処刑するという暴挙に出てしまう。

ここで冷静になればよかったんですよね。

秀次は仕方ないにせよ一族だけで30人以上いた訳ですから

秀次の弟や息子たちに罪はない訳で、

ここで残していたら少なくても豊臣家が滅亡する事だけは

避けられてたのではないかと思います。

この事件が豊臣家の行く末が決まったと言える事件である事は間違いない訳で、

秀吉ももう冷静に判断できる状況ではなかったという事だ。

そんな中で数少ない生き残りとなった秀次の娘は信繁の側室として生き延びる事になる。

次回は秀吉に死期が迫っていた。

果たして秀吉はその死期を目前にどう向き合う事になるのか?

その秀吉の姿に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19



真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20






NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部惑
三浦文彰、波多野睦美、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-07-20