オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:伊藤淳史

5
5月1日公開の映画「映画 ビリギャル」 を鑑賞した。

この映画は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

の実話を映画化した作品で高校2年時に偏差値30で学年ビリだったギャルが

わずか1年で偏差値を40以上上げて慶應大学に合格するストーリーである。

実際にあった話しなのでどうしてそれが可能だったのかを

確り認識しながら物事には現実無くして夢はない事語っていきたい。
続きを読む

5
3月23日公開の映画「ボクたちの交換日記」 を鑑賞した。

この映画は鈴木おさむ原作「芸人交換日記〜イエローハーツの物語〜」を映画化した作品で、

結成から12年目を迎える30歳目前のコンビが交換日記を通じて

本音をぶつけ合いラストチャンスのお笑い大会に出場するが

夢は叶わず解散してしまうストーリーである。

色々な夢を追いかけられる年代はあるものだけれど、

多くの人は夢を断念して別の道を歩んでいくが、

成功した者と夢を断念した者の視点を上手く描かれているだけに

その結末を見た時には二人の想いに涙する事だろう。
続きを読む

5
9月7日公開の映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」を鑑賞した。

この映画は1997年1月に放送された踊る大捜査線の劇場版ラスト作品で

湾岸署管内で殺人事件が発生し、

その殺人に使われた拳銃が警察内部で押収されていた拳銃だった事で

警察内部で隠ぺいを図ろうとするが、

それに気づいた青島が事件の真相を調べようとするが、

警察から辞表勧告を受けて警察官を追われそうになりながらも

自らの正義を信じて事件を解決に挑むストーリーである。

踊るシリーズラストを飾る最後の事件は青島が自らの正義を信じて行動し、

そしてその魂は事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!

という原点にあり、本当に正さなければならないものを正そうとしていく姿を観る事になるだろう。
続きを読む

5
4月7日公開の映画「劇場版 SPEC〜天〜」を鑑賞した。

この映画は2010年10月に放送されたドラマSPECの劇場版で

超人的な能力を持つスペックホルダーと呼ばれる者たちが暴走し

解析不可能な難事件に立ち向かう警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策の2人の刑事が

事件解決するために奔走するストーリーである。

改名不可能な能力を持った者たちば暴走した時

それを止めるために立ちはだかる2人の刑事はスペックホルダーに勝つ事ができるのだろうか?続きを読む

5
3日公開の映画「歓喜の歌」を鑑賞した。

この映画は12月30日とあるみたま町を

舞台に文化会館のコンサート予約で

ブッキングした女性コーラスグループ2組と

不手際を犯した文化会館の支配人が

大晦日までに繰り広げられるドタバタ振りと

コンサートまでを描いたストーリーである。

内容は不手際から始まった

奇跡の大晦日というのが流れだが、

そこまで辿り着くまでのそれぞれの思惑と

人々の流れは手汗握る展開となっている。続きを読む

↑このページのトップヘ