3
14日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第19話を視聴した。

今回は森林を荒らす盗人を捕まえようと近隣の領主と共に追うが、

そこで捕まえた盗賊はかつて直虎が助けた人物だった。

直虎側が捕まえた事で直虎は盗賊の処遇を巡って政次らと対立する。

そんな中で直虎は盗賊を殺さぬと決断するが、

周りは災いをもたらすという事で打ち首にしようとする。

しかし直虎はそれを罪人の罰として何かできないかと模索する。

そんな中で罪人が逃げ出して直虎はまんまとやられたシーンがメインだった。
ストーリー

近隣の領主である近藤康用が直虎のもとを訪れ、

領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴え出る。

直虎は近藤の者の仕業ではないかと言い返し、二人は疑いを晴らすため、

ともに盗伐のあった現場に向かう。

荒らされた現場を検証していく直虎たちは、

近藤領内だけでなく井伊領内の木々も盗まれてしまっていることに気づく。

見張りをつけて山狩りをする両家はついに犯人を捕らえる。

しかしそれは以前、直虎に人集めの知恵を授けた旅の男だった。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は罪人を裁く上でこの時代は打ち首しかほぼないというのが

盗賊に対する対応だった。

言うまでもないけれど、この時代は打ち首が

多数を占める時代であったわけで捕まればまず命がない。

その中で直虎はかつて助けてもらった恩がある盗賊を助けようと

直虎は動くも周りはこれに大反対する。

まあ無理もないがこの盗賊に対して信頼がない以上は簡単に行くはずがなく、

直虎はあれこれ政次とやっているうちに盗賊は逃げ出されてしまったのだった。

こういう時に情けを掛けると色々大変な事になると学んだのだった。

次回は直虎は再び窮地に立たされる。

果たして井伊家は今川と武田が戦う事になる状況をどう決断していくのだろうか?

その決断に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18