オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:剛力彩芽

5
1月18日公開の映画「黒執事」を鑑賞した。

この映画は枢やなによる日本の漫画を実写化した作品で、

東西に別れた世界で西側から送り込まれた貴族が

そこで起きる奇怪な事件を執事と共に追っていく中で

その家で起きた悲劇を知るストーリーである。

完璧な執事による完璧で計算されたアクションは最後まで魅了するだろうし、

この事件の先に観る悲劇はこのストーリーの最大の山場である。
続きを読む

5
11月9日公開の映画「清須会議」を鑑賞した。

この映画は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、

羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と

今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた

清州会議が舞台のストーリーである。

織田信長の後継者として羽柴秀吉が選ばれるまでの

駆け引きはまさに戦模様である事を見届けるだろう。
続きを読む

3
8月24日公開の映画「ガッチャマン」を鑑賞した。

この映画は1972年〜1974年に放送された

科学忍者隊ガッチャマンの実写版で

謎の侵略者にわずか17日間で世界の半分を壊滅状態に追い込まれた人類は

最後の望みとして不思議な石の適合者を集めて

世界から集められた適合者を兵器として養成して

ガッチャマンとして謎の侵略者と戦うストーリーである。

ガッチャマンを知る世代となると今の40代以上になるのだろうけれど、

知らない世代から観るとストーリーの内容もそうだけれど

どういう視点で観て良いのか少し困惑するかもしれない。
続きを読む

3
14日大河ドラマ「八重の桜」第28話を視聴した。

今回は籠城戦を続ける中で竹子らの戦死を八重らは知りショックを受けるが

ショックを受けている暇はなかった。

新政府軍は小田山から砲撃を受けるようになって防戦一方となったからだった。

しかしその砲弾に向けて八重の発案で狙い撃ちするも

逆にそれ以上の砲弾が降り注いできた。

しかもその間に銃弾が底をつきかけていたが、

八重の発案で相手が撃ってきた銃弾を拾って再度製造して対抗した。

そして八重は敵が撃ってきた砲弾を濡れた着物で爆発を未然に防ぐ命がけの行動で皆を救う。

そして女たちはその行動で何とか籠城戦を戦い続けていた。

一度は小田山を取り戻そうとしたが兵力の差は大きく取り返せず

さらに砲弾が降り続きその中で八重が決死の覚悟で

爆発を止めた爆弾の1つが防ぎ切れずに死者を出してしまったシーンがメインだった。

続きを読む

3
7日大河ドラマ「八重の桜」第27話を視聴した。

今回は籠城戦に突入した会津軍は新政府軍の激しい攻撃の前に

次第に追い詰められていった。

城に入場できなかった中野竹子らは新政府軍の包囲網を突破して

入城を試みるも新政府軍の銃弾に中野竹子は撃たれ、

神保雪もまた新政府軍に捕まり自害するのだった。

そんな中山川大蔵率いる隊が彼岸獅子を利用して

新政府軍を欺き入城を果たしたシーンがメインだった。
続きを読む

3
30日大河ドラマ「八重の桜」第26話を視聴した。

今回はついに新政府軍の鶴ヶ城攻撃が始まった。

攻撃が始まる前に入城した八重は自ら名乗り出て鉄砲隊の指揮を任せられる事となる。

一方入場できなかったユキらは村へ逃げる事を決意する。

その一方で2つの悲劇があった。

1つは西郷頼母の妻・千恵たちは自刃の道を選び

それを見た板垣らは会津の覚悟を痛感する。

一方白虎隊は鶴ヶ城に戻る事ができず同じ死ぬならと

自刃の道の道を選び1人を残して全員自刃した。

一方籠城した八重は見事な鉄砲隊の指揮で新政府軍は思わぬ苦戦を強いられる。

そして八重は夜襲を掛けるために時尾から髪を切ってもらい夜襲に向かうシーンがメインだった。
続きを読む

3
23日大河ドラマ「八重の桜」第25話を視聴した。

今回はついに二本松を落とされた会津は会津領内への侵入を防ぐべく

峠を封鎖するが手薄になった峠を突破され猪苗代城へ引き返した。

しかし猪苗代城もあっけなく陥落しついに鶴ヶ城城内へ目前と迫っている中で

竹子達中心の薙刀隊が結成されるも八重はこれでは戦えないと別行動を取る。

そして八重も戦場で戦いたいと申し出るも権八にダメだと止められる。

会津も城内への侵入を食い止めようとするが手勢が足りず

ついに十六橋を突破された事で籠城戦が避けられない事になった

八重は三郎の軍服を着て登場するシーンがメインだった。
続きを読む

3
16日大河ドラマ「八重の桜」第24話を視聴した。

今回は白河を落とされた会津は次第に追い込まれていく。

落とされないために二本松に兵を動かそうとするが、

その前に秋田藩が降伏して兵をさらに分散しなければならなくなった。

そのため本来は予備隊だった少年兵も借り出さなければならないほどだった。

この状況に頼母は自らの首と引き換えに停戦を申し出るも

容保は良しとせず頼母は総督の任を解かれた。

八重も迫っている状況に銃の整備と球の製造を急ぐが

金を使い果たした状況の財政ではできる事が限られていた。

しかし二本松は奮戦空しく少年兵も犠牲になり陥落し、

長岡も陥落した事でいよいよ戦場は会津に向かう事になったシーンがメインだった。
続きを読む

3
9日大河ドラマ「八重の桜」第23話を視聴した。

今回は奥羽討伐を進める新政府軍は仙台藩に会津討伐を命じる。

しかし仙台藩は条件が容保の首という事に難色を示し奥羽諸藩と会合を持つ。

そしてそこで出された結論が会津を救済するという事だった。

それにより長岡藩など越後5藩も含めて奥羽越列藩同盟を結成する。

そして25藩による嘆願書は世良修蔵に破棄されてしまい、

これに怒った仙台・米沢藩は世良修蔵を暗殺し

これにより会津藩は戦闘を回避できなくなり

白河で新政府軍と戦闘になるも火器で勝る新政府軍に成す術もなく撤退する。

それにより八重も負傷者の手当てをする事となり

八重はそれを見て会津も戦が近づいている事を察したシーンがメインだった。
続きを読む

3
19日大河ドラマ「八重の桜」第20話を視聴した。

今回は薩摩に京都を終われた旧幕府軍は大坂城に集結した。

会津は慶喜に従い大坂に下るが、

薩摩は旧幕府軍が仕掛けてくるように江戸で刺客を送り、

江戸から火種を出そうと模索していた。

一方会津では戦に備えて八重らが準備に追われていた。

そんな中江戸で戦が始まり旧幕府軍はついに薩摩との戦になるも

鳥羽、伏見の戦いで旧幕府軍は装備が違う薩摩に圧倒され敗北を屈し

覚馬は薩摩に捕まってしまうシーンがメインだった。
続きを読む

3
28日大河ドラマ「八重の桜」第17話を視聴した。

今回は孝明天皇が崩御された事によって容保は

会津への帰国する事ができなくなってしまった。

その頃覚馬は長崎で最新の銃の調達をするために訪れていたが、

そこで覚馬は失明の宣告を受けてしまう。

しかし覚馬は見える間に最新の技術などを長崎で学び、

商談も成功し最新のスペンサー銃をプレゼントされた。

そしてそのスペンサー銃は八重に託されたシーンがメインだった。
続きを読む

3
21日大河ドラマ「八重の桜」第16話を視聴した。

今回は会津が大火になって行方不明になったみねは

奥の部屋に隠れているのが見つかり事なきを得た。

そんな会津に中野竹子という強い女が現れ八重も一捻りにされてしまった。

一方京都では勝海舟が長州との戦さをする意味はないと覚馬らに説いていたが、

慶喜の裏切りで春嶽は慶喜の元から去り、容保にはこれまで通り京都に残るように告げられる。

しかし容保の決意を固く孝明天皇も容保の意思を尊重して

京都守護職を降りる事で合意したが

その8日後に孝明天皇が崩御するシーンがメインだった。
続きを読む

3
14日大河ドラマ「八重の桜」第15話を視聴した。

今回は薩摩と長州は龍馬の仲介によりこれまで対立してきた事を改めて

密約を交わして共闘する事を密約した。

それを知らずに長州征伐に出た幕府軍は長州軍にまさかの敗戦を屈している中で

将軍家茂が死去して慶喜がその役目を担う事になったが

今度は慶喜が長州との休戦調停に入る事態に容保は裏切られた気持ちとなった。

一方会津では八重がうらが娘のみねに厳しく当たっている姿を危惧していた。

そんな中会津で火災が発生しみねが行方不明になるシーンがメインだった。
続きを読む

3
7日大河ドラマ「八重の桜」第14話を視聴した。

今回は八重は頼母の家から秋月に連れられて嫁入りした。

見違えるような美しさを見せた八重に周りは目を奪われるのだった。

一方京都では将軍家茂の上洛により幕府が長州を打たんとしていた。

覚馬はそんな中で後に失明すると宣告され絶望に駆られる。

一方尚之助と結婚した八重は尚之助を旦那様と呼ぶように

権八に告げられるも尚之助は八重に八重は八重のままで良いと

これまで通りの関係を求めるのだった。

そして京都では長州討伐に向けて動き出す事が決議され、

会津はその中でさらに板挟みをされてしまうシーンがメインだった。
続きを読む

3
31日大河ドラマ「八重の桜」第13話を視聴した。

今回は八重が尚之助から求婚を申し入れられ1度は断るも

尚之助の説得で八重は尚之助の求婚を承諾した。

一方長州攻めが議論されていた京都では勝と西郷の面会で

西郷が考えを改めて長州攻めは何の得もないと説き伏せて長州攻めは中止となった。

その頃覚馬は目に異常を感じるようになる。

八重の嫁入りで嫁入り先が実家という事でどこから嫁入りさせるか?

という事になったがそれを聞いた頼母は家から嫁入りさせるという思案を思い付き、

八重は頼母の家から嫁入りしたシーンがメインだった。
続きを読む

3
25日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」最終話を視聴した。

今回は栞子の母智恵子が金庫のカギを見つけて

一歩先を越された栞子は智恵子に食い下がる。

しかし智恵子は金庫の中身だけにしか興味を持たず、

その金庫の中身と引き換えに江戸川乱歩の書籍を

全て譲るという交渉を持ちかけてきたが、

栞子は金庫の中身は身内のものですと譲らない。

そんな中で栞子は大輔と共に金庫を開けるヒントを探すと

その中には通常有り得ない仕掛けがある事に気づいた栞子は

その暗号から金庫の扉のカギを見つけて見事に

金庫を開けたがその中には幻の江戸川乱歩の幻の原稿が入っていたが、

その原稿は偽物だった。

しかし母智恵子はその原稿の一部が偽物で他は本物だったと栞子に告げると、

この事は読んでいたと言われて栞子は母に及ばない事を悟るも、

智恵子は10年間失踪したのはある本を探すために家を出て行った

と告げて再びその場を去りビブリア古書堂は栞子が

何時ものように店主として大輔に本の話をするシーンがメインだった。
続きを読む

3
18日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第10話を視聴した。

今回は栞子が古書に関する特別な相談があるという連絡を受けて

大輔と共にある洋館を訪れる。

その洋館には江戸川乱歩の古書コレクションで埋め尽くされていた。

そのコレクションをある条件が解決されれば、「ビブリア古書堂」に売ってもよいと言う。

その条件とは、洋館にある巨大な金庫の暗号を解くことだった。

鍵、四桁のダイヤル番号、暗証番号の3つだと話し、

その3つの手がかりを探そうとヒトリ書房にヒントのカギを探しに向かう。

しかしヒトリ書房の井上太一郎は知らないと話すもそこにいた店員の反応だけは変わった。

そしてその後店員は井上太一郎の話しを聞いて洋館へ向かうと

栞子たちもそこである隠し場所を目撃して

その真相を解くと井上太一郎はかつてこの洋館の持ち主にある条件で繋がっていたと告白し、

そしてそこに金庫のカギがあるという事で調べると金庫のカギはそこになかった。

栞子はその金庫のカギを盗んだのは自分の母だと告げたシーンがメインだった。
続きを読む

3
17日大河ドラマ「八重の桜」第11話を視聴した。

今回は会津が長州軍の標的となり、

それに加担した佐久間象山が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺されてしまう。

一方会津では三郎が都への部隊に志願するも権八からの許しが得られない。

それを見た八重は三郎から少しでも変えていかなければならない

という言葉を聞いて覚馬と同じ道を辿ろうとした。

それに権八から認められる。

一方京都では会津藩を標的にした長州軍の都総攻撃が迫っていた。

それに朝廷は長州を討て!

という勅命を下して会津は長州との戦さになるシーンがメインだった。
続きを読む

3
11日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第9話を視聴した。

今回は大輔が元恋人と再会し、

その以来で元恋人が昔読んでいた絵本を探してほしいという依頼を受ける。

しかしその絵本の題名を思い出せず栞子も心当たりがないため絵本探しは難航する。

そんな中元恋人の母親が家の物を処分するという連絡を受けて

栞子たちは元恋人の家で手がかりを探すが

本を買い取りに出すという事だけで一向に絵本が見つからない。

そんな中栞子はその時もらったメモの中から絵本の手がかりを発見し、

そしてその絵本はある有名な映画の原作だった。

その原作を探していた理由が自身の妊娠であり、

そしてそれに気づいた母親が長年積み重なっていたわだかまりを解く

カギだったシーンがメインだった。
続きを読む

3
10日大河ドラマ「八重の桜」第10話を視聴した。

今回は八重は時尾と最後のナギガタ稽古に励んできた。

その中で八重に縁談が持ち込まれるも結局破談となり八重に縁が無い。

しかし尚之助と共に新式洋銃を開発する事で次第に2人の距離が縮まっていく。

一方京都では長州藩が都に火を放つという情報を入手した容保は

速やかに各藩に対して動くように命じたが、

それより早く新選組が池田屋に切り込み長州藩の藩士を切り殺してしまった。

これにより会津は長州から敵とされ京都は戦になろうとしていたシーンがメインだった。
続きを読む

3
4日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第8話を視聴した。

今回は栞子が親の代から付き合いのある滝野蓮杖がやってくる。

栞子は時々滝野蓮杖に相談をしていた。

そんな栞子は古書店同士の売買会「古書交換会」に大輔も出席してほしいと頼まれた。

大輔にとって古書交換会は初めてだったが殆どは

顔なじみの交換会という事で大輔は珍しがられた。

しかしそこで栞子が落札しようとした本は残念ながらライバル古書店に落札されたしまった。

しかし後日ビブリア古書堂にライバル古書店からたんぽぽ娘を盗んだのはお前だろう!

と突然怒鳴り込んできた。

心当たりのない栞子は動揺するが、

大輔が何とか嘘で乗り切りその場を凌ぐも犯人捜しをする事となり、

犯人捜しをするが一向に心当たりがない。

そんな中栞子はあるトリックに気づき、

そのトリックで犯人がビブリア古書堂にいた人物だと特定し、

その人物を呼び寄せて犯人はこの人です!

とライバル古書店の店主に告げて、無事タンポポ娘は戻り、

そして栞子たちの無実が晴れたシーンがメインだった。
続きを読む

3
3日大河ドラマ「八重の桜」第9話を視聴した。

今回は今日との警備に当たる秋月と覚馬に薩摩からの密使が送り込まれた。

会津は薩摩と組んで長州を都から排除する企てを持ちかけられた。

一方で八重は照姫の右筆選びの有力候補になるも時尾が選ばれる。

一方京都では会津が朝廷の勅書により三条実美らを排除するように命じられた

容保は京都御所に入り長州と三条実美の排除に成功し

会津は京都の警備に新選組という名を与えるシーンがメインだった。
続きを読む

3
25日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第7話を視聴した。

今回は栞子が笠井に追い詰められたが、直前で大輔が駆けつけて、

栞子は晩年をライターで焼いて笠井は呆然と倒れ込んで事件は解決した。

しかしこのトリックは事前に栞子が犯人の笠井をおびき寄せるために仕組んだ事でもあり、

大輔も欺いた行為だった。

これには大輔が本を読めないというたかが本という言葉に集約されていた。

それを言われた大輔は本の価値を全く考えていなかった自分を痛感するのだった。

その直後ビブリア古書堂に買い取り希望の男性がやってくるも

買い取りを希望した本をそのままにして戻って来なかった。

その持ち主を捜しに向かった栞子は持ち主の居場所を突き止めてしまうのだった。

そしてそこで男性は過去に栞子の母親の時も

その事が会った事を語り善意の第3者になった事を告げられた。

それが栞子にとって母親との確執でもあり、

母親がやった行為を大輔は知ったシーンがメインだった。
続きを読む

3
18日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第6話を視聴した。

今回は栞子が何者かに突き落とされた。

幸い命を落とす事はなかったが以前から栞子の周りには

ストーカーや脅迫メールが届いていた。

犯人捜しを始めた大輔だったがそこで浮上したのが藤波が救急車を呼んだ事だった。

調べ始めるもその直前にビブリア古書堂でボヤ騒ぎがあり、

その犯人を調べると以前奈緒を振った男だと判明する。

しかし栞子が大輔に託した犯人像は別にいた。

それに気づいた大輔だったが

その犯人は大輔を振り切り栞子を襲いに向かったシーンがメインだった。
続きを読む

3
11日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第5話を視聴した。

今回は書籍を寄贈するため聖桜女学館を訪ねた栞子は

そこで数冊が「中学生には不適切」という理由で返却されてしまう。

その直後奈緒の妹結衣が万引きをして停学になった事を知り、

それが原因で聖桜女学館は書籍を受け取らなかったようだ。

その事を受けて結衣がどうして万引きをしたのか探る事にしたが、

どういう訳か辻褄が合わない。

そこで色々調べると実は結衣は万引きをしておらず、

実はある書籍の感想文を盗作していた事を栞子に見破られる。

実はその盗作された感想文は栞子自身のものだったシーンがメインだった。
続きを読む

3
4日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話を視聴した。

今回は栞子が本の買い取りの為に大輔と共に宅買いに行く事となった。

依頼人は3か月前に父親が他界しその蔵書の処分をしたいというのもだった。

そこで栞子の探偵ぶりを噂で聞いていた依頼人が栞子に盗まれた

古書宮沢賢治の『春と修羅』の初版本を取り戻して欲しいと依頼してくる。

それを聞き早速話しを聞くもどうも腑に落ちない。

その古書宮沢賢治の『春と修羅』の初版本は状態が

悪く状態の悪い本が無くなっていたからだ。

その頃志田が酔って大量の古書を間違って1000円で売ってしまったという。

それも調べ始めると依頼人に辿り着いた。

そしてそこで栞子がその著書を見つけてこの事件の謎が解け始め、

この古書を本当に譲るべき人は息子さんだと栞子が言い出し、

そこで見事な推理力で依頼人を納得させたシーンがメインだった。
続きを読む

3
28日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第3話を視聴した。

今回は近くで刑務所から脱走した脱走犯が徘徊している

という情報を聞いていた栞子たちの前に1人の男が現れた。

その男は慌ただしい手つきで論理学入門という本を売りに来た。

すぐに査定しようとしたが明日の4時に来ると言ってその場を立ち去った。

その本には刑務所の番号とその借主の名前が記載されていた。

大輔たちは脱走犯じゃないか?と疑うが、栞子は脱走犯じゃないと推理する。

その翌日その男の妻が訪れ、

本を返してほしいと大輔は止める事ができず持ち出されてしまい、

栞子はそれが妻でも本人に返すべきだと返してもらおうと妻と名乗る女性の元に向かい、

そこでその妻が色々と話しだし、その妻の話から男はある事を隠していると推理し、

翌日男が現れ、そこで栞子はその男にあなたは目が見えませんね?

と尋ね男はそれを認め、本を売ろうとした理由が本が読めなくなった為だとわかり、

妻はそれを受け入れて本を売らなかったシーンがメインだった。
続きを読む

3
21日ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話を視聴した。

今回は栞子はせどり屋の志田を大輔に紹介した。

そんな紹介を飛び越えて志田は落穂拾ひを盗まれた時の経緯を話し始める。

志田の話だと少女が突然自転車にぶつかってきてその時に盗まれたらしいという事だった。

検証していると笠井が当時の状況をさらに大輔に説明するもどうしても状況が掴めない。

そんな中栞子はバス停に高校生が居ませんでしたか?と問われ、

思い出した大輔はその高校生に合うとその少女は小菅奈緒という高校生だった。

高校生の話では誕生日プレゼントを渡す予定だったらしいが

高校生がお前になんか貰いたくないよバカ!と言って断ったという事だった。

それを聞いた栞子はどうして落穂拾ひじゃなければならなかったのかを

推理し出して誕生日プレゼントの紐を結ぶためには使ったと推理した。

そして奈緒を呼び出し事情を突き詰めると栞子の推理通り

誕生日プレゼントの飾りを結び直すためだった。

そして志田に落穂拾ひを返すが失恋した辛さを打ち明け

この事件は解決したシーンがメインだった。

続きを読む

3
14日スタートのドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」を視聴した。

このドラマは三上延さん原作のビブリア古書堂の事件手帖シリーズをドラマ化した作品で

美しき古都・鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台に古書にまつわる謎、

秘密を解き明かし、時を超え人と人との絆を紡いでいくヒューマンミステリードラマである。

原作のイメージを強く持っている人にとっては

どうしても違和感を持つ人もいるかもしれないが

ここはそのイメージをクリアして1つのドラマとして視聴したいところだ。

続きを読む

3
19日ドラマ「私が恋愛できない理由」最終話を視聴した。

今回は恵美は優とアメリカへ行く事を決意し優に伝えようとしたら

ひかりが一緒にアメリカへ行きたいと訴えたが優は亮一と結婚した方が良いとひかりを説得する。

それを見た恵美は気持ちを伝えようか迷う。

一方咲は美鈴に拓海の事が好きだと告げるが、

美鈴もその気持ちう受けつつやはり拓海が必要と咲に伝え、咲は拓海を諦める事を決める。

一方真子はアルバイトを続けるレストランの正社員にならないかと誘われる。

その誘いに真子は本当にやりたい事を見つける。

そして咲も念願の出版社に勤務する事が決まり、

恵美もやはり思い直した末にやりたい事を見つけて優にアメリカへ行けないと断る。

そして3人は同居を解消しそれぞれの道を歩み出したシーンがメインだった。続きを読む

↑このページのトップヘ