オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:上野樹里

3
22日ドラマ「テセウスの船」最終話を視聴した。 今回は文吾が殺人犯として捕まった。当初は容疑を否定していた文吾だったが突然ある本を差し入れられた途端文吾は犯行を自白するのだった。これを阻止すべく心はみきおを探すが木村さつきが阻止してみきおに近づけない。 し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日ドラマ「テセウスの船」第9話を視聴した。 今回はみきおを追い込んだ文吾だったが何者かにみきおと共に気絶させられてしまう。そんな中で文吾の自宅は家宅捜索を受けて、和子はマスコミに対応を追われるが最後まで信じて向き合う。 そんな中で心は色々な過去を辿って犯 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日ドラマ「テセウスの船」第8話を視聴した。 今回はみきおの犯行を止めようと奮闘する心と文吾だったが、計画をすでに変更されており未来は大幅に変わってしまう。当初の計画を知っていれば当然計画は変更される事が当然だとしても10歳の子供にここまでできるとは思えず新 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日ドラマ「テセウスの船」第7話を視聴した。 今回はみきおが犯人だと知って事件2日前にタイムスリップした心はそこで録音したはずの録音レコーダーをみきおに奪われている事を知り焦りが募る。 文吾には未来で起きた事を伝えたがその事件が信じられない様子だった。そんな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日ドラマ「テセウスの船」第6話を視聴した。 今回は松尾紀子が木村さつきに殺された。その木村さつきから脅されていた鈴は木村さつきがどうして鈴を脅したのか?犯人が別にいるなら普通そんな事をしないのに犯人は木村さつきではないかと木村さつきの下へ向かうも木村さつ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
16日ドラマ「テセウスの船」第5話を視聴した。 今回は由紀の訴えにより事件は大きく動き始めた。心に下に当時犯人を観たという人物が名乗り出た事で文吾の無実を証明する手掛かりになる事は確かだった。しかしそれを阻止しようと木村さつきが鈴を脅し心の行動を探るように脅 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
9日ドラマ「テセウスの船」第4話を視聴した。 今回は現代に戻った心だったが、母和子、兄慎吾は既に亡くなっており、姉の鈴は整形して別人になっていた。そして亡くなったはずの由紀は心とは出会っておらずバリバリの記者として事件を追っていた。 そんな心は現代の佐野と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
2日ドラマ「テセウスの船」第3話を視聴した。 今回は事件のノートと免許証を投げ捨てて金丸に捕まった心だったが、ほどなく釈放される。しかし心が捕まった事で文吾たちは心を匿っていると村人たちから苦情を受ける事になる。 そんな中で心は文吾に未来に起きる事と心が文 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
26日ドラマ「テセウスの船」第2話を視聴した。 今回は未来を変えるために動き始めた心は音臼小学校の臨時教員として働き出した。 しかしこの村の部外者の為に心が1番疑われる事になる。そんな中で火事が起きる記事を元に家事を防ごうと動く心だったが、その前に本来翌日 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1月19日スタートのドラマ「テセウスの船」を視聴した。 このドラマは31年前に父親が大量殺人を犯した事を抱えて生きてきたまだ生まれていなかった息子が父親の真実を知ろうと調べ始めた事で31年前にタイムスリップして当時の時間から事件を追っていくストーリーである。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「青空エール」は甲子園の応援に憧れて吹奏楽部に入部した初心者の女子高生が思いを寄せる野球部の青年を応援し気持ちの大切さを伝える応援ストーリーである。誰かのためにエールを送るという意味をうまく表現しており、改めて応援するという意味を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」最終話は陽三の末期がんで残された時間をどう過ごすのかを考えさせられていた大介だったが、その中で大介は葉菜子にどうすればよいのか相談していた。そんな中陽三は大介の気持ちを察し葉菜子と一緒になる事が1番だとこのチャンスを逃すなと言って静かに息を引き取った。その後陽三の葬儀を行う中でこれまでの出来事を振り返りながら最後の挨拶で大介は葉菜子に陽三から言われた言葉を思い出し陽三に教えられた家族ノカタチを葉菜子に伝えて大介は葉菜子との家族ノカタチを作っていく事を決めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第9話は突然末期がんと大介に告げた陽三に対して大介は返す言葉がなかった。そしてその場で聞いていたみんなも言葉を失い、恵はようやく一緒に暮らせるという矢先に動揺を隠せない。それを聞かされた葉菜子もまた大介と同じ気持ちになる。普段ミスをしない葉菜子が珍しくミスをしている姿に驚いた和弥は葉菜子が大介に思いを寄せている事をさりげなく告げると葉菜子は否定したが、言われて初めて大介を意識していたのだと感じる。そして大介もまたこの状況をどう向き合えばよいのかわからず葉菜子に相談したがその日を迎えるまで色々できる事をしていくしかないと結論を出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第8話は恵が看護学校の試験に挑み念願の合格を果たした。そんな恵を祝おうと話が持たれるが、そんな中で葉菜子がどうして離婚したのかの経緯も律子に話す時が来た。果たした瞬間律子はどうして葉菜子が妊娠しにくい体になった事を話さなかったのか?を律子は理解し葉菜子を抱きしめた。一方大介は莉奈から告白を受けてその返事を返すためにデートをするが、大介の返事は結婚できないだった。一方恵の合格祝いの場で陽三から大介に余命数か月と聞かされ大介は心の中で動揺するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第7話は大介の前に突然恵が浩太を連れて何処かへと行ってしまった。佐々木の婚活詐欺の件があった大介にとって他人ごとでなく陽三を問い質す。しかしなかなか口を割らない。一方葉菜子は仕事のトラブルの為大切なプレゼンを莉奈に託さざる得なかったが和弥の助けを得てトラブルに奔走する。そんな中で大介は恵を呼び出して陽三と事の経緯を聞き出すと、恵は看護師になるために試験勉強をしていた。そのため一時的に試験勉強のために別居する事にしていたのだった。そして陽三と恵の結婚の経緯を知った大介はこれが騙されていないか試験会場まで確認に行くが恵は試験を受けに行った事を確認する。一方葉菜子はトラブル解決して日本に戻るが、高熱で入院する事になる。そこで律子にどうして再婚しないのか?と理由を問われるが大介も事情を知っており話したらショックを受ける事を知っていて何も言えないシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第6話は葉菜子に子供を産みづらい体だと告げられた大介はこれまで軽い気持ちで話してきた言葉を振り返り言葉を掛ける事ができない。そんな中で莉奈が積極的にアピールしてくるけれど1人になりたいと相手にしない。そんな中で佐々木が婚活パーティーで詐欺に引っかかり同僚が心配する。一方大介は美佳に葉菜子の行動について相談すると大介に話を聞いてほしいという事を告げられ、大介も葉菜子の話を聞くように心がけよう。そんな中陽三が詐欺にあっているのではないかと疑うシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第4話は元旦那の和弥から電話が掛かってきて再婚したいと申し出るも葉菜子はそれを拒否する。一方大介は相変わらず陽三の行動にイライラの毎日だ。そんな中同僚の入江が結婚していた事が発覚する。その理由を聞くときっかけが犬だったという事で若かった事もあり籍しか入れず式を挙げていない。それを知った陽三が結婚式を挙げようと提案し流れで決まってしまう。大介は和弥が待ち伏せしてでも葉菜子に会いたいという事でたまたま通った大介と口論となり警察に連行される。そして葉菜子が事情説明してその後3人で食事をする事となり、そこで和弥がクレーマーハナコだと知り、それでお店の店員に責められるが、そこで大介がクレームする理由この店が好きだからという理由付けをして葉菜子を庇った。そして大介がマンションに戻ると莉奈が待ち構えていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第3話は大介は浩太を学校へ通わすと宣言し色々手続きしようとするがこれまで経験がなく、同僚の佐々木に頼んで転校の手続き書類を取り揃えてもらう。そんな中で葉菜子を交えた合コンを頼まれる。一方葉菜子も莉奈から合コンを頼まれ利害関係が一致して合コンを行うことになる。一方葉菜子は離婚した元旦那の和弥を避けるが、母親律子のお節介で会わなければならなくなる。そんな最中再び陽三がボヤ騒ぎを起こして大介の怒りは頂点に達する。そんな中陽三から亡くなった母親の手紙を渡されてこんな父親でも愛していた事を知り、大介は陽三が全く準備しなかった学校道具を準備して浩太が学校へ通学したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」第2話は陽三と同居することになった大介はようやく手にしたはずのマンションでの1人暮らしが崩れた事にイライラが募っていた。そんな中で陽三は葉菜子の母律子と意気投合して料理を捌くなど手伝ったりする事になる。そんな中再婚相手の恵の息子浩太を引き取りたいと恵の兄・岩淵が申し出てきたことで年金暮らしの陽三には難しいという事で1度は了承するも、引き取る時に施設に入れるという事を告げられ動揺する大介はそれを見ていた葉菜子にこの件で口論となり、一発殴られてしまいそれで大介は思い直し浩太を学校へ通わせるという事を言って再び引き取ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家族ノカタチ」は39歳の独身男と32歳のバツイチ女がそれぞれの立場から家族のかたちを見つけていくストーリーである。1人でいたい男と女にとって家族とはどういうかたちになるのかそれぞれの本音を聞きながら見ていくことになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「陽だまりの彼女」は中学生時代の同級生と偶然再会した2人が意気投合して直後に結婚するも、その直後2人には思いもよらぬ結末を迎える事になるストーリーである。偶然の再開が時として2人を結びつけるがこのストーリーの結末はあまりにも奇想天外な結末に人生何処に運命が転がっているかわからないものだと知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆最終話は家康の死去で秀忠はこれまで以上に徳川幕府の基礎を固めるために数々の国替えやお取り潰しなどで徳川の力を示し、朝廷との繋がりも強める。そんな中で江は秀忠に隠し子がいる事を知り動揺するが、初らの言葉から江は隠し子である保科正之と面会する。それに驚いた秀忠だったが、江はこれから離れ離れに暮らさないために大奥を創設し、その取り仕切りを福に任せる。そして元服した家光に家督を譲り、江は秀忠とこれまでの事を振り返りながら静かに激動の人生の生涯を終えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第45話は竹千代が化粧をしていた事を秀忠と江は竹千代に問うが竹千代は答えなかった。一方駿府の家康の容態が良くないと知り駿府へ向かった秀忠はそこでこれまで話せなかった事を腹を割って話し始める。後日江も合流しこれまでの事を詫び、これまでの生涯を振り返り、家康は秀忠と江に徳川のこれからを託して逝った。江戸に戻った秀忠と江は再び竹千代と腹を割って話しはじめ竹千代は戦のない世を江が望んでいる事でもありますと答え、福から竹千代が化粧をしたのは江が恋しかった事を知り、それを知った江は竹千代を抱きしめたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第44話は大坂夏の陣を終えてようやく徳川の世になったものの、それを聞いた江は喉が通らないほど落ち込んでいた。そんな中竹千代が福と共に勝利の宴を模様していた。それを見た江は誰を討ったのか解るか?と問い、それを咎めた福を江は打った。一方千は初についていたものの、秀忠の決断を恨み、秀忠もまたそれを受け入れる覚悟はできていた。そんな中で秀忠は江戸に戻り、江に自らの覚悟とこれで終わりにしたいという気持ちを告げる。武家諸法度を交付した秀忠はこれにより戦いのない世へ導こうとした。一方江は千と再会し心の傷を慰め合ったが、世継ぎの問題で竹千代との思いが届かぬシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第43話は大坂冬の陣で和議を結び大坂城を裸同然にした家康は豊臣家を滅亡させるために更なる条件を提示する。国替えに応じるか?それとも浪人を追い払うか?淀はどちらも飲まないとなり、再び大坂夏の陣が始まった。裸同然の城で籠城しても勝ち目がない豊臣軍は幸村軍の捨て身の攻撃の玉砕しいよいよ追い詰められた淀と秀頼はここで自害して果てる事を選び、初と千を秀忠のところへ返し、それを見届けた秀忠は自ら苦渋の決断を下し大坂城に火を放ち、鉄砲を淀と秀頼に向けて豊臣家は滅亡したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第42話は家康は豊臣を滅ぼすためについに大坂冬の陣を始めた。徳川20万に対して豊臣12万で最初こそ押したものの、真田幸村が構えた真田丸の前に尽く跳ね返され大坂城の攻略に手間取る。そして家康は恐怖心を与えるために大砲を放ち大坂城へ打ち込み、これには淀もさすがに和睦を受け入れるしかなく受け入れた。しかし家康はそれを良い事に全ての堀を埋めてしまい、秀忠は危険を顧みず秀頼を説得するが、秀頼はこの戦いで死に場所はここだと悟ったと秀忠に伝え、秀頼は秀忠の忠告を断り大坂城で最後の戦いを挑む事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第41話は家康は豊臣を滅ぼすために色々な難癖を探そうとしていた。そんな中江は竹千代が威張り散らしている事に対して福と対立する。秀忠は秀頼と太平の世を作るために奔走するが、それを家康が全て潰し続ける。そして淀は幾度なく妨害してくる家康に対してついに我慢ならなくなり、秀頼の和平へという意向も淀の怒りを鎮める事ができずついに大坂冬の陣が始まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第40話は竹千代と国松はそれぞれ育つものの、竹千代は江になつかず、国松は江の元ですくすくと育っていた。そんな中で城内から世継ぎは国松にという声が聞こえ始め、それに危機感を抱いた福が伊勢神社へ行くと嘘をつき駿河へ向かい、そこでこの事を家康に伝え世継ぎを確り定めてほしいと直訴する。そして久しぶりに江戸へ赴いた家康はそこで世継ぎは竹千代と定めた事で江はまたも家康の意のままという不満を抱える事となった。そんな中千は今だに豊臣家の中で孤独を抱えていたが、秀頼の計らいで正式に秀頼の妻となった。そんな中で大姥局が病に倒れ、秀忠に最後の頼みとして家康と腹を割って話すようにお願いし家康と秀忠はそれぞれ腹を割って話し、家康は徳川と豊臣は並び立たないという事を告げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第39話は2代将軍となった秀忠に2人目の男の子が誕生し国松を江は溺愛する。それを見た竹千代はどこか寂しい気持ちになる。そんな中初の夫高次が病死して常高院となり、江と淀の橋渡し役となるために大坂城に入る。そんな中家康は秀頼に京へ上洛するように促し淀は止めるが、秀頼は自らの意志で家康と面会し、これまでの事を家康に詫びて、これからも両家が太平の世を築く事を宣言するが、これに家康は脅威に感じついに大坂の陣へ突き進んでいくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第38話は江に竹千代が誕生し喜ぶも、家康が自ら選んだ乳母の福(のちの春日局)が竹千代を育てる事となり、江は竹千代を育てられない不満を抱える。その頃京では秀吉を祭る祭りが盛大に行われた。そんな中秀忠の2代将軍就任を家康に打診されるが、1度断るも、江に秀忠を2代将軍になるよう説得し、江の説得で秀忠は2代将軍となるが、これで淀が激怒し、江は福に秀吉の敵!家康の命にしか従わないと言い放たれるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ