5
29日プロ野球日本シリーズ2015

東京ヤクルト対福岡ソフトバンク戦が神宮球場で行われ、

0対5で福岡ソフトバンクが東京ヤクルトを寄せ付けず2年連続日本一に輝き

1992年の西武以来23年ぶりとなる連覇を達成した。

試合は東京ヤクルト先発石川投手、福岡先発スタンリッジの投げ合いで始まり、

3回まで両チーム無得点で迎えた4回福岡が4番李大浩の2ランで

2点を先制すると5回には1死満塁から2番明石選手のタイムリー、

3番柳田選手の内野ゴロの間に1点を入れて4点リードとした。

東京ヤクルトもチャンスは作ったものの先発スタンリッジを攻略できず

7回から万全のリレーを繰り広げ最後は抑えのサファテが3人で抑えて

福岡ソフトバンクが2年連続日本一に輝いた。

これで福岡ソフトバンクは圧倒的強さを見せつけて

黄金時代の到来を告げて2015シーズンの幕を下ろした。
続きを読む