オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:摂津正

5
30日プロ野球日本シリーズ2014

福岡ソフトバンク対阪神タイガース第5戦がヤフオクドームで行われ、

1対0で福岡ソフトバンクが松田選手のタイムリーを

最後は抑えのサファテがフラフラになりながらも

最後は西岡選手の守備妨害によって意外な形で日本一が決まり

3年ぶり6度目の日本一に輝いた。

試合福岡先発摂津投手、阪神先発メッセンジャーの投げ合いで始まり、

7回まで両チームにチャンスが巡るも活かし切れず迎えた8回

福岡は好投を続けてきたメッセンジャーを攻めて、5番松田選手のタイムリーで勝ち越した。

9回阪神は抑えのサファテを攻めて1死満塁のチャンスを作り、

6番西岡選手のあたりはファーストゴロとなりホーム送球アウト、

1塁送球が打者西岡選手に当たるが、

これが守備妨害となり福岡が3年ぶり6度目の日本一輝いた。

これで福岡ソフトバンクは秋山監督有終の美を飾り2014シーズンの幕が下りた。
続きを読む

5
8日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2ラウンド

日本対台湾戦が東京ドームで行われ、

4対3で9回2アウト2ストライクから

2番井端選手の起死回生の同点タイムリーで追いつき、

延長10回に7番中田選手の勝ち越し

犠牲フライを最後は杉内投手が守り切り崖っぷちの激戦を制して

準決勝進出へあと1勝となった。

試合は日本先発能見投手、台湾先発王建民の投げ合いで始まり、

初回に2番井端選手のヒットとチャンスを掴むも盗塁失敗で

チャンスを広げられずに迎えた3回台湾は2死満塁から

5番周思斉に押し出しの四球を与えて先制を許す。

5回にも2番手摂津投手が3番彭政閔にタイムリーを浴びて

2点リードを許す展開になる。

日本は6回まで先発王建民を攻略できずに迎えた

8回日本は2番井端選手、3番内川選手の連続ヒットで

チャンスを作り4番阿部捕手のタイムリーで1点差とすると、

6番坂本選手のタイムリーで同点に追いついた。

しかしその裏台湾は3番手田中投手を攻めて

5番周思斉に勝ち越しタイムリーを許してリードを許すも

その後4番手山口投手、5番手澤村投手が抑えて

迎えた9回2死1塁から出塁した鳥谷選手が盗塁を決めて、

これを2番井端選手が2ストライクに追い込まれながらも

同点タイムリーを打って追いつき試合は延長戦に突入し、

延長10回1死2,3塁から7番中田選手の犠牲フライで勝ち越した

日本はその裏7番手杉内投手が1死1,2塁のピンチを招くも

最後は8番陳ヨウ基を併殺打に打ち取り

日本が崖っぷちに追い込まれながらも

勝ち切り準決勝進出に大きく前進した。

これで日本は次の試合でキューバを破った

オランダに勝利すれば3大会連続準決勝進出が決まる。
続きを読む

5
13日パシフィックリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第1戦

埼玉西武対福岡ソフトバンク戦が西武ドームで行われ、

1対2で福岡ソフトバンクが序盤で奪った2点を守り切りファーストステージ突破に王手を掛けた。

試合は埼玉西武先発牧田投手、福岡先発摂津投手の投げ合いで始まり、

2回に福岡が1死1,3塁から8番今宮選手のスクイズで先制し、

3回には3番内川選手のタイムリーで追加点を上げる。

埼玉西武も反撃を試みるも先発摂津投手の前にチャンスらしいチャンスを作れない。

しかし9回に埼玉西武は抑えのファルケンボーグを攻めて

代打カーターの内野ゴロの間に1点を返すも後続が続かずそのまま福岡が逃げ切った。

これで福岡ソフトバンクはファイナルステージ進出に王手を掛けた。
続きを読む

3
15日日本シリーズ第3戦中日ドラゴンズ対福岡ソフトバンク戦がナゴヤドームで行われ、

2対4で福岡ソフトバンクが5番松田選手のタイムリー、

7番多村選手の2ランで勝利し対戦成績を2勝1敗となり王手を阻止した。

試合は中日先発ネルソン、福岡先発摂津投手の投げ合いで始まり、

初回に福岡が5番松田選手のタイムリーで先制すると、

3回に7番多村選手の2ランで3点リードを奪う。

中日も6回に2番井端選手の内野ゴロで1点を返したが、

8回に福岡が8番細川捕手のホームランでリードを広げたが、

その裏中日は1番荒木選手の犠牲フライで1点を返したが

最後は抑えに回ったファルケンボーグに抑えられ、中日は王手を掛ける事に失敗した。

これで中日は王手を掛ける事ができず福岡は王手を阻止して巻き返しを図る。続きを読む

↑このページのトップヘ