5
20日J1リーグ19第20節が行われ、浦和レッズはアウェイエコパスタジアムで16位ジュビロ磐田と対戦し、3対1で浦和レッズはFW興梠、MF橋岡、MF長澤のゴールで磐田に快勝し、8勝3分8敗勝ち点27得失点差-7で暫定9位に浮上した。

試合は前半から浦和ペースの試合が展開し、前半10分にFW興梠のゴールで先制に成功すると、前半22分には復帰したMF関根のクロスからMF橋岡のゴールでリードを広げると、前半31分にはMF長澤の執念のゴールで3点にリードを広げて前半で試合を決めた。

後半磐田の反撃を受けてMF柴戸の退場で数的不利になるも前半の3ゴールがものをいってそのまま逃げ切り浦和はリーグ戦では今季最多得点となる3ゴールで勝利し順位を暫定9位に上げた。

これで浦和レッズは横浜戦の敗戦を払しょくして次のホーム鹿島戦に挑む。

REDSLINEUP2019-016


関根の復帰戦となったこの試合では関根出場の効果がはっきり表れた試合にもなった。欧州では怪我などもあり出場機会が少なかったようだけれど、元々は浦和のアカデミー出身で将来を期待された選手である事に変わりなくその実力は復帰戦でいかんなく発揮した。

特に今季の浦和はリーグ戦では最高で2得点しかできなかった試合が多く、得点力不足に悩まされ続けた。関根の復帰でこれだけ変わるものかというのを思わせてくれた。世代交代も進んでいる中で若手の起用も目立っているけれどやはりここで頼れるのはエース興梠であり、中堅の長澤である事も示されただけにベテラン、中堅、若手が上手く融合していくと再び浮上するきっかけになると感じます。

柏木もこの試合から復帰しようやく戦力が揃ってきただけにここから8月の試合に向けて戦力を整えていきたいところです。

次節はホームで鹿島と対戦する。ACL準々決勝に残るクラブ同士の戦いは激しい試合になると思いますがここで勝利する事で順位も大きく上げる事ができるだけにクラブとして踏ん張りどころの試合だ。