オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:木村拓哉

5
1月18日公開の映画「マスカレード・ホテル」を観賞した。 この映画は東野圭吾原作の長編ミステリーを映画化した作品でホテルに殺人予告を受けた事により潜入捜査をする事になった刑事がホテルのフロントクラークの指導を受けながら事件を追い犯人を突き止めていくストーリー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8月24日公開の映画「検察側の罪人」を観賞した。 この映画は検察が起訴しようとした犯人の過去に時効となった事件の犯人と知りながら真実より犯人を裁くために奔走する検事の姿が描かれていくストーリーである。 法制度の下では裁ける事件、裁けない事件が存在するが、その ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「無限の住人」は無限の命を得た侍がある少女の用心棒となり少女を狙う者たちを次々とぶった斬るストーリーである。不死身の体を持つ用心棒は生きる苦悩が描かれ少女を守る理由も描かれていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19日ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」最終話を視聴した。 今回は壮大が壇上記念病院を売ろうとしていた事が発覚して病院を追放された。 その直後壮大が姿を消したが深冬の手術の時は刻一刻と迫っていた。 万全の準備をして挑んだ沖田だったが専門ではないために腫瘍を取り ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第8話は深冬の病状を榊原に告発された事で深冬の父虎之介は激怒するも沖田が説明しその場を抑えた。そんな中沖田の父一心が心臓の疾患で突然倒れ、その手術は当初羽村部長が行う予定だったが一心が息子を指名し沖田が執刀する事になる。そんな中で深冬の手術は4日後に決まり、その3日前に一心の手術を執刀する事になった沖田だったがそこでミスで手が震えるトラブルが起きるもミスを乗り越えて手術は成功させた。しかしその直後に深冬が急変したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第6話は深冬の病状が悪化し始めていた中で病状を知った深冬はこの現実を受け止められない。そんな中で顧問弁護士の榊原が実の父の手術を申し出るもその条件は井川先生が執刀する事だった。榊原と実の父は離婚により犬猿の仲だったのだ。見殺しになっても良いという意図を感じながらもどこかで助かってほしいという気持ちもある榊原の意図を井川は受けながらもこれまで経験のない手術をする。そしてその手術の前に井川は柴田とシュミレーションをして手術に挑んだがここでトラブルが発生するも助手として付いた沖田に促された井川を意を決して手術を進めて手術は無事成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第5話は深冬が倒れ病状が進行していた。そんな中で沖田と壮大が衝突してしまう。冷静になれない壮大だったが、提携話を再び持ち出している。そんな中部長の羽村が心臓外科医の権威である恩師の名前があり驚くも、その患者が現在沖田の患者として見ており沖田の診断だと手術ミスの可能性が高いとされた。その中で壮大は手術ミスの事実を黙っているように壮大は沖田に進言するが、それでも沖田は手術を行って医療ミスを発見して無事患者の手術は成功した。しかし羽村は沖田に口止めしようとするが羽村の制止を振り切り患者に説明した。それにより壮大と羽村は口論となるがその後恩師の言葉に羽村は冷静になった。そして沖田は深冬に真実を話すが既に深冬はこの状況を把握して現実を受け止められなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第4話は壮大が片山関東病院との提携話を院長に内緒で進めようとしていた。院長の耳に入れば当然反対するのは当然だっただけに壮大は脳外科手術ができる病院が必要だった。そして難易度の高い患者も来るという事で経営的にも安定する。そんな中で沖田は由紀をオペナースに連れていく事を条件として連れていく事になった。しかしそこで沖田の指示は正しいのに相手の医者は違った器具を要求して関係が悪化した。その責任を由紀に負わせた。由紀はそれを知り病院を辞めると言い出す。事情を知らず辞めると言い出した由紀に沖田は辞めれば?と言ってしまう。しかし事情を知り沖田は後悔する。そして井川が由紀に色々事情を知ると由紀は医者になりたかったがお金がなく医者になる事を断念して看護師資格を取得した経緯が話された。そして沖田もまた深冬の話を受けて自らの言葉で由紀に言い過ぎたと謝罪し由紀は復帰して沖田の手術で絶妙なコンビをみせた。その直後深冬は沖田の前で倒れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第3話は論文を書こうとする深冬は難関といわれる小児外科の指導医の認定を目指していた。そんな深冬に腹痛を訴える患者が訪れた。その症状から1年前に手術を受けた事による原因で手術が必要とわかり、手術の準備を行うが、その患者は以前診察した医師が小児外科治療学会のトップだった事から手術は行うなと院長が命じる。それにより沖田は病院を辞めると言い出すが、壮大が沖田に条件付きで手術を認める。その直前に深冬は沖田に直訴して手術を執刀し沖田の手助けにより手術は見事に成功し患者の命を救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第2話は院長に頼まれた患者を担当する事になった井川は自信過剰で患者の手術を行った。沖田はそれに対して忠告したものの井川は聞き入れない。そんな中で井川が担当した患者が右手が痺れると訴えたが井川は手術が原因じゃないと取り合おうとしない。そんな中で患者が自殺未遂を起こして病院は家族から訴えられる瀬戸際に立たされていた。そんな中で沖田は井川に医者失格と言い放ち、自らは患者と向き合って本当の原因を突き止めて患者に丁寧に説明した事で患者は治るなら手術は受けると承諾し、病院が和解で済まそうとする姿勢に沖田は真っ向から否定し手術は無事成功して井川と病院の失態を取り戻したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」は10年間シアトルで外科医として経験を積んだ医者が10年ぶりに院長の手術をする為に帰国してある事情でその病院に10年ぶりに復帰し様々な患者と向き合っていくストーリーである。医療現場において失敗は許されないが、色々な経験を経て初めてわかる事とできる事があるという事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
8月14日芸能プロダクションジャニーズ事務所に所属するSMAPが2016年12月31日で解散することを発表した。この騒動は今年1月に2015年1月に起きた週刊文春がインタビューでメリー副社長に次期社長候補にSMAPのマネージャーと自らの娘が争っていると聞かされ激怒してSMAPのマネージャーにクビを宣告した事から始まり、マネージャーにSMAP全員が当初ジャニーズ事務所を退所して独立する方向で進んでいたが、メンバーの木村拓哉が唯一の妻帯者などを理由に残留を表明した事で独立話がとん挫して木村拓哉に他のメンバーが裏切られた格好となり、今年1月のSMAP×SMAPで木村拓哉主導で謝罪を放送する事態となっていた。その後この事が大きな溝となって残りギクシャクする状況が続き今月に入り協議の結果解散する事で合意した。これでSMAPの28年にわたる活動に終止符を打たれSMAPに関する番組、スポンサー契約はすべて終了し今後ソロとしてそれぞれの道を歩む事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日人気グループSMAPの5人のメンバー出演するSMAP×SMAPに生出演し、今回の騒動についてメンバー全員が自らの言葉で謝罪し5人はSMAP存続の意思を発言しファンに伝えた。この問題は昨年1月の週刊文春のメリー喜多川氏へのインタビューで週刊文春のインタビュワーが娘のジュリー景子氏とSMAPをマネージメントする飯島氏で社長の後継争いしているという趣旨をメリー氏に質問したところメリー氏が激怒し飯島氏にジャニーズ事務所追放宣言とも取れる発言をした事が発端で拓哉を除くメンバー4人が1度ジャニーズ事務所退社を決意したのが騒動の原因だった。 5人にSMAP解散の意思はなく、拓哉が4人を説得する形で今回の生放送によりファンのみならず国民の皆様に謝罪する異例の事態に発展していた。 これでSMAP5人は解散しないという意思は示したものの残るはジャニー氏、メリー氏、ジュリー景子氏が3人を許すのか否かに焦点が移ることになった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日芸能プロダクションジャニーズ事務所は人気グループSMAPのメンバーが独立に関する話を行っている事を明らかにした。事務所からの詳細はこれ以上語られなかったものの、今朝の日刊スポーツではSMAP解散!木村以外独立!スポニチではSMAP分裂危機!木村以外独立の方向!とあり、これが実現した場合SMAPは本人たちの意志では解散は宣言する事がなくても活動が権利などの関係で事実上無理となり事実上の解散状態となる。これで2016年は年明け早々激震の走るニュース次々と飛び込みSMAP解散へで更なる激震走る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画「HERO」はドラマ「HERO」のシーズン2のその後を描いた作品で劇場版は8年ぶりとなる。交通事故による死亡事件を聴取していた久利生が大使館という国境の先に事件のカギがあると治外法権を超えようと奮闘し事件の真相に迫っていくストーリーである。久利生の真実を求める姿勢は最後には必ずこれで良かったという結論に達する事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」最終話は久は恵から仮面に見えるという言葉は恵がかつて久に言った言葉だった。そんな中で久は良雄が以前トレジャーランドへ行ったという話からその時に渡した宝物の箱のカギを手にした久はそのカギの中にはかつて良雄の事を自分の子供じゃないではないかと疑った事実と、かつて手がけた事業のデータが入っていた。そのデータは会社の損失隠しを明らかにするものだった。その事実を社長に直接告げてから久は警察に出頭して逮捕されるが、データから久は関わっていないという事実が証明されて釈放された。しかしその直後久は自宅マンションが火事になっている事を知り恵を助ける為に決死の覚悟で恵を助けて意識を取り戻した直後に久は恵の仮面が消えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第9話は香がガンで精神的に不安定になっている中で香が以前から進めていた取材の出版の仕事を久は手伝う事を決意する。その一方で久は以前会社のプロジェクトである損失について気づき始めていた。それを調べるとその損失を埋める為に久は恵と結婚したらしいという事が判明する。その一方で久の行動を知った会社側は久をバーレーン支店に飛ばす事を通告する。その一方で営業13課の廃止を行い久は退路を断たれる。そんな中恵は久にあなたが仮面に見えると告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第8話は恵のかつての恋人との写真を見てしまった久は自らの過去を知ろうと色々辿るとかつての愛人の杏子のマンションのカギが一致してかつて久が不倫していた時代を思い出す。そんな中でも記憶が定かじゃない久はかつて自分が社長秘書だった杏子と不倫していた事が信じられない。そんな状況の中で娘のすばるから呼び出された久は香ががんで入院している事を告げられた。しかし香の希望で伝えないでほしいと言われていた事を知り会わない事にしたが、すばるの呼び出しで再び香に会う事を決意し会いに向かった。その頃恵は元カレの本城と密会していたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第7話は久は事故後初めて恵とキスを交わしたが恵の仮面は取れなかった。そんな中で脳神経外科医の筑波良明は何かの不信感なのではないか?と診断される。一方そんな中久の父洋蔵が突然現れた。久とは実に35年ぶりの再会だったが、家を出て行った洋蔵と久には深い溝があった。しかしそんな久も昨年の出来事で幼稚園に良雄と一緒にいた事が告げられた。どうして幼稚園にいたのか調べる久だったが、そんな状況で久は洋蔵が要介護2である事を知った事でこれまでと違った感情になり洋蔵が引っ越すという事で会いに向かう。そして洋蔵と久は35年ぶりに和解した。一方で香ががんである事告げられたが久には告げなようにとすばるに告げられていた。そして久と恵に決定的な溝があった事を久は知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第6話は久は母の病気の事を知り動揺しながらも自らの別荘がある事を聞かされ、別荘に行って休養する事にする。そしてその別荘には昨年も訪れており、その時には良雄の受験のための訪れただけだと知る。そんな中で久は仕事に追われていた自分と今の自分が正反対である事をさらに痛感させられる。そんな中良雄が行方不明になり恵と共に探すと良雄が怪我をしているところを発見し病院に連れて行くが、命に別条はなかった。そんな中で久は恵に顔が見えないと打ち明けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第4話は久が以前単身赴任していた先のお店やアパートを訪れると既にそこには知っている人はいなかった。その代わり以前暮らしていたアパートには経営者だった人が住んでおり、実はそのアパートに住んでいた人は以前久が手掛けた案件で倒産した会社の経営者だったのだ。その過去を調べて行くと、久が当時相当焦っていた事を知る。その罪悪感から久は謝罪するが、今と全く正反対な性格に驚きを隠せない。一方良雄の私立受験をさせようとしていたのも久だった。久の過去には自分の思い通りにならなかった人生を歩ませたくない思いがあった。しかし良雄はサッカーをしたい思いが強くそれを知った久は考えを改めて受験を止めさせる決断を下したシーンがだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第3話は久はどういう訳か以前の妻香の父和也の七回忌法要の会場にいた。当初はどうしてこの場所にいるのかわからず、親戚に殴られてようやく以前の記憶だった事を知る。そしてそこから妹祥子から過去の自分について色々聞こうとする。そんな中久には息子良雄の運動会に出る予定だったが、当日番組で商品の宣伝で出演する事になった。しかしそんな中久の元にすばるが現れ、久に以前ラベルを集めていた事を伝えると、久はかつての家族だった頃を思い出し久は1つのカギを使ってかつて結婚した経緯を思い出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」第2話は以前レンタルビデオ店から借りたDVDが延滞料が発生している事を聞かされた久はそこから大学時代の親友が監督している事を思い出し、10本のカギの1つがその親友の家だった。そこで過去を知る親友から以前の久について聞くと久はその親友から恵を奪った事を告げられる。そして久は息子の良雄には厳しく教育をしていた事も知り、かつての自分はかなり非情で厳しい人間だった事がわかった。そして久は恵と結婚する前に借りていた部屋の道具を預けているトランクルームのカギが10本の1つにある事がわかり久はそこでかつての仕事の資料を活かして仕事の契約を成立させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「アイムホーム」はある事故で記憶障害となった男が自分の過去を知ろうと手元にあった10のカギから自分探しを始めるストーリーである。以前の自分は今の自分とは全く正反対だったという事実にどう向き合っていくのか注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」最終話は殺人容疑で送致されていた被疑者を久利生は冤罪の可能性がありながらもそれを承知で起訴して裁判に持ち込まれた。しかし肝心の事件を起訴した元検事は証言を求めても拒否し続け決定的な証拠を得られない。そんな中で始まった裁判は当初は久利生の不利で始まった裁判は久利生は追起訴という形で裁判を継続する。しかし世間、マスコミは警察の冤罪を追及されるが、久利生は真実を追求した結果起訴したと牛丸次席は説明する。そんな中で元検事を説得しようと田村検事、馬場検事、宇野検事が行くも尽く門前払いを食ってしまうも、そこに末次事務官がこのままで本当に良いんですか?と問い掛ける。しかし法廷に現れたのは被告人の証人としてだった。しかし久利生はそこで元検事に質問を問いかけて法廷の場はどんな場所なのか?という事を問いかけると元検事は自ら下した起訴は間違いだったと認め、これにより裁判は逆転で被告人の無期懲役が言い渡され、久利生は見事に事件を解決して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」第10話は久利生と麻木が特捜部の応援で東京地検へ向かう。特捜部では現職大臣と建設会社の贈収賄を裏付けるための証拠固めが行われていた。久利生が任されたのは運転手に調書にサインさせるという何の根拠もない起訴だった。疑問に感じた久利生は運転手の再度聴取しそこで運転手は当時休みで寝ていて映画館で映画を観ていたと証言し、状況証拠集めを開始する。そして証言通り映画館のチケットが見つかり、さらに聴取すると芸人を見てこけたという証言を立証するため芸人に会うと、今度は芸人が会って話し、その場にいたタクシーのドライブレコーダーで写っている事が判明し運転手はシロとなったが、久利生は特捜部の手伝いをクビになった。一方城西支部では殺人容疑で捕まった被疑者が以前にも発生した通り魔事件の容疑者である可能性が浮上し、更にその1件が容疑者が逮捕され既に実刑判決を受けて死亡していた。これは冤罪事件ではないかという事が浮上して久利生らは真実を追求しようと起訴に踏み切るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」第9話は麻木が注文したDVDが届かない事をぼやいていたが、そんな中仲間ひとりを集団で暴行して死なせてしまった事件で4人の大学生が暴行致死容疑で連行されてきた。4人ともそれぞれ黙秘を続けて取り調べが進まない中久利生は自ら大学生が通う大学、そして食堂、さらに殺人現場となったトイレの現場検証を行った。そして久利生ら4人の検事が大学生の証言を次第に崩してきてトイレの殺害現場で大学生4人とは別の人物の諮問が検出され、その人物に任意同行してもらう事にした。そして久利生はその人物に対して大学生が次第に証言を崩していくさまから追及して行き、ついに久利生はその人物を緊急逮捕し、この事件が詐欺グループのリーダーによる殺人事件だった事を立証したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第8話は暴力団幹部襲撃事件で殺害したとされる被疑者が送検されてきて暴力団員との抗争という事を各検事が敬遠し、久利生がこの事件を担当する事になった。取り調べないようを読み上げると被疑者は全てを認めてこのまま起訴されるはずだったが、久利生は身代わりになって出頭したと感じ、自ら現場検証と聞き込みを開始する。しかしその前に顧問弁護士が立ちはだかり、その顧問弁護士は宇野検事が司法修習生の時の先生だった。しかし久利生にはそれは全く関係なく検証を進めると、再度被疑者に問い質す。しかし問い質した中で久利生はこの被疑者を起訴するだけの証拠がないと不起訴を決めた。しかしこれに顧問弁護士が反発し、暴力団も圧力を掛けてくるが、久利生は屈する事無く最後まで検事として示した判断の正しさを示したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第7話はDVで妻に怪我を負わせた男の取り調べを久利生は行ったが、確り事情確認するために怪我をした妻の実家に行って直接妻から事情を聞くも、妻の母親が起訴してほしいと話すも、妻は起訴しないでほしいと話し始める。腑に落ちない久利生はさらに調査をすると、容疑者の夫が現れ、そこで妻へ宛てた手紙を渡そうとしていた。それを知った久利生はこれまで妻に何度も許しを乞うてきた事を知り、それが夫の為にならないと妻に諭して妻は最終的に起訴する事を了承したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第6話は遠藤事務官が合コンの最中に殺人現場に出くわしてしまい逮捕されてしまう。遠藤事務官の逮捕に城西支部は騒然となる。事務官の逮捕という事で特捜部が出てきて事態はさらに厄介になるが、それでも久利生たちは遠藤の無実を証明しようと慣れない聞き込みに奔走する。そんな中掴んだのが特捜部はある人物を匿っているという事だった。そしてその人物は刺された被害者であり、どうも腑に落ちない。そんな中掴んだのが赤い服の男だった。警察に確認すると遠藤は赤い服の男を見たと証言していた。そして赤い服の男を追うも見つからない。そんな中遠藤がLINEで送った写真に赤い服の男が写っており、それを警察に見せると指定暴力団の男だと判明する。その男はあっけなく逮捕され遠藤事務官の無実は証明されたが、何も謝罪しない特捜部に久利生が謝罪すべきでしょう!と語り特捜部を謝罪させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ