オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:小日向文世

5
7月26日公開の映画「アルキメデスの大戦」を観賞した。 この映画は戦艦大和の建造を阻止したい山本五十六たちが戦艦大和の建造の見積りに違和感を感じてその見積り根拠を見破る為に天才数学者を引き入れて戦艦大和建造を阻止しようとするストーリーである。 戦艦大和の建造 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1月18日公開の映画「マスカレード・ホテル」を観賞した。 この映画は東野圭吾原作の長編ミステリーを映画化した作品でホテルに殺人予告を受けた事により潜入捜査をする事になった刑事がホテルのフロントクラークの指導を受けながら事件を追い犯人を突き止めていくストーリー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1月27日公開の映画「祈りの幕が下りる時」を観賞した。 この映画はドラマ新参者シリーズの最後となる作品で自らの過去と向き合う事になった加賀恭一郎は腐敗して見つかった女性の殺害事件を追っていくうちに自らの母の最期を知っていくストーリーである。日本橋で長年離れな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12月1日公開の映画「鋼の錬金術師」を観賞した。 この映画は荒川弘原作の人気漫画鋼の錬金術師を実写化した作品で等価交換錬金術を用いて亡くなった母親を取り戻そうとした兄弟が弟の体を持っていかれてしまい残された兄が弟の魂を宿した鎧と共に自分たちの体を取り戻しに行 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月8日公開の映画「メアリと魔女の花」を観賞した。 この映画は米林宏昌監督3年ぶりの新作で、7年に1度しか咲かない魔女の花を手にした少女が魔法を使えるようになり力を知らずに使ってしまうがその魔女の花は恐ろしい力を秘めている事が明らかになっていくストーリーであ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「サバイバルファミリー」はある日突然原因不明の停電により全ての電気が使えなくなった世界で現代の普通の家族が生きる為に繰り広げられるサバイバル生活が描かれるストーリーである。電気が使えるようになって1世紀以上になるが改めて今の生活が電気により成り立っている事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「杉原千畝 スギハラチウネ」は日本の外交官として活躍していた杉原千畝が1939年に欧州のリトアニア・カウナスに赴任した際にユダヤ人難民を救うために政府の命に背きながらも4000人を超えるユダヤ人難民に命のヴィザを発行し多くの人たちをドイツの大量虐殺から救った真実のストーリーである。第2次世界大戦下の欧州において自らの地位を捨てる覚悟で多くの人の命を救った杉原千畝の行動は改めて命を救うのに人種は関係ないという事を教えられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第8話は副院長の蓮見の視力が落ちている事に気づいた倫太郎は重大な事故になる前に休養して治療に専念するように促すが、倫太郎の診療を拒否する。しかし自らの症状を自覚している蓮見は次第に倫太郎の診療を受ける方向に傾く。そして倫太郎は蓮見がどうして目が見えなくなっていったのかを知る中で以前手術した患者に障害が残った事がキッカケだと知り、倫太郎はその患者の出来事を乗り越える必要があるという事だった。そんな中で明良の治療を進める中で明良の母親るり子が伊久美から5千万もらえる事で明良を捨てる決意を固めた。しかし明良は動揺し、その報復に倫太郎と以前撮られたキス写真を週刊誌に掲載させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第7話は薫の息子深也がサヴァン症候群の自閉症である事で倫太郎は向き合う事になった。サヴァン症候群は特定の能力に対して芸術的な才能を発揮する事があるのだが、深也あ美術展でグランプリを取った事から他の医師から是非研究対象にさせてほしいと薫は頼まれる。しかし倫太郎はそれを拒否し、薫も拒否した。そんな中で倫太郎は深也と向き合った事で深也が自らの強さで乗り越えようとしている事を感じ取り、薫に深也は強い子ですと告げるのだった。そんな中で明良と夢乃の人格と向き合う事になった倫太郎だったが夢乃の凶暴な人格に振り回される事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第6話は精神的に不安定な患者が相談に来る。その患者はストーカーに狙われているという妄想意識になっており、縋る思いで倫太郎に相談しにきたが、倫太郎はすぐには受け入れなかった。そんな中葉子が倫太郎に対する態度が何時もと違うと感じた倫太郎は百合子に変わりないかを確認するが特に変わった様子がない。そんな中明良が行方不明となり、さらに弥助が行方不明になり家まで荒らされていた。しかし程なくして弥助とあきらが発見され、明良は夢乃の人格に苦しめられていた。倫太郎は明良に伊久美と同行して治療するように告げて翌日葉子から倫太郎に好きですと告白されるが、倫太郎は断り、吹っ切れた葉子は患者に対してこの未練を断ち切る気持ちを寄り添って患者の気持ちを包み込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第4話はバレエのプリマドンナの患者が診察中に医師の宮川からセクハラされたと訴えられる騒動が起きた。映像では突然患者が乱したところに宮川がなだめに行ったところだった。そんな中でその患者の娘が行方不明になるが、患者の娘は夢乃と一緒に観覧車に乗っていたところを発見される。倫太郎はこの患者が娘を叱る姿に解離性同一障害の疑いを持つ。そして話を聞いているうちにその患者の過去には辛い事があった事を知った倫太郎は娘が踊る姿が患者にとって辛い事を自覚させて治療に専念する事を諭した。一方夢乃は母親から多額のお金を要求されている事に苦悩していた。そして夢乃のまた解離性同一障害である事が判明するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第3話はDVの疑いがある患者が救急搬送されてきた。運ばれた本人はDVを否定するもDVの可能性は高いと倫太郎は感じるもそれ以上追及せず、逆に研修医に川上葉子がDVを疑い倫太郎に診療を強く推し進める。そんな中で倫太郎に夢乃から700万円貸してほしいという連絡が入ったが倫太郎はまずどうして夢乃が700万貸してほしいのか話を聞く必要があった。そんな中で患者の夫に問題があるのではないかと倫太郎は医者である夫と共に当直をすると夫が無意識に叫んでいる症状を確認し夫が極度のストレスで患者の妻に当たっている事を確認し、夫を楽にさせたが、それは妻が夫を守るために耐えていた事を知る。そして妻は夫から送られた花に花言葉で諭すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第2話は小説家の診療する事になった倫太郎だったが、倫太郎のやり方では時間が掛かり過ぎると担当医から外れるも、倫太郎はその小説家の症状に疑問を持っていた。そんな中夢乃からお金が必要と言われて雪乃の口座を渡される。そんな中で倫太郎は小説家の秘書は実は自分の娘だと知った中で小説家の症状はその娘が原因である事を突き止めた。そして倫太郎はその症状の原因を小説家にハッキリさせるために娘との対面で症状を自覚させた事で自らの症状の原因を自覚させた事で小説家の症状は改善させる事に成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」は精神科医の男性が心の病んだ人たちに寄り添って心の治療を行っていく医療ドラマである。精神的に病んでいる今の社会にとってこのドラマは色々な面で向き合えるドラマになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危機に瀕している中でどういう人が後継者に相応しいのかを考えて行く必要はあるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」最終話は殺人容疑で送致されていた被疑者を久利生は冤罪の可能性がありながらもそれを承知で起訴して裁判に持ち込まれた。しかし肝心の事件を起訴した元検事は証言を求めても拒否し続け決定的な証拠を得られない。そんな中で始まった裁判は当初は久利生の不利で始まった裁判は久利生は追起訴という形で裁判を継続する。しかし世間、マスコミは警察の冤罪を追及されるが、久利生は真実を追求した結果起訴したと牛丸次席は説明する。そんな中で元検事を説得しようと田村検事、馬場検事、宇野検事が行くも尽く門前払いを食ってしまうも、そこに末次事務官がこのままで本当に良いんですか?と問い掛ける。しかし法廷に現れたのは被告人の証人としてだった。しかし久利生はそこで元検事に質問を問いかけて法廷の場はどんな場所なのか?という事を問いかけると元検事は自ら下した起訴は間違いだったと認め、これにより裁判は逆転で被告人の無期懲役が言い渡され、久利生は見事に事件を解決して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」第10話は久利生と麻木が特捜部の応援で東京地検へ向かう。特捜部では現職大臣と建設会社の贈収賄を裏付けるための証拠固めが行われていた。久利生が任されたのは運転手に調書にサインさせるという何の根拠もない起訴だった。疑問に感じた久利生は運転手の再度聴取しそこで運転手は当時休みで寝ていて映画館で映画を観ていたと証言し、状況証拠集めを開始する。そして証言通り映画館のチケットが見つかり、さらに聴取すると芸人を見てこけたという証言を立証するため芸人に会うと、今度は芸人が会って話し、その場にいたタクシーのドライブレコーダーで写っている事が判明し運転手はシロとなったが、久利生は特捜部の手伝いをクビになった。一方城西支部では殺人容疑で捕まった被疑者が以前にも発生した通り魔事件の容疑者である可能性が浮上し、更にその1件が容疑者が逮捕され既に実刑判決を受けて死亡していた。これは冤罪事件ではないかという事が浮上して久利生らは真実を追求しようと起訴に踏み切るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」第9話は麻木が注文したDVDが届かない事をぼやいていたが、そんな中仲間ひとりを集団で暴行して死なせてしまった事件で4人の大学生が暴行致死容疑で連行されてきた。4人ともそれぞれ黙秘を続けて取り調べが進まない中久利生は自ら大学生が通う大学、そして食堂、さらに殺人現場となったトイレの現場検証を行った。そして久利生ら4人の検事が大学生の証言を次第に崩してきてトイレの殺害現場で大学生4人とは別の人物の諮問が検出され、その人物に任意同行してもらう事にした。そして久利生はその人物に対して大学生が次第に証言を崩していくさまから追及して行き、ついに久利生はその人物を緊急逮捕し、この事件が詐欺グループのリーダーによる殺人事件だった事を立証したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第8話は暴力団幹部襲撃事件で殺害したとされる被疑者が送検されてきて暴力団員との抗争という事を各検事が敬遠し、久利生がこの事件を担当する事になった。取り調べないようを読み上げると被疑者は全てを認めてこのまま起訴されるはずだったが、久利生は身代わりになって出頭したと感じ、自ら現場検証と聞き込みを開始する。しかしその前に顧問弁護士が立ちはだかり、その顧問弁護士は宇野検事が司法修習生の時の先生だった。しかし久利生にはそれは全く関係なく検証を進めると、再度被疑者に問い質す。しかし問い質した中で久利生はこの被疑者を起訴するだけの証拠がないと不起訴を決めた。しかしこれに顧問弁護士が反発し、暴力団も圧力を掛けてくるが、久利生は屈する事無く最後まで検事として示した判断の正しさを示したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第7話はDVで妻に怪我を負わせた男の取り調べを久利生は行ったが、確り事情確認するために怪我をした妻の実家に行って直接妻から事情を聞くも、妻の母親が起訴してほしいと話すも、妻は起訴しないでほしいと話し始める。腑に落ちない久利生はさらに調査をすると、容疑者の夫が現れ、そこで妻へ宛てた手紙を渡そうとしていた。それを知った久利生はこれまで妻に何度も許しを乞うてきた事を知り、それが夫の為にならないと妻に諭して妻は最終的に起訴する事を了承したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第6話は遠藤事務官が合コンの最中に殺人現場に出くわしてしまい逮捕されてしまう。遠藤事務官の逮捕に城西支部は騒然となる。事務官の逮捕という事で特捜部が出てきて事態はさらに厄介になるが、それでも久利生たちは遠藤の無実を証明しようと慣れない聞き込みに奔走する。そんな中掴んだのが特捜部はある人物を匿っているという事だった。そしてその人物は刺された被害者であり、どうも腑に落ちない。そんな中掴んだのが赤い服の男だった。警察に確認すると遠藤は赤い服の男を見たと証言していた。そして赤い服の男を追うも見つからない。そんな中遠藤がLINEで送った写真に赤い服の男が写っており、それを警察に見せると指定暴力団の男だと判明する。その男はあっけなく逮捕され遠藤事務官の無実は証明されたが、何も謝罪しない特捜部に久利生が謝罪すべきでしょう!と語り特捜部を謝罪させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第5話は川尻部長が他の担当検事の仕事が一杯一杯という事で置き引き事件の担当になったが、久しぶりの取り調べをするも久しぶりな事と強面な顔故に一向に聴取が進まない。しかも目撃者の多くは小学生以下と捜査は難航を極める。小学生の女の子に事情聴取するも何も答えてくれず、目撃したと思われる子供に聞き込みするも逆に恫喝してしまい泣き出される始末だった。一方久利生は橋落下事故の検証を続けていたが、その中で久利生は川尻部長に子供たちがより自然に聞ける環境を提示する。それは社会見学だった。そしてそこで川尻部長は子供たちに真剣に検事の仕事の事を熱く語り、そして1人の少女が川尻部長の熱意に言えなかった事を勇気を持って話し、置き引き犯の容疑者の容疑はさらに恐喝という罪を加えて起訴し事件を解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第4話は現在は京都地検に在籍する中村美鈴が京都と東京で起きた事件を追って城西支部を訪れた。久しぶりの再会に久利生も喜ぶ。そんな久利生には麻木がかつて知り合いだった男の取り調べを行っていた。その男は麻木がかつてヤンキーだった時代の知り合いだったがその時代だけの付き合いでもあった。余罪はマンホールを1人で盗もうとした初犯だったが、マンホールを1人で盗む事の難しさと不可解な大量の嘆願書に疑念を抱く。麻木の過去を知り、麻木は過去と向き合うように嘆願書を書いた全ての人から事情聴取し、そこで浮かんだのが本当に助けたい気持ちで嘆願書を書いた人が少なかった事だ。そしてさらに調査をすると近くで遊具が盗まれる事件と殺人事件があった事を発覚した。その直後麻木が襲われたが久利生が身を持って守り、久利生は容疑者を舐めている奴に真剣にやっている奴に言う言葉はないと一喝したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第3話は久利生の担当事務官の麻生は毎日残業でストレスを溜めてしまうほどだった。そんなある日に覚せい剤で逮捕された客室乗務員の女性の聴取を始めるが、久利生は即起訴する事はしなかった。一方そんな中で被疑者死亡により不起訴となった事件で、被害者遺族は真実が知りたいと担当検事だった田村に迫るも、不起訴になった事でやり切れない被害者遺族がそこにいた。久利生は覚せい剤事件を起こした女性の職場でこれまでの働きなどを聞き込みし、久利生は覚せい剤の犯罪がいかに重大な事なのかを確り認識させた上で起訴に踏み切った。一方田村検事も久利生の姿勢に触発され、被害者遺族に事件の真実を伝えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第2話は強姦わいせつ事件の取り調べになった久利生は過去起訴された経験のない初犯の男を取り調べていた。そんな中で容疑者は弁護士を呼び寄せて被害者との示談を持ちかける。当初は容疑者に対して徹底抗戦を見せていた被害者だったが、容疑者からの多額の示談金と被害者がキックボクシングをしていた事もあり、逆に正当防衛で追った怪我を盾に容疑者は泣き寝入りの示談をしていたのだった。当初からこの事件に違和感があった久利生と麻木は現場に行って状況を見直すと色々な矛盾点が発生し、もう1件起訴寸前だった強姦わいせつ事件で不備が見つかり、その被害者から容疑者の過去の行為が明らかになり、逆転起訴で犯罪を立証したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」は2001年1月期に視聴率全話で平均30%越えを記録した検察が舞台のドラマで、検事久利生公平が独自の視点で事件の真実を追求して行くストーリーである。劇場版から7年、連続ドラマから13年の月日を経て久利生公平は一体私たちに何を問いかけるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「悪夢ちゃん The夢ovie」は2012年10月に連続ドラマとして放送された悪夢ちゃんを映画化した作品で、平和が訪れた6年2組がある転校生が来た事により悪夢ちゃんが再び悪夢を観た事が現実となりその悪夢を振り払うために再び彩未と悪夢ちゃんが阻止して行くストーリーである。 連続ドラマの続編に当たる今回は悪夢を観た先に悲しき事件の結末がそこにあった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州会議が舞台のストーリーである。織田信長の後継者として羽柴秀吉が選ばれるまでの駆け引きはまさに戦模様である事を見届けるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「悪夢ちゃん」最終話は意識不明状態になった結衣子は一向に目を覚ます事はないと宣告されてしまう。そんな中彩未は結衣子が残した夢札を観てあの児童養護施設へ再び行った。そしてそこで彩未は過去に児童売買を行っていた闇の組織と繋がっていた事をシスターが知り、先代の施設長が行っていた事実を知ったシスターが施設長を殺したのだった。その遺体をブランコの下に埋めたが、それが闇の組織に知られるまでになっていた。知られたシスターは自ら自殺を図ろうとしたが、結衣子の夢札のおかげで救う事が出来た。一方結衣子は目を覚まさず彩未は自ら結衣子の意識の中に入って結衣子を救う決心をする。そして結衣子と彩未はかつて彩未が小さかった時の結衣子の母親に未来を予言し、そして彩未は夢ノケを作り出し、夢ノケに導かれて出会った事を無意識だったと知るのだった。そして彩未は結衣子に現実の世界も絶望じゃないと問い掛けて夢王子に導かれて結衣子は現実の世界に戻り、彩未と共に現実を生きる決心をしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「悪夢ちゃん」第10話は生徒たちが失踪してマスコミが押しかけるようになり彩未は志岐から脅されていると申し出ても警察はとり合おうとしない。そんな中結衣子が悪夢を見てしまう。その悪夢は彩未が志岐を殺して逮捕されてしまうというものだった。しかし結衣子には彩未にその事を伝えずに組織に捕まってしまう。それを知った彩未は結衣子の悪夢を知った上で志岐に会いに、そして結衣子を救いに向かう。彩未は夢通り志岐と対峙するが、志岐はその夢を知っていた。彩未は志岐を本当に殺そうとしたが志岐はその前に自ら海へ飛び降りた。その後彩未は志岐が彩未を愛していた事と、自ら脅されていた事を山里から聞いた彩未はその後生徒たちが解放された直後自分の部屋に投げられていた銃が水鉄砲だった事に強く後悔するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ