26日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12話を視聴した。

今回は直親が今川の重臣朝比奈に殺され、

氏真から虎松の命を差し出すように仕向けられる。

しかしこれを新野左馬助が必死に説得し、

虎松の命と引き換えに最前線で松平元康を討て!

という命が下るが、尽く討ち死にする。

跡取りや後見人がいなくなった井伊家は政次の策略で

自らが虎松の後見人になると告げるのだった。

それを阻止すべく南渓和尚は次郎法師を次の当主として後見人とし

次郎法師は意を決して後見人になる事を決意し

直虎として当主になる事になったシーンがメインだった。
ストーリー

今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親たち一行は、

次郎法師の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。

しのは、こんな事態を引き起こしたのは次郎法師だと責めたてる。

今川から嫡男・虎松の命も差し出すようにと命じられた井伊家。

新野左馬助は今川氏真に虎松の助命を願うため、駿府へ向かうが、

引き換えに思いもよらぬことを仰せつかる。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は直親が殺され、跡取りは虎松しかいなくなった。

その上虎松の命を差し出せとなれば井伊家は途絶える。

それを何とか新野左馬助の説得により虎松の命だけは助かったが

その代りに残る戦える者たちを松平元康討伐の最前線で戦えという事になり、

その結果新野左馬助らを初めとした者たち全て戦死する事になった。

問題はここから普通なら当主は虎松になるが

さすがに当主をできる年齢ではなく、かといってそれ以外の人物もいない。

そこに政次が付け入ってきた訳だけれど、ここで南渓和尚がある案を出す。

それが次郎法師を当主にするという事だった。

次郎法師は女ではあったが性格的には男の度胸を備えていた。

そして考える間もなく次郎法師は直虎として直親の跡を継ぎ当主となったのだった。

この時代に女が当主になった事例はわずかであり

殆どは男が当主になる事が普通とされた時代では

生き残るためとはいえ異例の当主だった。

当然何ができる?という事になるのだろうけれど、

ここから直虎の苦労するストーリーになっていくのだった。

次回は当主になった直虎だったが、初めての統治に問題が多く抱えている事を知る。

果たして直虎はどうやって纏めていくのだろうか?

その手腕に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。