3
21日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第20話を視聴した。

今回は亡き直親の娘を名乗った少女高瀬という者が現れた。

全く寝耳に水の直虎らはこの高瀬が本当に直親の娘なのかを確かめるよう命じる。

そんな中で政次は武田の間者ではないか?と疑う。

色々調べたものの大きな証拠はなかったが

これまでの行動から直親の娘であると認めた直虎は

高瀬を直親の娘として受け入れる事にした。

しかしその直後に訪れた徳川の間者が訪れ武田と織田が手を結び

武田が今川を攻めるという策略が進められていた。

そんな中で方久が戻ってきて駿府では商売にならないと

別の道を舵を切る事を決断したシーンがメインだった。
ストーリー

亡き直親の娘と名乗って井伊谷にやってきた少女・高瀬。

元許婚である直親の隠し子発覚にショックを隠しきれない直虎だが、

井伊家の当主として、その真偽がわかるまで高瀬を屋敷で預かることを決める。

噂を聞きつけた直親の元妻・しのは高瀬のもとに乗り込むが、

その対応は意外なものだった。

一方政次は、今川と武田の同盟関係に亀裂が入ったことから、

高瀬は武田が井伊に送り込んだスパイなのではないかと疑う。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は直虎の前に亡き直親の娘と名乗る女が現れた。

当然この時代DNA鑑定などない時代なので

そんなの証拠もない中では証明するものすらない。

それでも直虎はその娘が直親の娘ではないかと確かめさせることにした。

しかしそんな話はなかなか出てこない中で

当時匿った領主から確かに直親と娘の母親が接していたという証言を得た。

そんな中で武田の間者ではないかと政次は警告するが

直虎は娘がかつて直親の笛の歌を歌った事が決め手となり

直虎は直親の娘として迎えた。

しかし実際は武田の間者であるような仕草を徳川の間者が訪れた時にしており

何時正体をみせるか見ものだ。

そして武田と織田が手を結んだことで今川を攻めるのに

障害が無くなった事も井伊谷に大きなピンチを迎える事になっていくのだった。

次回は直虎は新たなる商いの場所を求めて訪れるが

そこで以前逃げた盗賊と遭遇してしまう。

果たして直虎はその盗賊とどう向き合うのか?

その対峙に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18