3
9日大河ドラマ「真田丸」第40話を視聴した。

今回は宇喜多秀家の家臣だった明石全登が信繁の元を訪れ、

秀頼の力になって戦ってほしいと頼まれる。

これまでの経緯を知らない信繁は片桐からこれまでの経緯を聞かされる。

しかし信繁は1度この要請を断るも、きりにこのまま終わってよいの?と問われ、

信繁はこれまで大きな戦の経験はない中で最後の大戦に挑むことを決意し、

大助に新たなる名をくじで引いてもらい信繁改め幸村に解明するシーンがメインだった。
ストーリー

九度山での生活を楽しんでいた信繁のもとへ、

宇喜多秀家の家臣だった明石全登が訪ねてくる。

大坂城で徳川家康を相手に戦ってもらいたいと信繁に懇願する。

信繁は断るが、そこに現れたのは…。

そして豊臣秀頼と茶々が苦境に立たされていることを知った信繁に、

きりは…。

大きな決断を迫られた信繁は、息子の大助を呼び、くじを引けと迫る。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は信繁は宇喜多秀家の家臣だった明石全登が訪れ、

大坂城で秀頼のために戦ってほしいと依頼される。

この時代の秀頼は既に20歳を超えていたが、

家康にとっては目障りな存在だったのは言うまでもない。

時期を見計らって総攻めを行おうとしていたのは言うまでもなかった。

その中で秀頼に味方する大名は殆どおらず既に世は徳川のものになっていた。

その中で秀頼は浪人中心に戦力を集め出していたものの、

その中で有力大名として信繁もその1人だった。

この時代まで昌幸が存命だったらかなり違ったのかもしれないが、

信繁は大きな戦の経験は殆どなく、

上田合戦も籠城して戦っただけで戦力的には大軍勢を率いた訳じゃない。

それでも昌幸から受け継いだ兵法書が信繁を動かしたかもしれない。

ここで信繁は幸村に解明しているが、

これは逸話という事で現実に信繁は

この戦に出たくなかったが出るしかない状況にあったのだろう。

次回はいよいよ幸村は大坂城に入城する。

入城した幸村はどういう立場で立ち回るのだろうか?その入城に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19



真田丸 完全版 第参集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-12-21



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック III 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-11-09