15日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第2話を視聴した。

今回は亀之丞を逃すためにおとわは身代わりとなった。

直満が謀反の疑いで殺された事で井伊家存続の危機に瀕していたが、

その条件としておとわが小野政直の子鶴丸を婿入りさせる事を条件に出してきた。

この条件以外に井伊家存続の道はないと直盛は

おとわに鶴丸と夫婦になる事を告げる。

しかしおとわは納得がいかず何か回避策はないものかと何度も家出をするが、

そんな中で和尚様が語られた道は1つじゃないという言葉で

おとわは髪を切って周りを驚かせたシーンがメインだった。
ストーリー

今川の追手に命を狙われる亀之丞を逃がすため、

おとわはある秘策を思いつく。

おとわの命がけの策が功を奏し、亀之丞は無事信州へと落ち延びる。

井伊直満が謀反の疑いで殺されたことにより、

以前から直満と対立していた小野政直が

今川家の目付として井伊家中の実権を握ろうとする。

政直はさらに息子の鶴丸とおとわを夫婦にし、

井伊家の家督を継がせようと画策するが…

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回はこの時代には父親の責任は一族の責任という事で

その子亀之丞が追われた訳だけれど、逃げられただけでも良かったという時代だ。

普通なら捕まって打ち首になっているところだが、

逃がしたという事はそれだけ他に責任を問われる時代であり、

場合によっては一族皆打ち首というケースもあった時代だ。

とはいえ長年この地を収めてきた井伊家を一族皆殺しとなれば

この地の統治が難しくなることは義元もよくわかっていたので飴と鞭を使い分けている。

家康も人質となった時代があったけれど、

家康の場合は人質時代に今川の名軍師であった太原雪斎から教育を受けている。

これがのちの家康の基礎を築いたと言っても良いのだが、

この時代の井伊家にそれだけの逸材がいた訳じゃなく、

軍師クラスの人材なしでどう生き延びるか?という点では難しい側面があった。

それでも直盛は存続にはおとわと鶴丸の夫婦しかないという結論だった。

それをおとわは拒み、何度も家出を試みるもその都度連れ戻され、

閉じ込められるもそこでおとわは髪を自ら切り出家しようと試みるのだった。

次回はおとわは義元に呼び出される。

はたしてここでおとわはどういう決断をするのだろうか?

その決断に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。






















潮新書 女城主直虎と徳川家康
三池純正
潮出版社
2016-11-05