3
18日大河ドラマ「真田丸」第37話を視聴した。

今回は西軍の敗北で徳川に降伏した信繁と昌幸は家康から蟄居を命じられる。

家康にとっては既に死罪にするつもりだったようだが、

信幸、忠勝の必死の助命嘆願により死罪は間逃れ

高野山へ流罪ととなり幽閉が決まる。

信幸はそれと引き換えに信幸から信之と改め親子と決別しなければならなかった。

そして大坂で家康と最後の対談をした後に

信繁は三成と吉継の最期を聞かされ、

改めて2人が最後まで豊臣のために戦った事を知る。

そして昌幸は妻薫を信之に託して高野山の九度山での

幽閉生活に入ったシーンがメインだった。
ストーリー

関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁と昌幸。

信幸と忠勝による、家康への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。

しかし、その代わりに家康が信幸に命じたのは厳しい条件であった。

一方、大坂に立ち寄った信繁は、三成と刑部の最期について知ることになる。

そして高野山に向かった信繁たち一行を待ち構えていたのは…。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は西軍敗戦により昌幸、信繁親子は降伏した。

徳川軍に勝利した事により厳しい処分が予想される中で

信幸が決死の覚悟で家康に説得しようとする。

それに忠勝も同調し家康に助命嘆願を求めると家康は命は獲らないと約束した。

しかしその代わりに厳しい処分として高野山へ流罪幽閉という厳しいものとなった。

信幸は信幸を捨てるように命じられ、信之と名乗る事になった。

如何せん徳川秀忠軍と戦った昌幸、信繁にとっては

命を獲られなかっただけでもマシな処分だった。

全ては三成の首で死罪が間逃れたものは多かったが、

毛利輝元、上杉景勝は100万石以上から30万石に減封処分とされ、

宇喜多秀家は八丈島へ流罪、長曾我部盛親は改易により浪人となった。

豊臣側に付いた大名の多くは力を削がれ反撃する力も与えない処分だった。

そんな中で昌幸は妻薫を信之に預けて、きりは父親の高梨内記と共に付き添った。

信繁も娘すえを作兵衛に託して妻春と共に幽閉生活を送る事になった。

次回はいよいよ昌幸の死期を迎える。

昌幸は信繁に何を託すのだろうか?その遺言に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19



真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部惑
三浦文彰、波多野睦美、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-07-20