30日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第17話を視聴した。

今回は鉄砲の威力を見せられた直虎は鉄砲の製造しようと考える。

そんな中で虎松が周りに手加減されている事を知った直虎が

手加減する必要は無いと告げた事で虎松は

負け続けてショックで寺に行かなくなった。

当初直虎は虎松に井伊家を継ぐ者として

強くならなければならないと虎松に伝えるが、

これをみたしのが虎松から直虎を遠ざける。

しかし虎松は直虎に言われた言葉を受けて

再び直虎と向き合い何度でも挑み続ける事で

成長するという直虎の気持ちを受け入れ、

何度でも負けようと勝負に挑み続ける姿になった。

しかし再び政次に謀反の疑いあり!

と疑われたシーンがメインだった。
ストーリー

中野直之は「種子島」を取り寄せ、直虎の前で実演してみせる。

その威力に驚いた直虎はこの「種子島」を

鍛冶の村・井平(いだいら)で生産しようと考える。

その頃、龍潭寺で手習いを始めていた虎松は

家臣の息子たちと五目並べに興じていた。

周りの子供たちが気を遣って手加減しているのを知った直虎は激怒する。

周りが手加減をしなくなり、

負け続けの虎松はショックで寺に来なくなってしまう。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は鉄砲を取り寄せて実演した中野から

鉄砲を揃える事を提案された直虎だったが、

1丁があまりにも高くならば生産してみようと考えて試行錯誤を繰り広げる。

そんな中で虎松を巡って直虎が周りが手加減している事を知り、

手加減するな!と命じた。

しかしそれによって虎松は負け続ける事になりショックを受ける。

これは負ける事で知る負ける理由を知っていく事になるので

負ける事が必ずしも悪い事ばかりではない。

最初から強い人なんていない訳で、

直虎もまた力がないなりに決断をしているから今がある。

直虎は虎松に自分より強くなければ井伊家を守れないという事を

よくわかっているからこその虎松への言葉であり向き合っている。

今日の直虎はなかなか勝てない人たちにとっていいキッカケになるシーンだった。

そして次回はまたも直虎に試練の時が訪れる。

果たして政次の難題にどう向き合うのか?

その難題に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18