オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:ファブリシオ

23日J1リーグ19第24節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で17位松本山雅と対戦し、1対2で浦和はMFファブリシオのゴールで先制するも後半松本の反撃を防ぎ切れずに痛恨の逆転負けを屈して、8勝6分10敗勝ち点30得失点差-11で暫定10位のままだった。

試合はホームの浦和がボールを支配して進み前半19分にMFファブリシオの今季リーグ戦初ゴールで先制する。しかしその後の追加点が取れずに前半を1対0で折り返した。

後半も浦和ペースが変わらなかったが松本も交代カードを切ってチャンスを掴み出すと後半30分にFW阪野がヘッドでゴールを決めて同点にされると、後半38分に松本はMF高橋のゴールで逆転を許してしまった浦和は痛恨の逆転負けを屈した。

これで浦和レッズは17位松本に痛恨の敗戦を屈してACLアウェイ準々決勝1stレグ上海上港に挑む。
続きを読む

3
4日J1リーグ19第21節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で10位名古屋グランパスと対戦し、2対2で浦和は前半に名古屋に2点のビハインドを背負ったが、FW興梠のゴール、後半アディショナルタイムにMF関根の起死回生の同点ゴールでドローに持ち込み8勝5分8敗勝ち点29得失点差-7で9位のままだった。

試合は前半開始から先制ゴールを許す苦しい展開となり、前半25分にも得点されて2点リードを許すが、前半アディショナルタイムにFW興梠のゴールで1点差として前半を折り返した。

後半も苦しい展開が続くが、後半アディショナルタイムにMF山中のクロスにMF関根が決めて土壇場で同点に持ち込んでドローとなった。これで浦和レッズは2試合連続ドローとなり上位浮上のチャンスを逸した。

続きを読む

13日J1リーグ19第19節が行われ、浦和レッズは日産スタジアムで2位横浜Fマリノスと対戦し、1対3で浦和は横浜に終始圧倒されて主審の疑惑の判定に振り回される展開となって散々な敗戦となり、7勝3分8敗勝ち点24得失点差-9で暫定10位のままだった。

試合はホーム横浜は終始ボールを支配されシュートを何度も許す苦しい展開となり、GK西川の好セーブで何度もピンチを凌いできたが前半37分に横浜はFW遠藤にゴールを決められて前半は横浜の圧倒的な展開で折り返す。

後半もその流れは変わらず迎えた後半13分に横浜は明らかなオフサイドのFW仲川がゴールを決めると1度は主審がゴールを認めたが線審と協議の結果オフサイド判定でノーゴールとなる。しかし再度協議の結果ゴールが認められる展開となりまたも浦和は判定に泣かされる事になった。

このゴールにより完全に流れは横浜となるも、後半23分に相手のオウンゴールで1点差としたが、後半41分にPKを献上してしまいこれを横浜はFWエジガル・ジュニオに決められて試合が決まった。

これで浦和レッズは上位との差を痛感させられる敗戦となりチームの立て直しが急務だ。

続きを読む

5
6日J1リーグ19第18節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で10位べガルダ仙台と対戦し、1対0で浦和レッズがFW興梠のゴールを守り切りリーグ戦の連敗を阻止し、7勝3分7敗勝ち点24得失点差-7で暫定10位に浮上した。

試合は前半から積極的に仕掛けるもなかなかゴールを奪えず前半18分にMFエヴェルトンが負傷退場するアクシデントに見舞われる。そんな中進んだ前半41分浦和はFW興梠のゴールで先制に成功して前半を折り返した。

後半開始早々仙台はDF椎橋の2枚目の警告で退場となると浦和は数的有利の中で試合を展開するが追加点こそ奪えなかったもののそのまま逃げ切り浦和はリーグ戦の連敗を阻止した。

これで浦和レッズは後半戦初戦を白星スタートとなり夏の反撃体制を整えたい。

続きを読む

1
26日J1リーグ19第13節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で8位サンフレッチェ広島と対戦し、0対4で浦和は立ち上がりから失点すると守備陣が崩壊し、前半で2失点、後半も2失点で今季最多の4失点で完敗して4連敗となり、5勝2分6敗勝ち点17得失点差-7で11位に後退した。

試合は前半6分に広島がMF森島のゴールで先制されると、前半25分にもCKからFWドウグラス ヴィエイラに決められて前半は全くいいところなく折り返した。それは後半も変わらず何度もカウンターからピンチを招き、後半18分にMFハイネル、後半35分にFW渡決められ浦和は完膚なきまでに叩きのめされた。

これで浦和レッズはリーグ戦5月全敗となり立て直しが急務となる。

続きを読む

2
1日J1リーグ18第25節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で6位セレッソ大阪と対戦し、1対2で浦和レッズはMFファブリシオの負傷退場のアクシデントで出場したMF李の今季初ゴールで先制するも、その後セレッソのセットプレーで同点に追いつかれ、後半早々にMFソウサに逆転ゴールを許してしまい同点にする事ができずに敗れ、8勝8分9敗勝ち点32得失点差+5で9位のままだった。

試合は前半6分にMFファブリシオが負傷退場するアクシデントで暗雲が立ち込めるも、前半12分に途中出場したMF李の今季初ゴールで先制した。しかしセレッソは前半29分にセットプレーからMFオスマルに押し込まれて同点に追いつかれて前半を折り返した。

後半セレッソはMFソウサのミドルシュートが炸裂して浦和は逆転を許す苦しい展開となり、その後セレッソゴールに迫るもファブリシオの負傷退場が響いて決定的なシーンを作り出す事ができずに終わってリーグ戦2連敗となった。

これで浦和レッズは上位進出からは遠のき再び下位転落の危機を迎える事になった。

続きを読む

2
26日J1リーグ18第24節が行われ、浦和レッズはアウェイ豊田スタジアムで暫定14位名古屋グランパスと対戦し、1対4で浦和は名古屋FWジョーに全得点に絡むハットトリックに沈み、8勝8分8敗勝ち点32得失点差+6で9位のままだった。

試合は前半22分興梠のクロスに名古屋のオウンゴールで先制するも、前半29分にPKを献上し、これをFWジョーが失敗するもMF玉田が押し込んで同点に追いつかれた。前半44分にはセットプレーからFWジョーに押し込まれて逆転を許し前半を折り返した。

後半浦和は名古屋に押し込まれる時間が続き、後半25分にFWジョーに追加点を奪われると、後半35分にもFWジョーにハットトリックとなるゴールを奪われて名古屋に大敗した。

これで浦和レッズはアウェイ2連戦で7失点と守備が崩壊し守備の立て直しが急務となる。


続きを読む

3
19日J1リーグ18第23節が行われ、浦和レッズはアウェイIAIスタジアム日本平で暫定11位清水エスパルスと対戦し、3対3で浦和レッズは先制を許しながらも追いつく壮絶な打ち合いの末ドローに持ち込み、8勝8分7敗勝ち点32得失点差+9で9位のままだった。

試合は開始早々の6分に清水がMF金子のゴールで先制を許すが、前半11分にFKからMF阿部が直接決めて同点に追いつく。前半は一進一退のまま1対1で折り返した。

後半は清水が後半6分にFWドウグラスのゴールで勝ち越しを許すも、後半16分に浦和はMFファブリシオのゴールで同点に追いつくが、その2分後に清水にMF金子に決められて勝ち越されてしまう。しかし浦和は後半31分にDF槙野のヘッドで同点に追いつき、その後清水の猛攻を防ぎドローに持ち込んだ。

これで浦和レッズは今季最多失点を屈してドローとなり次は5連勝中の名古屋と対戦する。

続きを読む

5
15日J1リーグ18第22節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で10位ジュビロ磐田と対戦し、4対0で浦和レッズはMFファブリシオのハットトリックで磐田に大勝し、8勝7分7敗勝ち点31得失点差+9で暫定9位のままだったが4位まで勝ち点差2とした。

試合は前半から浦和が磐田ゴールに迫るも磐田の必死の守りに阻まれ前半は0対0で折り返した。

後半浦和は次第に防戦になった磐田ゴールに襲い掛かり、後半9分にMFファブリシオのゴールで先制すると、後半15分にもMFファブリシオのゴールで追加点を上げると、その後は浦和が完全に試合を支配し、後半39分にCKからDF槙野がヘッドでダメ押しすると、最後はMFファブリシオのハットトリックとなるゴールで圧勝し浦和が同勝ち点の磐田に競り勝ち上位が見えてきた。

これで浦和レッズは同じ勝ち点だった磐田に圧勝し4位との勝ち点差を2にして賞金圏内が見えてきた。

続きを読む

2
11日J1リーグ18第21節が行われ、浦和レッズはアウェイベストアメニティスタジアムで暫定16位サガン鳥栖と対戦し、0対1で浦和はMF高橋秀人に決められたゴールが最後まで重く圧し掛かり2試合連続無得点で終わり後半戦初の黒星となり、7勝7分7敗勝ち点28得失点差+5で暫定9位に後退した。

試合は守備を堅めてトーレスと金崎でゴールを狙ってくる鳥栖のゴールを破れず、逆に浦和はトーレスを起点とした攻撃に苦しめられるが、前半は0対0で折り返した。

後半浦和セットプレーを与えてしまい迎えた後半8分に鳥栖はMF高橋秀人にゴールを許して先制を許すと、守備を堅める鳥栖ゴールに何度も迫るも後半アディショナルタイム直前に浦和はFW李のゴールが決まったかに見えたがその前に反則を取られてノーゴールとなり浦和は後半戦初黒星となった。

これで浦和レッズは下位相手に勝ち点を伸ばす事ができず再び上位浮上の機会を逃した。

続きを読む

3
5日J1リーグ18第20節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で暫定14位V・ファーレン長崎と対戦し積極的にゴールに迫ったものの0対0のスコアレスドローに終わり、7勝7分6敗勝ち点28得失点差+6で暫定8位に後退した。

試合はホームの浦和が積極的にシュートを狙うの長崎の粘りある守備の前にゴールを奪えない。長崎も決定的なチャンスがあったものの前半は0対0で折り返した。

後半浦和は何度もゴールに迫ったものの両チームとも決定的なチャンスを活かす事ができずにスコアレスドローに終わった。

これで浦和レッズは連勝は逃したものの2試合連続完封で勝ち点を伸ばし上位を狙っていく。

続きを読む

5
1日J1リーグ18第19節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で暫定3位川崎フロンターレと対戦し、2対0で浦和レッズがFW興梠の7年連続2桁ゴール、終了間際にMFファブリシオのPKで川崎に勝利し、7勝6分6敗勝ち点27得失点差+6で暫定7位に浮上した。

試合は前半開始早々の6分にカウンターからFW興梠のゴールで先制するとその後は川崎に再三押し込まれるシーンがあるが、GK西川を中心とした守備でゴールを割らせず前半1点リードで折り返した。

後半は川崎に圧倒的に押し込まれる展開となり守勢に回る時間が続いたが間一髪のところでゴールを許さずに耐え続けた後半アディショナルタイムにPKを獲得し、これをMFファブリシオが決めて浦和が川崎に勝利し2連勝とした。

これで浦和レッズは後半戦2連勝と連勝を伸ばし上位がいよいよ見えてきた。

続きを読む

5
28日J1リーグ18第18節が行われ、浦和レッズはアウェイエディオンスタジアム広島で首位サンフレッチェ広島と対戦し、4対1で浦和レッズがFW興梠の2ゴール、MF宇賀神、MFファブリシオのゴールで広島に快勝して首位独走にストップをかけて、6勝6分6敗勝ち点24得失点差+4で暫定9位に浮上した。

試合は前半から共に守備が堅く膠着状態で進むも、前半25分FW興梠が裏に抜け出してゴールを決めて浦和が先制する。しかし広島も後半38分CKからDF千葉のゴールで同点に追いつき前半は1対1で折り返した。

後半浦和は広島の攻勢にGK西川が好セーブを続けた後半26分にPKを獲得し、これをFW興梠が決めて浦和が勝ち越しに成功すると、後半31分にはカウンターからMF宇賀神が追加点のゴールを決めて、後半アディショナルタイムにはMFファブリシオの浦和移籍後初ゴールで試合を決めて浦和が広島の首位独走に待ったをかけた。

これで浦和レッズは後半戦初戦で首位広島に快勝して反撃は開始された。
続きを読む

3
22日J1リーグ18第17節が行われ、浦和レッズはアウェイヤンマースタジアム長居で4位セレッソ大阪と対戦し、1対1で前半早々に先制を許すも、後半33分にCKからFW興梠が押し込んでドローに持ち込み、5勝6分6敗勝ち点21得失点差+1で12位に後退した。

試合は前半開始早々の8分にセレッソがCKからMF高木にゴールを許して先制される苦しい展開となる。新加入のMFファブリシオが効果的な仕掛けとパスでチャンスを作るもゴールを奪えずに前半は0対1で折り返した。

後半浦和は再三カウンターからセレッソゴールに迫り後半33分CKからFW興梠が決めてその後セレッソの猛攻をしのぎドローに持ち込んだ。

これで浦和レッズは苦手のセレッソのアウェイで貴重な勝ち点1を手にし半分を終わって浮上のキッカケを掴みかけている。

続きを読む

↑このページのトップヘ