3
18日大河ドラマ「真田丸」最終話を視聴した。

今回は幸村は最後の戦いに挑んだ。

形勢は圧倒的不利の中1度は徳川を圧倒するが

流れを1度手放すと豊臣方は総崩れとなり

幸村の奮闘空しく最後は自害して散ったシーンがメインだった。
ストーリー

豊臣と徳川の決戦が始まった。大坂城を出て、野戦に持ち込む幸村だったが、

形勢は圧倒的に不利。

死を覚悟する茶々に、幸村は「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭す。

やがて勝永らの活躍により戦況は一転、豊臣方は徳川軍を次々と撃破する。

だが秀頼のもとに、幸村が寝返ったといううわさが広がる…。

幸村は、家康ただ一人に狙いを定め、一騎で突き進んでいく!

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は幸村と家康の最後の戦いが描かれた訳だけれど、

既に大坂城は裸とされ、幸村は突撃して一発逆転を狙うしかこの戦いの勝機はなかった。

その中で1度は圧倒的に押した幸村だった。

さすがに戦に植えた武将たちの集まりだっただけに

この状況で家康の馬印を奪った事だけでもいかに凄かったのかというのがわかる。

家康は生涯で信玄と幸村だけ馬印を倒されただけに、

幸村の圧倒的な不利な中で倒した事がその後に名を残すだけの凄さだったと思う。

その中で最後の最後まで戦い抜いた幸村も全てを使い果たした中で

最後は自害して最期を迎えたのだった。

無論秀頼、淀殿も自害して果てた訳だけれど

この戦が戦国時代のフィナーレであっただけに

最後の最後で幸村らしい終わり方ができたと思う。

この1年真田丸を見続けてきたけれど

この戦国時代に小さな大名が生き抜くというのが

いかに難しいのかを確り描かれてきたし、

大坂の陣もこのような形で進行していたのかという部分を確り描かれていた。

戦だけ描くのではなくその始まるまでを描いたという点では非常に評価できるし、

最後の表題を上げるとするなら「終い」で良いのではないか?

この戦を幸村は戦国最後の戦いの敗者として終わったという意味でも、

そして敗れるものにも最後があり、

敗れる側の終わり方もまたこの時代らしく終わったと言えるだろう。

総評としてこれまで数多く描かれてきた幸村像を

この1年確り描いた三谷幸喜の脚本に拍手喝采を送りたい。

本当に確り描いていたし、それがより大河ドラマを面白くしていた事実がある。

戦までのプロセスを確り描く事が戦になった時の関係に

入りやすくしてくれた大河ドラマだった。

これで8作連続大河ドラマを完走する事ができました。

この1年色々な方のレビューを観ながら楽しめた事感謝申し上げます。

そして来年の大河ももちろん続投致します。

また来年の日曜日に大河でお会いしましょう!

1年間ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第参集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-12-21



真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST
三浦文彰、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-12-21



真田丸 完全版 第四集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2017-03-15