5
レッズファミリーの皆様、2019シーズンより浦和レッズのサポートを兼任致します。

これまでJリーグサポーターとなって26年間を外から浦和レッズを見てきましたが、今シーズンより中に入って浦和レッズをサポートして参りますのでよろしくお願い致します。

現在J2アルビレックス新潟ファミリーの一員として活動しておりますが、昨シーズンは新潟のJ2降格に伴いJ1の動向を見続ける上で浦和レッズをフォローする形で1年間観続けてきましたが、今シーズンより正式に浦和レッズへの投資をしREX CLUB REGULARに入会してサポートする事を決断致しました。

本来でしたらアルビレックス新潟を退団し完全移籍という形で浦和レッズにお世話になる予定ではありましたが、現是永社長の熱い残留説得を受けた事により急転直下で完全移籍は白紙撤回する事になりました。

しかし今の新潟に私が残ったとしても今の私の力では新潟の力に、是永社長の力になる事は難しいと以前から感じており、今の新潟に私が学ぶ事はもうないという中で新たなる経験が必要という結論に至り、やはり学ぶなら日本一いや世界一のサポーターから学ぶ事が1番の近道であるという結論に至り世界一熱い浦和レッズの一員になる事でこれまでにない経験をしたいという気持ちになりました。

20年前の私ならこの結論は絶対に出せませんでしたが、浦和ファミリーの方と交流するようになりこれまで抱いていた浦和サポーターのイメージは大きく変わった事も今回の結論を至る1つの要因でもあります。

そして新潟には浦和のレジェンドである田中達也選手が7シーズン在籍しております。これまで6シーズン田中達也選手の背中を見て全力でサポートしていますが、田中達也選手を追いかけて埼玉から来るサポーターの人たちの姿を見続けてきてあれだけ遠くに住んでいても田中達也選手の背中を追いかけてくる姿にはこれだけ熱い人たちがここまでできる原点は浦和にあるという事を強く感じ田中達也選手の古巣でもある浦和レッズから多くの事を学びたいと感じるようになっていました。

そこで私が出したもう1つの結論としてアルビレックス新潟ファミリーとして浦和レッズのサポーターになるという選択肢があっても良いのではないか?という考えに至り、アルビレックス新潟ファミリーとして新潟を全力でサポートしながら浦和レッズも兼任して全力でサポートしていく事に致しました。

イメージ

アルビレックス新潟ファミリー=浦和レッズサポーター


今の時代複数のクラブを兼任する人は珍しい時代ではありません。他のクラブのサポーターだった人が別のクラブの幹部になっている人もいますし、ジャンルが違っていれば数多くの兼任をしている事は珍しい事ではありません。

それに多くのフォロワーの中にも複数のクラブをサポートしている方も多く1つのクラブだけしか在籍してはいけないという事もないと感じます。

長い挨拶となりましたが新潟と対戦する時がある場合はご容赦して頂く事となりますがそれ以外の時には新米の浦和サポーターとして浦和レッズをサポートして参りますのでよろしくお願い致します。