3
21日大河ドラマ「真田丸」第33話を視聴した。

今回は秀吉の遺言とは違う方向に進めている家康を暗殺しようと三成が動き出す。

しかしその動きは即家康に知られるところとなり、

家康はこの機会にどれだけの大名が自らに味方するのか試そうとしていた。

そんな中で三成は家康討伐に急ぐが、

あまりにも分が悪く多くの大名は家康に味方した。

その中で三成は太刀の収め所を見失い

吉継、景勝、信繁らの説得でようやく思い留まったシーンがメインだった。
ストーリー

秀吉の遺言をことごとく無視し、自らの影響力を強めていく家康。

三成は家康を討つため伏見城下の徳川屋敷を急襲することを決意するが、

暗殺計画は本多正信に漏れてしまう。

正信は諸大名に危機を訴え屋敷の守備に駆けつけるよう呼びかけ、

徳川につくかどうかを試す。

一気に形勢不利となった三成を救うため、

信繁は、昌幸のもとを訪ね、思いもよらぬ提案を行う。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は家康を暗殺しようと大掛かりに動き出した三成は

信繁、秀秋、宇喜多秀家らと共謀しようとしていた。

しかしこれを察知した家康はこれを機会に

どれだけの大名が味方するのか試す機会となった。

この時点で多くの大名が誰に就くべきか?

を計っていたのは間違いないところで、既に秀吉の後の事を多くの大名が考えていた。

その中で1つ頭抜けている家康に就こうとしたのは自然の流れであり、

三成との人望の差がここで大きく差となって表れる。

一方三成側は三成に味方するものは少なく、多くの味方は身内のみだった。

これに危機感を抱いた信繁は昌幸に相談し、

ここは昌幸が家康に就けば間違いなく襲撃を諦めると策を練った。

結局上杉景勝以外に大きな大名が三成に就くことはなく、

三成は景勝らの説得で襲撃を取りやめたのだった。

次回は一度家康に鉾を傾けた三成の処遇が問題となる。

果たして三成はいかに?

そして信繁はここでどうなっていくのか?

その動向に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19






真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部惑
三浦文彰、波多野睦美、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-07-20