3
25日ドラマ「トドメの接吻」第8話を視聴した。

今回は美尊に宰子といるところを見つかった旺太郎は何とかその場をごまかして難を逃れる。その直後美尊から紹介すると宰子も誘われて旺太郎も行くが、そこで尊氏は宰子の秘密に気づき始めている事を宰子は感じた。

しかしその直後旺太郎の父が長谷部殺害の容疑で逮捕された事で形勢が不利となり、この事件を防ぐためにタイムリープした旺太郎はそこで犯人は父でない事が明らかとなり旺太郎は父からいなくなった真実を直接聞いた。そして尊氏から長谷部を逃がし、尊氏を追い込み始めたが、その直前に旺太郎の両親との絆を取り戻した事で気持ちが変わり始めたものの尊氏は宰子を監禁したシーンがメインだった。

ストーリー

旺太郎の幸せのために道具として生きる決意をした宰子のいじらしさに心を打たれ思わず抱きしめた旺太郎だが、美尊に見られたことに気づき咄嗟に宰子のことを面倒を見ている遠い親戚だと紹介する。タイムリープを夢の出来事だったと思う美尊は、夢の中で自分にキスをした宰子が実在することに驚きながらも、旺太郎に結婚を前提に付き合って欲しいと告白する。

一方、旺太郎に協力している宰子の正体を春海からほのめかされつつはぐらかされた尊氏は、美尊と旺太郎の交際を応援するふりをして、旺太郎と宰子を並樹家に招くことに。そしてその頃、布袋に襲われ未だ意識の戻らない長谷部の病室の周りには旺太郎の父・旺が現れて…。宰子と共に並樹家を訪れた旺太郎は美尊に婚約指輪を渡し、尊氏の前で結婚への駒をすすめるが、なぜか余裕を見せつつ宰子について執拗に探りを入れてくる尊氏を不気味に感じる。

そして翌日、旺太郎のもとに長谷部が病室で殺されたという連絡が入る!なんと犯人として捕まったのは旺で…!!事件を受け旺太郎との結婚に反対する声が高まる中、美尊は尊氏の優しい言葉に揺れる。一方、自分の幸せの邪魔ばかりする父親に激しい怒りを感じる旺太郎は、タイムリープをして旺を助けようという宰子の提案をなかなか受け入れられず、沈没事故での服役後、自分たちに何の説明もなく姿を消した旺への長年の怒りに苦しむが…。

そんな中、尊氏が宰子のアパートに訪れる。宰子の秘密を力ずくで暴こうとする尊氏の前に現れたのは旺太郎で…。宰子にキスをした旺太郎は尊氏の目の前でタイムリープし、長谷部が殺される直前の病室へと走る!そこで旺太郎と宰子が見たのは旺の意外な行動だった…!? 自分の思惑を旺太郎にことごとく潰され、美尊の気持ちを取り戻せないことに苛立つ尊氏は、さらなる過激な手に出ようとしていた…。

以上日テレトドメの接吻HPより



今回は旺太郎が宰子と共にいるところを美尊に見られてしまった事で流れた多少変わってしまう。元々旺太郎が生き返ったのは美尊にキスをしたからであるんだけれど美尊はここで夢だったという事を思いこませる事に何とか成功するも1度キスされたら記憶が残っているのではないかという部分もありこの辺はどう考えるのだろうか?と感じる。一方で尊氏が宰子の秘密に気づき始めた事で宰子に危険の魔の手が迫っていた。このまま順調に進むかに思われたが、ここでまさか旺太郎の父が長谷部殺しで逮捕されるという事態になる。


しかし旺太郎の父はやっていないという事を語り宰子の助言で戻る事を決断した旺太郎はそこで長谷部を殺そうとしたのは尊氏の指示だった事が判明し、旺太郎の父は無実だと知る。そしてそこから旺太郎の父はいなくなった真実を語り出すも最初は旺太郎は受け入れる事ができない。しかし宰子が救えなかった弟の靴を託した事でこの靴が家族の絆を繋いでいた事を旺太郎は知る事になり宰子はその役割を果たした。しかし宰子は尊氏に監禁され絶体絶命の状況に陥ったのだった。


次回はついに尊氏との最終局面に入った旺太郎はこのまま美尊と一緒になるのか?それとも尊氏の逆襲があるのか?宰子がカギを握る展開から目が離せない。








さよならエレジー
菅田 将暉
ERJ
2018-02-21