3
11日ドラマ「トドメの接吻」最終話を視聴した。

今回は宰子を失った旺太郎は失った事で本当は宰子を愛していた事に気づく。しかし元に戻れない以上どうする事もできない旺太郎だったが、宰子の部屋に春海がおり、春海もまた宰子と同じ能力を持っていたが、春海の場合3か月前に戻ってしまうというものだった。

戻れば宰子の未来を知らない旺太郎と会う事になり、美尊も失う事になるが、美尊に全てを打ち明けて美尊から必ず幸せになってと話し、旺太郎は意を決して春海とキスをして3か月前の大晦日に戻った旺太郎はそこで美尊の婚約を防ぎ、更には尊氏、長谷部、布袋らを救う手段に出てそれぞれが捕まらず本当の気持ちに導いた旺太郎は宰子と再会して幸せになれと告げて自らは和馬に死んだように見せかけてこの業界からいなくなったシーンがメインだった。

ストーリー

留置所から脱走した尊氏から旺太郎を守るため、旺太郎と美尊の結婚式で刺されてしまった宰子。何度もキスをする旺太郎の努力もむなしく、すでに宰子に息はなく…。ショックから立ち直れない旺太郎だが、宰子の願いを叶えるため、美尊を愛して幸せになると誓う。そして尊氏のさらなる不祥事に衝撃が走る並樹家では、副社長の椅子を狙う郡次の助けで、旺太郎の入籍と入社の準備が着々と進んでいた。

そんな中、旺太郎を殺す機会を狙って結婚式にも紛れ込んでいた和馬が旺太郎の部屋に姿を現わす。愛を否定し続けてきたクズ男・旺太郎が愛に苦しむ姿を見て満足する和馬の言葉に、旺太郎は初めて自分の宰子への気持ちを自覚し、深い悲しみに絶望して…。

そして、住人のいなくなった宰子の部屋で目覚めた旺太郎の前に現れたのはまたしても謎のストリートミュージシャン・春海。過去に遡る力で人が幸せになれるのかを観察していたと話す春海は、ついに謎に包まれていた自らの正体を明かす!!タイムリープ後も今ある世界はパラレルワールドとして続いていくという春海の話を聞いた旺太郎は、今までタイムリープで完璧な人生を上書きしてきたわけではなく、パラレルワールドで自分の犯した過ちは一生取り返せないと知り、衝撃を受ける。

入籍と入社を目前に控える中、今まで自分が狂わせてきた人の人生に思いを馳せる旺太郎は、ある決意のもと、美尊を自分の部屋に呼び出し、初めて素の姿を見せる…。一方、結婚式で必死に宰子にキスする旺太郎の姿を見た美尊は、自分が宰子とのキスで経験したことが夢ではなく、宰子に時を戻す力があることに勘付いていた…。旺太郎から真実を知らされた美尊のとった行動はとても意外なもので…。
果たして、最低のクズ男・旺太郎が知った本当の愛への決着のつけ方とは!?清々しい感動の最終回!!

以上日テレトドメの接吻HPより



今回は宰子を失った旺太郎はその悲しみから本当に宰子を愛した事を初めて痛感する。事務所に戻ったところに逃走中の和馬がおり和馬は殺さず生きたまま苦しませる事を選んだ。そんな状況で春海が宰子の部屋に現れてこの世界のからくりを教えられる。そのからくりとはこの世界はパラレルワールドでいくつもの世界があるという事だ。


要するにはキスをしただけの世界があるという事であるけれど、戻れることについてはどうやら戻った2人にしか世界が変わった事がわからないらしいけれど、春海の場合は1度に3か月戻れるからその間に変わった事があれば何が変わったのかわかるという事でもある。一方で美尊には時間を戻せる事を打ち明けてその先に宰子を愛した旺太郎がいる事を美尊も感じていた。


そして美尊も1度宰子からキスをされた事でその意味がわかり美尊から幸せにしてという言葉を受けて旺太郎は春海と決死のキスを敢行するのだった。そして3か月前の大晦日に戻った旺太郎はそこで美尊の婚約を阻止してさらにテープを奪い、その場で破壊したがそれによって尊氏のやった事を美尊に打ち明ける事に繋がった。対して長谷部、布袋らも違った道を歩む事となり誰も捕まらない結末となった。


元々美尊は尊氏に好きな気持ちがあった訳で最初から本当に抱えている気持ちを打ち明けるキッカケを与えた事で2人は幸せに向かう事になったが、一方で宰子と再会した旺太郎はそこで宰子に幸せになってほしいという自ら言った騙される男に捕まるな!と言い残して旺太郎は和馬との一件を解決させてホスト業界から去ったのだった。


色々と紆余曲折があったものの、色々な事を知ったからこそ誰が何に対して幸せなのかを知る事に繋がった。旺太郎も宰子に対する本当の気持ちを気づき始めた事で旺太郎は宰子の幸せは自分と関わらない事だという結論に至った。色々人生を狂わせて掴んだ幸せは自ら関わらない事だったという事だ。確かにホストをやっているとどうしても幸せになれる予感はありませんからね。


総評として何度も1週間前に戻る事でいくつものパラレルワールドが生まれた訳だけれど、その世界ではまた違った結末があった訳だが、それはHuluで観る事ができるからそれは考えないようにしたい。でも本当の幸せとは何か?と問われると何度もやり直しても簡単に結論が出ないものだと思います。旺太郎にとって宰子から去る事が幸せだったのかは未来でないとわからない結論だ。


次回のこの時間のドラマは視聴します。レビューはツイートのみかもしれませんがツイートで色々と実況していきますのでよろしくお願い致します。それではまた1か月後にお会いしましょう。








さよならエレジー
菅田 将暉
ERJ
2018-02-21