オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:岡田将生

5
8月17日公開の映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」を観賞した。 この映画は昨年公開された実写版銀魂の続編となる作品で、金欠になった万事屋が新たな事件の陰謀に巻き込まれていくストーリーである。前回の大ヒットからわずか1年の続編となるが、銀時たちの活躍から目が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月14日公開の映画「銀魂」を観賞した。この映画は空知英秋原作の漫画を実写化した作品で、江戸時代末期、「天人」と呼ばれる宇宙人が襲来したのちに天人と地球人が住む街となった江戸で反乱を目論む者たちと対立する事になった1人の剣士がその反乱を阻止するために立ち ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」最終話は小野田一課長に裏帳簿の切れ端を見せられた香坂は何としてもこの事件の真実に辿り着こうと17年前の事件を調べ始めた。その中で香坂は17年前に父が告発しようとした事実を知るがその告発をできずに左遷させられていた事実を知る。そして17年前の事件で裏帳簿の切れ端が決定的な証拠である事を突き止めた香坂は犯人が金崎理事長、そして富永専務である事を突き止めてその決定的な証拠を小野田一課長から受け取る為に激しい口論を繰り広げてついに小野田一課長は香坂に決定的な証拠を手渡し金崎理事長、富永専務を逮捕する事に成功し、これが認められて香坂、春彦は捜査一課に復帰したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第9話は春彦が容疑者を逃した事で所轄の立場が危うくなった香坂は謹慎を言い渡される。しかし香坂は山田が自宅に容疑者と共に訪れた事で状況は一変し春彦に帳簿の鍵を渡された。しかし帳簿のありかを知るのは容疑者だけという事で決定的証拠でどう富永専務を落とすべきか?と考えたところこの事件は殺人事件でなく横領事件として動かす事で金崎理事長を逮捕する事に成功したが、肝心の帳簿は小野田一課長の手元に渡りそこで香坂はこの事件に自身の父が関わっている事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第8話は江口警部が殺害された事で富永専務を引っ張り出すも富永専務はあっさり釈放されてしまった。そんな中捜査線上に富永側から新たなる犯人とされた横沢が犯人として捜査が再開される。横沢の妻に付き添った三島だったが情が入ってしまい犯人をおびき寄せる事に失敗する。しかし香坂はそれを利用して2度目の時に身柄確保に成功したが春彦の裏切りによって再び捜査は急展開を迎えるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第7話は春彦がまさかの逮捕で波乱含みの事件となった捜査二課の刑事の殺人事件はこの事件の黒幕が元捜査一課長の富永専務であるとにらんだ香坂だったが小野田一課長の横やりが入り更には富永専務からも注目を受けた事で大きな壁にぶち当たる。所轄として徹底的に捜査を繰り広げるも所轄に限界があり小野田一課長を動かさないといけないと200%の覚悟を持って証拠を集め、証拠を集めた事で小野田一課長に迫ると小野田一課長は動いたものの、これが小野田一課長の狙いだと後で知る事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第6話は豊洲署に左遷された香坂は新たに部下として三島を加え春彦も左遷されて勤務する事になった。そんな中早明学園の事務局で経理課長を務めている夫が失踪したから探してほしいと依頼され操作する香坂らだったがここで警察の天下り先である事で捜査が難航する。そしてそこから香坂は警察組織の闇と闘う事になるが春彦が殺人容疑で逮捕される事態になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第5話は三笠署長の関与を立証するために決定的な証拠を探し出した香坂たちだったが、証拠を発見する事ができない。そこで香坂は作戦を変えて三笠署長を誘導して証拠をあぶり出す作戦に出る。そして作戦に嵌った三笠署長は証拠を証拠保管室に入れた。そして証拠を8時間で探す事になった香坂はそこで小野田一課長の命で一課も加わり、証拠を探すと証拠は発見され、事件の決定的な証拠が揃った事で犯人は逮捕し、三笠署長の関与も解明できた。しかし処分はされず香坂は小野田一課長の強い権限の前に豊洲署に左遷される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第4話は小野田一課長が怪しいと踏んだ香坂と春彦だったが、小野田一課長が付けられている事に感づかれて尾行は失敗に終わった。そしてその中で香坂は殺人事件のマスコミへのリークを行うもそこから色々な組織の思惑が動き始める。そして鍵となっていた山本アリサが動き出した事で事件は急展開を見せる。そして香坂と春彦は山本アリサの身柄を確保する事に成功し、その黒幕の1人である三笠署長である事を掴んだが、三笠署長の反撃にあって香坂と春彦は窮地に追い込まれるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第3話は山田に手柄を持っていかれた香坂だったが、その事件はどういう訳か小野田一課長が突然捜査本部を設置するという異例の展開を見せる。この異例の展開には裏があると感じた香坂は重要人物として香坂が左遷されるキッカケとなったバーのオーナーである女性が浮上する。当初は一課が任意で事情聴取したがアリバイが成立した。しかし香坂は執念で捜査していくとアリバイが崩されるだけの証拠を突き止めた香坂はここで裏切者をあぶりだし、裏切者は副署長だった事が判明し、副署長を告発して捜査を続行したが女性らは逃げられた後だった。その黒幕が小野田一課長だと知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」第2話は所轄の刑事として事件に向き合う事になった香坂は先日起きたゴーンバンク社の社長誘拐事件についてまだ終わりじゃないと続きを調べ始めた。その先には風見京子の自殺が絡んでいると感じた香坂は自殺した風見京子の当時の行動に着手した。その結果証拠とされた動画と出勤簿の記録を見る限り誤りはないという事で捜査は難航するが、ある時に労働基準監督署が超過勤務で別の書類が提出されていた。その書類から犯行は当時残っていた1人の女性従業員である事を突き止めた香坂は春彦を使って事件の核心に迫りもう一歩のところで自供できるところまで行ったが直前で弁護士に阻止された。しかし100%の証拠が揃った事で逮捕状を請求しようとしたが既に春彦に請求されており女性従業員は逮捕されたが思わぬ結果となり事件は終結しなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「小さな巨人」は警視庁の捜査一課係長まで出世した男がある日の失敗により所轄の刑事課課長代理に左遷されたが、所轄刑事として警視庁と所轄の対立をしながら奮闘していく姿が描かれる。警視庁を大企業、所轄は中小企業という感覚で観ると立場の違いが鮮明となりそういう立場からどうやって刑事として事件を解決していくのか見どころは多い。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「何者」は就職活動をする5人の大学生がそれぞれの葛藤と思いを抱きながらも次第にその関係にゆがみが生じていくストーリーである。自分は何になりたいのか?何をしたいのか?その答えは大学生で見つける事は簡単じゃない事もわかるし、友情の難しさを知る。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「 秘密THE TOP SECRET」は最新科学を駆使して死者の脳の記憶を読み取る事ができる技術を用いた捜査方法を司る部署が迷宮入りの事件に挑んでいくストーリーである。この能力を得るためには想像以上の精神力を持たなければならない事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」最終話は姿を消した今日子を追った厄介だったが一向に手掛かりが掴めない。そんな中今日子を発見した厄介は澤野という男が元妻だと名乗り出てきた事で厄介は諦めざる得なかったが、調査した結果今日子はある資産家の隠し子ではないか?とわかりその財産目当てで誘拐された事が判明する。そして手掛かりとして今日子が小説好きだったことで今日が何の日なのか?で今日子の居場所を探すも行き先が見つからない。そんな中で今日子が突然厄介に電話を掛けてきた。実は今日子は厄介から会ってから1度も眠っていなかった。今日子はそれによって厄介に助けられて、その後隠し子が思わぬ人である事を知る事になり今日子は再び探偵掟上今日子として探偵を続ける事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第8話は今日子の1日の始まりから描かれる。今日子は自分を思い出すために色々な文字から思い出そうとしている事が伺えた。そんな中今日子に事件の依頼が舞い込む。その事件は試着室で女性が死んでいたという事件だ。不幸にもまた厄介がそこにいた。推理を始める今日子だったが、今回依頼された予算が半分だった事で半分で推理を止めてしまう。しかし厄介は以前の事件で資金を使い果たしてしまっており、事件が解決しそうにないが、それを聞いた今日子が突然捜査を再開し、事件は見事に解決するが、その後今日子が付き合っていたという元カレが現れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第7話は厄介が今日子に以前人気推理作家の事件に関わった事もあり、その事件が自殺ではないか?という事になり今日子に人気推理作家が残した99冊の著作を完読して事件解決を目指す事になった。しかしわずか1日しか記憶が持たない今日子はいくら30分で完読できるとしても4日は掛かる作業に厄介が付き合う事になった。当初こそ順調に読み終えたが、次第に読むスピードが遅くなり、4日目終了時には今日子は倒れてしまい眠ってしまった。この依頼があまりにも無理だったと悟った厄介は今日子が書き残していた体へのメモを消して翌日出版社の方と会っていたら今日子が現れ、わずか1分で事件の謎が解けたと言い出して、99冊中7冊が同じ月に発売されその中に同じ人物像に似た人が登場する事がこの事件解決のカギだったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第6話は女子中学校の管理作業員として働き始めた厄介だったが、ある日の放課後に1人の女子生徒が気を失って倒れているところを発見したが、ボンベのガスが噴き出しており厄介少女を助け出そうとするもドアが開かず仕方なく火災報知器で煙を認知させてこの場を何とか命からがら助かるも、その直後容疑者として怪しまれる。現場には遺書が残されていたために厄介はすぐに無罪となるも、どうして少女が自殺しようとしたのか今日子は捜査を開始すると、少女は元々ある事を気にしており、それが原因で自殺しようとしていたのだった。それに気づいた今日子は厄介にこの事件は隠館厄介殺人未遂事件だった事を打ち明けられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第5話は出版社のアルバイトを始めた厄介は編集者から人気推理作家のフェスタに参加しないかと持ち掛けられ今日子がその作家の大ファンである事でそのフェスタに参加する事になったがその直前で人気作家が死亡するという事件が起きてしまった。しかしフェスタは続行されそこで作家が残したメッセージを探す事になった。色々な設問からヒントを探すも参加者の推理は見事に外れて、そして今日子は4つ目の質問で今日子が作家が隠したメッセージのありかを見つけてそのメッセージに今日子らはジーンときたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第4話は美術館の事件を救ってくれた有名な額縁匠の和久井から警護を頼まれた厄介だったが、同行者に今日子を連れてくるように依頼される。今日子と共に向かった厄介だったが既に額縁匠の和久井は殺されており、そこから犯人探しが始まった。犯人は殺されたマンションから一歩も出ていない事だけはハッキリしており犯人はマンションにいる事だけはハッキリした。そして捜査をすると以前出会った少年が何かを知っており、その凶器の1部に不審な痕がある事に今日子が気づく。そして今日子はもう1人の人物とこの少年が額縁匠の和久井の作品から外されている事を突き止める。そして犯人はもう1人の人物である事を突き止めた今日子は直接自首するように求め少年は経緯を話はじめてこの事件は外された理由が作品に彼らが使う色を使わないからという理由だけで外されていたのだった。その理由を知りただただ悲しくなる悲劇の事件だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第3話は警備員の仕事を始めた厄介は美術館でまたもトラブルに巻き込まれる。巻き込まれたトラブルは美術館の警備をしていた厄介は誤って絵を壊そうとしていた老人を止め切れなかった事から始まる。なぜかその美術館には今日子も訪れており、一時2億の価値の絵を翌日なぜか200万の価値の絵と評価していた事が引っかかり調査を開始するとその絵にはあるからくりが仕掛けられており、それが老人が怒り出した原因だった。そしてその犯人は美術館の館長の発注ミスによりすり替えられていた事だと突き止めて厄介の無実が証明されたが厄介は再びトラブルに巻き込まれるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第2話は今日子は1日経た翌日やはり厄介の事を忘れておりガッカリする。そんな中訪れたクライアントが殺人事件の容疑者にされており犯行時間に一緒にいた女性を捜していた。その女性こそ今日子その人だったが、当然今日子は記憶を無くしており全く覚えていない。そんな中またも運が悪い厄介が重要参考人として警察に連行されそうになる。殺害された人はクライアントと同じ競泳選手でバスタブの中で無くなっていた。今日子は写真を見せてもらい、そして事件現場を検証すると、この事件は自殺だと断定する。実はこの事件は過去の出来事に絡んでおり、競泳選手として全盛期だった時にある件により出場停止を受けていたのだった。その事件に負い目を感じていたクライアントは無くなった選手から最後のメッセージを受けていた。この事件が自殺共謀という判定になり事件は解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」は記憶が1日しか持たない探偵掟上今日子が最も運が悪い隠館厄介が毎回事件に巻き込まれて依頼を受けて事件を1日以内に解決するストーリーである。1日で解決するためには1日で情報収集しないといけないが鉄は熱いうちに打てという言葉通りに1日で事件解決をしていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「映画 ST赤と白の捜査ファイル」は2014年7月に放送されたST赤と白の捜査ファイルの最終回以降に起きた事件の続編でSTのキャップ百合根友久がSTを離れるまでの3日間に起きた事件を追ったストーリーである。STとして最後の事件を追う事になった百合根は果たしてSTたちとどんな事件解決へと導くのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「想いのこし」は亡くなった4人の人物がこの世に想いのこした事を亡くなった原因を作ったダメ男に実行してもらうストーリーである。ストーリーとしてはいい話でまとめられているが、設定を踏まえるともう少し何とかならなかったものかと感じてしまうところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」最終話は赤城が三枝に呼び出され桃太郎の鬼退治と称した事件に三枝が関わっている事を知らされる。この事件は警察が裁けなかった事件を代わりに裁く歪んだ正義がもたらしたものだった。その中で次に狙われるのは赤城か百合根と言われ、赤城は苦悩する。一方赤城は青山にプロファイリングしてほしいと依頼し犯人のプロファイルを続けされる。そんな中百合根が三枝に呼び出され、この事件について話をするが百合根はピンと来ない。そんな中百合根は犯人グループに誘拐され、赤城は百合根を追うが、三枝に百合根を助けたければ赤城1人で来いと告げられ、赤城は1人犯人グループの前に現れる。そして赤城はこの事件は自殺願望を持つ1人に犯人が歪んだ正義の下で他の誘ったメンバーに殺しの経験をさせる事で状況を共有し、次々と犯行に及んだ事件だと謎が解け、そこで駆けつけた青山、黒崎らが犯人らを確保し、百合根は再び撃たれたものの命に別状なく事件は解決したが翌日赤城は警察に逮捕されるショッキングな事態に陥ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第9話は百合根がいきなり警察庁刑事局特殊犯罪対策室の室長に抜擢され異動となる。一週間後に異動となるがSTたちは厄介払いという感じでいる。そんな中事件が発生し、背中にあるメッセージが刻まれていた。どこかで見た被害者だが、誰も思い出せない。そんな中で今度は乱射立て籠もり事件が発生し、そこで赤城が指名されるも、赤城は連続殺人事件を追っており、代わりに青山を中心にした4人が向かった。そこで赤城の代わりに人質となったのが池田だった。池田は青山の指示の下で巧みな交渉術で乱射犯を説得して行くが、人質を狙撃して事態は急変し、さらに池田が赤城でない事がわかると犯人はさらに混乱し、SATが突入したが犯人は池田が身を持って守った。そして犯人は行方不明になった息子を赤城に探してほしいという事で事件を起こしたのだった。そして連続殺人事件は意外な形で急展開を見せて三枝が絡んでいる事が判明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第7話はバイオリニストの演奏会場で殺人事件が発生し、その殺人事件は密室殺人であり、何者かに殺された形跡が残されていた。閉所恐怖症の結城は密室というだけで敬遠する始末で捜査は重要参考人の4人のアリバイから調べ始めた。そうすると4人とも犯行の動機があり、その動機が焦点になる。そして更に捜査を進めるとこの事件にはストラディバリウスのヴァイオリンを巡る事件だと結城が気づき、ストラディバリウスのヴァイオリンの音が本物ではない事に気付いた。それによりこの事件の犯人を赤城がわかってしまい、赤城はこの事件はストラディバリウスのヴァイオリンを盗もうとして見つかった衝動的な犯行であり、密室殺人として作り上げた事件を見事に解明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第5話は心霊番組のプロデューサーが首を折って亡くなっていたが、現場には心霊スポットと呼ばれる場所でありこの事件そのものが不可解とSTが出動した。検証した結果そばにあった脚立では仰向けになる事は不可能と検証した赤城らはこの場所で殺された訳じゃないと断定する。そしてプロファイルの青山は事情聴取したみんなが何かを嘘ついていると断定し、さらに調査をすると下の住人が事件当日は何も音がしなかったが、事件翌日の検証では音がしたと証言した事により他の場所で殺された事が確実になりさらに捜査を進めると、この心霊番組で数多くの検証をした結果それぞれの音が異なる事がわかり、その音から犯人は番組リポーターとADによる犯行だとわかった。そしてその経緯がプロデューサーのしつこい嫌がらせによる不慮の事故からの事件だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第3話は黒崎の親友がインターネットの詐欺に引っ掛かり相談を受ける。その頃に原因不明の火災による死亡事故が多発し、その事件の謎を解明するためにSTが動員された。火の気のない場所で火災が発生した事で当初は放火が疑われたがその証拠がなかなか見つからない。そんな中黒崎の親友が騙されたのは暴力団である事が判明し。黒崎は協力しようとするが、親友は警察を嫌っており悩む。そんな中放火事件がその詐欺を働いた暴力団である事を突き止めた黒崎は親友を助けようと赤城、百合根に助けを求める。そして赤城と百合根は放火殺人事件解決へ向けて動き出し、放火の手段が違法な電磁波による発火である事を突き止めた赤城と百合根は黒崎が向かった暴力団を一斉逮捕し、そこでこの事件の犯行を立証して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ