3
14日大河ドラマ「真田丸」第32話を視聴した。

今回は秀吉が死去して5大老、5奉行による合議制がスタートしたものの、

秀吉で成り立っていた政権はこの時点で体をなさなくなっていた。

そんな中三成は家康の暴走を止めようと暗殺を含めた動きを見せる。

そんな中で吉継は三成の行動に危機感を覚えて慎むように促すも、

それを聞かず、信繁は三成の行動に奔走されながら

自らの行動をしていくシーンがメインだった。
ストーリー

上杉景勝、宇喜多秀家など有力大名たちによる政権運営が始まる。

家康と三成は、お互いに宴を開いては、自分の陣営の大名を増やそうと躍起になる。

加藤清正や伊達政宗も徳川に傾き、次第に三成の形勢は不利に。

信繁や大谷吉継がいさめるのも聞かず、三成はある行動を起こす。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は秀吉死去後の政権運営が描かれたけれど、

この時点で既に家康に対抗できる力を持つ勢力はなく、

束になっても家康に対抗できるかどうかだった。

この中で唯一対抗できる存在だった前田利家は既に病に伏せており

利家が健在だったらもう少し違ったのかもしれないが

結局のところ家康には数多くの大名が集まり出していた。

まあ無理もないが秀吉の次に家康という格だった事を踏まえれば自然の流れであり、

この時点で家康は秀忠を江戸に戻すあたり危機管理を確りしている。

そして家康は伊達政宗らを筆頭に数多くの大名との関係を強化していた。

一方三成たちも関係強化に努めるが、

この時点で三成たちに味方するものは恩顧の大名のみという形勢不利の状況だった。

そんな中で三成、信繁は上杉らに協力を仰ぐも力及ばずに

三成は家康と対峙する道へ進むのだった。

次回は三成は家康を討とうとする。

しかしこの行動が果たして三成をどうさせてしまう事になるのか?

その行動に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部惑
三浦文彰、波多野睦美、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-07-20