3
1月7日スタートのドラマ「トドメの接吻」を視聴した。

このドラマはホストの男がある日キスする女に殺され何度もタイムリープして事件に巻き込まれていく様が描かれるサスペンスタイムリープストーリーである。

ホストの過去、そして登場する人物の過去が繋がった時このタイムリープの答えが見つかるのかもしれない。


この枠をレビューするのは2クールぶりという事で久しぶりにレビューしたい気持ちになり今年最初の連ドラレビューという事でこのドラマでスタートする事にしました。日曜日はかなり多忙になりますが確りレビューしていきたいところです。


さてこのドラマですがキス女にキスで殺されて何故か1週間前にタイムリープするという展開になる訳ですが、殺される時点から1週間前に戻されるという事でその理由が何なのか?というのがこの事件を解くカギになっていくというのだけは間違いないようです。ホストの過去、そしてここに登場する人物の過去が繋がった時その答えが見えるはず!果たしてキス女の目的は?そしてホストの過去とは?

キャスト

堂島旺太郎演じる山賢人

キスで殺す女演じる門脇麦

並樹尊氏演じる新田真剣佑

並樹美尊演じる新木優子

長谷部寛之演じる佐野勇斗

小山内和馬演じる志尊淳

春海一徳演じる菅田将暉

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

歌舞伎町のホストクラブ『ナルキッソス』で源氏名「エイト」を名乗るNo.1ホストの堂島旺太郎どうじまおうたろうは、偽りの愛で女性を夢中にさせ、金が尽きたらポイ捨てするクズ男。外面はきらびやかな生活を送る旺太郎だが、実はある理由で大金が必要なため、生活を切り詰め質素な暮らしを送っている。

クリスマスイブの日、同僚ホストの和馬かずまから個人資産100億円のホテル王・並樹なみきグループのご令嬢・美尊みことが来店していると聞いた旺太郎は、恰好の金づる・美尊に狙いを定める。しかし、男子トイレに現れた真っ赤なルージュの不気味な女に突然キスを奪われ、なんと命を落としてしまう…!

意識の戻った旺太郎の目の前に広がるのは見覚えのある1週間前の景色で…。すでに体験したことがデジャビュのように繰り返される状況に混乱しつつも、旺太郎は前回とは違う方法で美尊を落とそうとアプローチするが…。予測不能・神出鬼没の“キスで殺す女”によってまたしても殺されてしまうのだった。以来、執拗に旺太郎の唇を狙うキス女に襲われる度、旺太郎は時間をループしてしまうように…。

3度目のイブの夜、キス女の奇襲から逃れ、なんとか朝を迎えた旺太郎の部屋に興信所の根津ねづが現れ、旺太郎の母・光代みつよから弟・光太こうたの捜索を頼まれたと知らされる。実は旺太郎にはトラウマとなっている過去のある事故があった…。12年前、父の旺あきらが船長を務めるクルーズ船『プロメテウス』のクリスマスクルーズに光太を連れて忍び込んだ際、二人は運悪く沈没事故に巻き込まれてしまい…。

 そして大晦日。並樹家の乗馬倶楽部のパーティーに和馬と共に参加することに成功した旺太郎は、美尊が政略結婚のため気の乗らない見合いを強要されていることを知る。そんな中、馬房で暴れている馬に襲われそうになった旺太郎を助けたのは並樹家の長男で妹想いの完璧人間・尊氏たかうじだった。

並樹家を取り巻く社交界に足を踏み入れた旺太郎は、美尊に思いを寄せる幼馴染の御曹司・長谷部はせべや乗馬倶楽部の部員・布袋ほていなど上流社会の人間から「ホスト」と見下されながらも金と権力を手に入れるため美尊に近づくチャンスを伺う。しかし、そんな旺太郎を邪魔するかのように“キスで殺す女”が何度も旺太郎を殺しに現れて…!!再びループする時間の中で、旺太郎はキス女から逃げるのに手を貸してくれたストリートミュージシャン・春海はるみにだけ自分の体験を打ち明ける。春海は旺太郎の体験は「タイムリープ」だと話し…。果たして謎に包まれたキス女の正体は何なのか。そして執拗に旺太郎を邪魔するその狙いとは…!?

以上日テレトドメの接吻HPより



今回はホストをしている源氏名エイトこと堂島旺太郎はNo.1ホストとして数多くの顧客を抱えて稼いでいたが、そのお金はある返済に充てられていた。堂島旺太郎の過去は12年前のクルーズ船の事故にさかのぼる事になるようだ。この事故で旺太郎は弟・光太を失っていたが遺体は発見されなかった。この事故により父親は懲役5年の有罪判決を受けて旺太郎は多額の借金を背負う事になっているためにホストをしているという事のようだ。しかしそんな旺太郎もあるイブの日にある女と出会ってしまった事で運命が大きく変わる事になる。


この女はある事件でキスによる毒殺で指名手配されている人物らしいが正体は不明のままだ。そんな旺太郎はこのキス女に突然襲われ殺されてしまうが、その意識はどういう訳か1週間前に引き戻された。どうして1週間前なのかはまだ謎だが少なくてもキス女が求めるミッション通りにならなければ殺されて1週間前に戻されるという事らしいが、どうも1度失敗させてから政界に辿り着けという事でもあるようだ。


そしてファーストキスのミッションというのは100億の令嬢のお見合い結婚をしろ!という命題らしい。今回のストーリーを観ていく中でキス女が描くミッション指令があるようで、そのミッション通りに遂行しない場合は旺太郎はキスで殺される事になるようだ。初めてという事で今回だけで計3回も殺される訳だが何処で何を間違えたのか?というのがカギになるらしく、そのカギ通りなら殺されないが、カギに辿り着けなければ殺されるようだ。


最初に殺された時点で100億の令嬢に接近するミッションにすら辿り着かない訳で、ここまで旺太郎にとってキス女との接点は全くない。突然トイレから現れ突然殺されるというのがファーストキスになった。


そして1週間前に戻された訳だがそこで以前の情報がある為に2度目は100億の令嬢に接近が成功している。しかしここで接近に成功したはずだがキス女が再び現れている。どうやらミッション通りに遂行しなければ殺すという事らしいのだが、何が成功で何が失敗なのかはキス女にしかわからないのでこれは流れを確り観ないといけない。


そして2度目になりようやく大晦日になる訳だが、ここに辿り着くまでにキス女には追われ、実家から興信所の案内が来るというどうやら今回の事件と12年前の事件が絡んでいるようだ。そして大晦日の出来事で旺太郎はまたもミスを犯してしまうがここで得た情報が3度目の時に活かされる。


サードキスを受けることとなり、ここで大晦日に得た情報がそのまま有効活用されてある御曹司と100億の令嬢のお見合いは失敗に終わるのだった。


でもこれでわかったのはあるミュージシャンもこの事件に絡み、そして御曹司の兄も絡んでいるという事だ。この繋がりがわかるのはまだ先のようだがキス女の正体はまだ謎のままだ。


次回はキス女が再び現れある言葉を残す。果たして旺太郎はキス女からどんなミッションを望まれているのだろうか?そのミッションに注目だ。