オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:チェン

3
17日日本シリーズ第5戦中日ドラゴンズ対福岡ソフトバンク戦がナゴヤドームで行われ、

0対5で福岡の繰り出す投手陣を攻略できず完封負けでホームで1勝もできず再び舞台を福岡へ移す。

試合は中日先発チェン、福岡先発山田投手の投げ合いで始まり、

初回に福岡が4番小久保選手のタイムリーで先制すると、

中日は先発山田投手を攻略できず、

先発チェンを援護できず6回まで無得点に抑えた7回にチェンが捕まり、

8番細川捕手のタイムリーで2点目を上げると、

8回には5番松田選手の押し出し、6番多村選手の2点タイムリーで勝負をつけた。

最後はシリーズ不振だった馬原投手が抑えて福岡が2連敗から3連勝で王手を掛けた。

これで中日ドラゴンズはホームでまさかの3連敗を屈し後が無くなった。続きを読む

5
12日日本シリーズ第1戦福岡ソフトバンク対中日ドラゴンズ戦が福岡ヤフードームで行われ、

1対2で中日が和田選手の同点ホームラン、

小池選手の勝ち越しホームランで勝利し初戦を飾った。

試合は福岡先発和田選手、中日先発チェンの投げ合いで始まり、

3回まで両チーム無得点で迎えた4回福岡が1死1,2塁から

6番長谷川選手のタイムリーで1点を先制する。

中日は6回まで先発和田投手に抑えられた

7回5番和田選手のホームランで同点に追いつき、

9回まで両チーム勝ち越す事ができず延長戦に突入した

10回中日は8番小池選手のホームランで勝ち越すと、

2番手で登板した浅尾投手が9回から5つのアウトを取り、

最後は抑えの岩瀬投手が1番川崎選手を抑えて勝利した。

これで中日ドラゴンズは初戦を制して

落合監督有終の美に向けて幸先の良いスタートを切った。続きを読む

2
3日セントラルリーグクライマックスシリーズ11ファイナルステージ第2戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

1対3で東京ヤクルトが飯原選手のホームラン、

代打畠山選手の2点タイムリーで勝利し、2勝1敗で東京ヤクルトが王手を阻止した。

試合は中日先発チェン、東京ヤクルト先発石川投手の投げ合いで始まり、

7回までチャンスらしいチャンスが両チームないまま迎えた8回

東京ヤクルトは代打飯原選手のホームランで均衡が破れると、

9回には代打畠山選手の2点タイムリーでリードを広げた

東京ヤクルトが9回に3番森野選手のホームランで1点を失ったが

2番手館山投手の抑えて東京ヤクルトが中日の王手を阻止した。

これで中日は王手を阻止されまたもシーズン中同様の貧打に苦しむ事になりそうだ。続きを読む

5
18日横浜対中日戦が横浜スタジアムで行われ、

延長10回3対3で引き分けたものの、

勝率で東京ヤクルトが中日を上回れないために

中日の2年連続9度目のリーグ優勝が決まった。

試合は4回に横浜が3点を先制するが、

6回に中日がブランコの3ランで同点に追いつき、

その後両チーム得点できず3時間30分を超えた延長10回に

最後は浅尾投手が抑えて中日が球団史上初の連覇となる

2年連続9回目のリーグ優勝を達成した。

これで中日ドラゴンズは落合監督最後のシーズンに連覇し

史上初の退任監督日本一を目指す。続きを読む

3
6日、日本シリーズ2010中日対千葉ロッテ第6戦が

ナゴヤドームで行われ

2対2で延長15回両チーム尽くチャンスを潰して

決着がつかず史上最長延長15回試合は

24年ぶりの引き分け試合となった。

試合は中日先発チェン、千葉ロッテ先発成瀬投手の投げ合いで始まり、

初回に千葉ロッテが2死3塁から

4番サブローのタイムリーで先制するが、

その裏中日は1死2塁から3番森野選手のタイムリー2ベースで

同点に追いついた。

その後両先発譲らず迎えた6回中日は2死1,2塁から

5番ブランコのライトフェンス直撃のタイムリー2ベースで

勝ち越しに成功するが、

千葉ロッテは8回に2番手浅尾投手を捉え

2死2塁から4番サブローのタイムリーで

同点に追いつき両チームチャンスを潰して

延長戦に突入し千葉ロッテは延長11回2死1,2塁の大チャンスに

7番里崎捕手の打球をセンター大島選手が

前進守備から追いつき得点を許さない。

中日もその裏2死満塁のチャンスに

1番荒木選手が決められず

その後も両チームチャンスがあったものの決定打に欠いて

シリーズ史上最長の5時間43分史上最長延長15回で24年ぶりの

引き分けとなった。

これで日本シリーズは千葉ロッテの3勝2敗1分となり

第7戦で中日が勝利すると

24年ぶり史上2度目の第8戦が開催される。続きを読む

5
31日、日本シリーズ2010中日対千葉ロッテ第2戦がナゴヤドームで行われ

12対1で中日が序盤の大量得点で一気に試合を決めて

対戦成績を1勝1敗として千葉へ乗り込む。

試合は中日先発チェン、千葉ロッテ先発マーフィーの投げ合いで始まり、

初回に中日が4番和田選手のタイムリーや千葉ロッテのエラーなどで

4点を先制すると、2回には再び4番和田選手のタイムリー2ベースで

3点を追加すると、3回には5番ブランコのタイムリーで

3回までに10点のリードを奪った。

千葉ロッテも4回に5番今江選手のタイムリーで1点を返したが、

6回に中日は5番ブランコの2ランで完全に試合を決めた。

投げては先発チェンが6回1失点に抑え、

その後5人の投手の調整登板で圧勝した

中日が1勝1敗として五分に星を戻した。

これで中日は本来の調子を取り戻して敵地千葉へと乗り込む。続きを読む

2
20日セントラルリーグクライマックスシリーズ10

ファイナルステージ第1戦中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、

5対0で中日が初回の集中打で4点を上げてそのまま逃げ切り

巨人は完封負けで対戦成績を2勝0敗と中日が2勝リードした。

試合は中日先発チェン、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が3番森野選手のタイムリー5番ブランコのタイムリー、

6番藤井選手の2点タイムリーで4点を先制すると、

先発チェンが巨人打線を3回まで完璧に抑え、

ピンチの4回、5回も要所を締めて7回途中まで好投した。

中日は7回に8番堂上直選手のタイムリーでダメ押しし、

最後は抑えの岩瀬投手が締めて中日が2勝とした。

これで巨人はナゴヤドーム10連敗となり

日本シリーズ進出は極めて厳しい状況に追い込まれた。続きを読む

↑このページのトップヘ