オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:本田翼

5
7月19日公開の映画「天気の子」を観賞した。

この作品は新海誠監督3年ぶりの新作で東京を舞台に家出してきた少年が究極の晴れ女と出会った事で様々な現象に出会うが、ある事件をきっかけに追われる事になるストーリーである。

天気が晴れない日々が続いてしまった東京の未来は一体どうなってしまうのだろうか?

続きを読む

4
5月24日公開の映画「空母いぶき」を観賞した。この映画はかわぐちかいじ原作の漫画を実写化した作品で架空の軍事国が日本の領海に侵入して島を占拠し奪還の為に日本の空母が向かうというストーリーである。

国を守るという事はどういう事なのかをよく考える作品になるだろう。

続きを読む

5
12月1日公開の映画「鋼の錬金術師」を観賞した。

この映画は荒川弘原作の人気漫画鋼の錬金術師を実写化した作品で等価交換錬金術を用いて亡くなった母親を取り戻そうとした兄弟が弟の体を持っていかれてしまい残された兄が弟の魂を宿した鎧と共に自分たちの体を取り戻しに行くストーリーである。

2度のアニメ化もありイメージが固定し過ぎた作品故に批判も多いが批判する前に確り観た上で語らないといけないだろう。


続きを読む

3
6日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」最終話を視聴した。

今回は菜美が旦那が公安の人間である事を知りバトルとなるも互いに互角の戦いを演じ決着が付かなかった。そして互いに話し合った結果勇輝は菜美に一目惚れし本来なら拘束しなければならないところを自らの妻にする事で監視名目として一緒になったという事だった。しかし最近の目に余る街での活躍ぶりに菜美をこのままにできないとドイツ行きを提案したのだった。

そんな中で優里が主婦売春グループから暴行を受けて入院した。当初は階段から落ちたという事だったがそうじゃなくそれを知った菜美は主婦売春グループからデータを根こそぎ奪い取った。しかし今度は京子が誘拐され、菜美は京子を助けに向かい見事に男たちを撃退したが待っていたのは勇輝からの最後通告だったシーンがメインだった。


続きを読む

3
29日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第9話を視聴した。

今回は菜美の住む街で主婦が命を絶った。その真相は闇の中だったが菜美も優里も京子もそれぞれ問題を抱えていた。京子は夫の浮気にショックを受け、優里は夫の態度に苦しみ、菜美は勇輝の突然の海外赴任の話に3人でランチする事もこれで最後になりそうだった。そんな中ついに勇輝の正体も見えてきて中で優里が主婦売春の集団に脅迫されたシーンがメインだった。
続きを読む

3
22日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第8話を視聴した。

困憊はホームパーティーに出席後にこの街で空き巣被害が発生した。空き巣被害が立て続けに発生したものの特に金品の被害があった訳じゃなく真相は謎を深めたが、菜美が動き出してこの事件は勇輝が犯人と鉢合わせとなった事で盗聴した相手を探し出している事を突き止めた菜美はある主婦が盗聴をしていた事実を知り、その盗聴内容がある政治家の汚職だった。

そしてそれを探している犯人をおびき寄せて戦うも相手は相当なプロである事を知った菜美は殴られた勇輝が只者じゃない事を確信したシーンがメインだった。

続きを読む

3
15日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第7話を視聴した。

今回はどういう訳か菜美が探偵をやっていると聞きつけた主婦友達がある人を探してほしいと依頼されて菜美はその人を探し始める。

しかし探した相手はかつて色々な悪事を働いて追われる人だった。菜美は合わせようと躊躇するも依頼通り対面させたが、その依頼者は離婚してその男と一緒にこの街を出ていったシーンがメインだった。

続きを読む

3
8日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第6話を視聴した。

今回は菜美の住む街で殺人事件が発生した。その殺人事件の現場に偶然居合わせた菜美だったが、その状況から不自然な感覚を覚える。その事件を調べるうちにこの事件が複数による犯行と読んだ菜美はこの現場にいた2人とその妻から話を聞く。

そしてその話からこの3人による犯行と確信した菜美は決定的な証拠を示した上で犯行の経緯を話を聞いた菜美は3人を突き出す事はせず3人の心情を踏まえて3人が新たなる街でやり直す事を提示して事件は解決したシーンがメインだった。

続きを読む

1日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第5話を視聴した。

今回は優里から家出しようと誘われた菜美と京子は共に家出する事にした。最近それぞれの旦那たちに対する不満が爆発した形で家出された旦那たちは右往左往していた。

家出した菜美たちはランチをしたりクラブに行ったりして普段のストレスを発散したが、クラブで優里と京子がナンパされそうになったところを菜美がアッサリ撃退して朝を迎えた3人はそこでそれぞれの過去を話し、そこで優里が乳がんの疑いがあると打ち明けられ3人で病院へ行く事になったが検査結果は異状なしとなったシーンがメインだった。

続きを読む

3
25日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第4話を視聴した。

今回は町内の読書会に出席する事になった菜美たちは読書の秋を過ごしていた。その最中読者会を主催している主婦の子供が誘拐される事件が起きた。警察には連絡せずにお金を用意して解決しようとする姿勢に菜美は疑問を抱く。

そんな最中犯人から送られてきたスマホから身代金1億円を用意しろ!と犯人から要求された。

犯人像が見えない中で菜美はこの家の異変と途中で現れた家庭教師の女性を怪しみ、そこからこの事件が家庭教師の女性が犯人と絡んでいる事を感じた菜美はかつての仲間のところを訪れてそこから犯人がいる場所の特定した事で菜美は犯人たちを撃退し、誘拐された子供を救出しこの事件が家庭教師の女性と夫の愛人関係の縺れから起きた事件だったシーンがメインだった。

続きを読む

3
18日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第3話を視聴した。

今回はカツアゲの現場を通りかかった菜美はその場の少年を助けたが、それをある主婦に見られてしまい、脅されるもその女性から喧嘩に勝てるよう強くしてほしいと頼まれた。菜美はその頼みを受けてトレーニングで体力とメンタルを強くするトレーニングを続ける。

その理由がボスと言える女性に負けない事だった。そのいじめに耐えるだけのメンタルを鍛えた菜美はその姿にボスの周りにいた女性たちすら菜美たちに群がっていった。ボスの女性はこれに激怒し、ついに犯行に走るもこれに菜美があなたは弱いと言って本当の強さを見せて制圧したシーン画面だった。

続きを読む

3
11日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第2話を視聴した。

今回は着物の着付けを習う事になった菜美、優里、京子はそこで出会った着付けに長けている女性と出会い意気投合する。しかし数日後町内の各家にある女性がかつてAV女優だったというチラシが入れられた。それが先日意気投合した女性だった。

当初はチラシだけだったが、次第にエスカレートして家にスプレーで落書きされてしまった事で町内の問題となる。これに菜美が自力で捕まえて解決すると提案し、菜美、優里、京子の3人で犯人を待ち伏せするがなかなか犯人は現れない。

そんな状況で女性が犯人と直接会う事で菜美は後をつけてアジトに辿り着き犯人らを撃退したシーンがメインだった。

続きを読む

3
10月4日スタートのドラマ「奥様は、取り扱い注意」を視聴した。

このドラマは裏社会で生きてきた女が名前を変えて普通の主婦になって身近に起きる事件を解決していくストーリーである。引っ越してきた街で起きる身近な事件に奥様たちは取り扱い注意をしながら事件を解決していく。

続きを読む

3
30日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話を視聴した。

今回は悦子はLassyの校閲の人員不足により校閲を手伝う事となり張り切る。

しかしファッション誌と雑誌というこれまでの校閲と違い

丁寧に読み解く時間が少なく、これまでのやってきた事が通用せず壁にぶち当たる。

決定的ミスをしてしまい落ち込む悦子だったが、

幸人がこれまで悦子に励まされてきた事を伝えようと

幸人が裏方の事についていろいろ調べていた事を

悦子に伝えて悦子は自信を取り戻して

Lassyの校閲を完成させたシーンがメインだった。
続きを読む

3
24日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第8話を視聴した。

今回は茸原部長は悦子に恋愛小説家の校閲を任せる。

悦子は恋愛小説家は厳しい人なのでいつも以上に仕事をしてほしいと注文する。

その言葉通り恋愛小説家は悦子にダメ出ししてくる。

校閲を大幅に見直す事になった悦子は恋愛小説家と接触して次第に理解しようとするが、

その先に恋愛小説家が病気で入院してしまう。

それでも悦子は小説の内容を知りたいという事で話を聞こうと病室に向かい、

そこで小説に命を懸けている姿を観た事で悦子は

小説に命を込められている事を知ったシーンがメインだった。
続きを読む

3
16日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第7話を視聴した。

今回は本郷先生の最新作を校閲する事になった悦子だったが、

その帰り際に幸人とバッタリ会ってしまうも何か空気が違う。

楽しく校閲している悦子だったが、

実は本郷先生と幸人は3歳の時に離れ離れになった親子だった事を知る。

貝塚に本郷先生と幸人とは確執があると聞かされた悦子は

ストレートに聞き出そうとできない。

しかし最新作で書かれている内容はどうしても幸人じゃないと

わからない事があり幸人本人に直接聞き出そうとすると

幸人は少し間を置いて経緯を話だし特に確執がないと語り

本郷先生と幸人は打ち解けたシーンがメインだった。
続きを読む

3
9日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話を視聴した。

今回は幸人と登代子が同居していると知った悦子は

状況を確りしようと冷静になろうとするが理解し切れずに動揺し続けていた。

そんな中で子供向けの新雑誌が創刊される事となり、

その中に有名作家の小説を掲載しようとするが、

子供には難しい表現が多く、この表現をどうしようか悪戦苦闘していた。

そんな中有名作家は掲載を取り下げた事で記事に空きができてしまうが、

そんな中でかつて作家志望の男と再会した貝塚は

その男に子供向けの雑誌に掲載しないかと持ち掛けて掲載する事になり

3日かかるところを1日で仕上げようと校閲部が

徹夜で作業に取り掛かり見事に完成させた。

その朝に悦子は幸人から告白を受けるシーンがメインだった。
続きを読む

3
2日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第5話を視聴した。

今回は人気スタイリストの校閲をする事になった悦子は

そのエッセイの校閲に張り切っていた。

しかし実際にそのスタイリストに会ってみると無駄を嫌うほど傲慢な人だった。

登代子が人気スタイリストに外れてと言われて落ち込んでいた。

悦子は人気スタイリストの実際に感じた事を調べるが

無駄な作業という捉え方をされてしまう。

しかしその無駄な作業を作業場を訪れた人気スタイリストが

悦子たちの無駄な作業があるから間違いが起こらないという事を知り、

無駄な作業はないと悦子は認めさせた。

しかし悦子はその直後幸人と登代子が

同棲している事を知ってしまうシーンがメインだった。
続きを読む

3
26日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第4話を視聴した。

今回は週刊誌の記者と接点を持つ事になった悦子は

週刊誌の記者のドブネズミ以下の仕事に怒りを覚えていた。

そんな中校閲した人気女優の自伝を手掛けていた悦子だったが、

その女優が隠し子のスキャンダルで記者会見を開く事となり

自伝も出版中止の可能性もあった。

そんな中で悦子は観ていられず記者会見場に駆け付けるが

そこで週刊誌の記者と対立する。

そんな中始まった記者会見は週刊誌記者のえげつない質問で

女優は倒れてしまいそこに現れた悦子の行動で

視聴者が女優を擁護する書き込みで溢れて悦子は女優を救った。

そして無事自伝は出版されたシーンがメインだった。
続きを読む

5
10月8日公開の映画「少女」を鑑賞した。

この映画は湊かなえ原作の少女を実写化した作品で、

死にたいと思うほどの経験をした2人の少女がいじめと向き合いながら

自分の居場所を見つけていくストーリーである。

いじめを経験した先にみるいじめに対する受け止め方は人それぞれとなるだろう。
続きを読む

3
19日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話を視聴した。

今回はファッションショーで幸人と再会した悦子は彼が作家の是永是之だと知り驚く。

そんな中悦子は米岡が担当していた

人気作家・四条真理恵の小説の校閲をする事になった。

この交代には好きな作家は校閲してはならない

というルールがありそれに従ったのだった。

そんな悦子に四条から会いたいと言われて会う事になる。

そしてその時に悦子が校閲していないメモが残されている事を知り、

その犯人が藤岩だった事が判明する。

実は藤岩も四条の小説のファンである事を隠していた。

それを知った悦子は四条にその事を伝えると藤岩に校閲をお願いする事になり、

当初は断ったが周りに押されて校閲する事になった。

そしてその校閲で四条は賞を受賞する事になり喜ばれるのだった。

その後悦子は幸人から小説の感想を聞かれて

詰まらないと答えたシーンがメインだった。
続きを読む

3
12日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話を視聴した。

今回は人気ブロガーの出版を校閲する事になった悦子は

節約術ブログの著者と意気投合するほど熱の入れようだった。

しかし悦子は張り切る中で校閲ではしてはならない表紙で

脱字を起こしてしまい悦子は5千冊に及ぶシール貼をする事になった。

責任を痛感した悦子だったが校閲部の全員がミスをした経験があり、

そのミスで多くの人を大変にしてしまう事で悦子は身をもって痛感した。

そして発表の日に悦子は先頭に立って謝罪するも作者もまた

ブログで誤字脱字だらけを校閲する姿に

誤字も自分らしいと話悦子は救われたシーンがメインだった。
続きを読む

3
10月5日スタートのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」を視聴した。

このドラマはファッション誌の編集をしたくて同じ出版社に

7回入社試験を受けた河野悦子が7回目で合格したものの、

配属された先が校閲部という誤字脱字を校正する部署に

配属され校閲の面白さに目覚めていくストーリーである。

校閲する人がいるから色々な文章も読みやすくなっている事を知る事になるだろう。
続きを読む

5
12月13日公開の映画「アオハライド」を鑑賞した。

この映画は咲坂伊緒原作の漫画を映画化した作品で

4年ぶりに再会した友人に再び恋をするが、

依然と違う態度に困惑しながらも再開した友人の過去を知っていくうちに

好きな人に立ち直ってほしいと奮闘する青春が描かれるストーリーである。

人は色々な経験をして成長して行くけれど、

その過程で大きなショックを受ける出来事にあった時

第3者としてどう向き合うべきなのかを考えさせられる事になるだろう。
続きを読む

3
15日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」最終話を視聴した。

今回はARX IX − THE LAST QUEENの暴走を止めるべくロイドは

ARX IX − THE LAST QUEENとの最後の戦いに挑んでいく。

七瀬が一度はARX IX − THE LAST QUEENに致命的なダメージを与えたが

それでも破壊するに至らず逆に麻陽たちがピンチに陥る。

そんな中ロイドは最後の手段に出る。

果たしてロイドはARX IX − THE LAST QUEENを

倒せるだろうかというシーンがメインだった。
続きを読む

5
11月22日公開の映画「すべては君に逢えたから」を鑑賞した。

この映画は東京駅を舞台に12月24日のクリスマスイブの出来事を6つのストーリーを

同時進行で描かれるストーリーである。

毎年この時期になると恋人同士と過ごすシーンが描かれるけれど、

時には偶然に、時には必然に、

そして最後のクリスマスを迎える人たちの想いが12月24日には秘められていた。
続きを読む

3
8日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第9話を視聴した。

今回は七瀬が多重人格者と診断された事で強制入院してしまうものの、

それを謎の美少女レイコに奪われてしまった。

実はレイコは七瀬が作り出したもう1人の人格だった。

その人格は黎士を超えるものだった。

そして謎の美少女は黎士の助手たちに魔の手を伸ばす。

偶然七瀬のパソコンをハッキングした星と葦母は助手たちが

襲われるのを察知して助けに向かった。

しかし既にその場に助手と謎の美少女は消えており、

七瀬のパソコンからアンドロイドのデータを駆使して作り出そうとするが

今度はレイコに2人が襲われ、隔離されてしまう。

そしてそこでレイコが黎士と比較された事により格差を感じて

もう1つの人格を作り出してしまった。

しかしそれに星が1番の理解者は七瀬だった事を告げられていた事を知ると

レイコはこれまでの行動が間違いだったと悟るも既に謎の美少女を止める術を失っていた。

それを完治したロイドだったが以前の戦いで瀕死の重傷を負ったが

サプリによって何とか復旧したものの戦う術が残っている状況じゃなかったが、

サプリ、カドシロの協力で助手たちと星たちを助け出しロイドは

謎の美少女と決戦に挑むシーンがメインだった。
続きを読む

3
1日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第8話を視聴した。

今回はロイドは見事にシステムが復活したもののどうしても記憶だけが戻らなかった。

その為に色々な手段を探そうとするも何の手段も見つけられず麻陽らは途方に暮れる。

そんな中で麻陽を襲う謎の美少女が現れるも、

その美少女はロイドよりはるかに優れた最新型のアンドロイドだった。

同じシステムのバージョンが上のシステムをインストールされているだけに

ロイドは全く相手にならない。

そんな矢先本来消されたはずのカドシロがデータとしてぬいぐるみに残っていた。

それに気づいた刺客たちは麻陽の部屋に押し入るも押し入った間に

カドシロが5Dソフトをインストールし、

そのシステムでアプリを復活させてさらにはロイドの感情のソフトを再インストールし、

それで記憶を取り戻したロイドは今度はアプリの記憶と感情の再インストールを行い、

さらにカドシロも復活させロイドはアプリとカドシロの3人で麻陽を守る体制が整い、

カドシロから麻陽に驚愕の真実を知ったシーンがメインだった。

続きを読む

24日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第7話を視聴した。

今回はロイドが再起不能までになっても麻陽を守ろうとしたが、

致命的なダメージのためにロイドは起動しなくなる。

それを見た葦母は麻陽と共にロイドは麻陽の部屋に運び入れるも

2人ではどうする事もできず麻陽は星を頼る事になる。

その星は警視庁に呼ばれ、そこで星は警視庁が100年後に繋がっている事を知る。

星は警視庁からロイドを殺すように暗殺ウイルスを渡される。

そして星は麻陽の部屋に到着すると、

そこでかつて黎士に言われた言葉を思い出した星は

そこでロイドが必ずしも暗殺ロボットでない事を知る。

何者かに作られた刺客ロボットである事を知った

星と麻陽はロイドを復活させようとするが、

そこで100年後からのメールと復旧データが送られそこでロイドが修復されるも、

それに察知した未来の敵が警視庁に動くよう要請しSITが迫る。

それを知った麻陽は捨て身の手段に打って出るも、

間一髪ロイドが復活し麻陽と未来の敵に警告を送る。

しかしロイドは以前の記憶を失っていたシーンがメインだった。
続きを読む

3
17日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第6話を視聴した。

今回はサプリを失ったロイドはサプリが残した感情プログラムで

これまでの無表情から感情が埋め込まれた。

そんな中麻陽は母親から余命わずかと告げられ、

花嫁衣装だけでも見せようとロイドを黎士として結婚写真を撮る。

しかしそれが嘘とわかるとロイドはその場から消えた。

ロイドが消えてから麻陽は星にロイドは人間じゃないと告げられてそれを認め、

葦母もまたロイドを追った。

そしてロイドは2113年にアクセスするもそれはわずかな空間からのアクセスだった。

そしてそのクライアントこそ100年後の黎士からであり、

そのアクセス先も黎士から送られた情報に基づいて

麻陽を守るように黎士の意思として送られた情報だった。

そしてロイドは自らの修復の為に未来からある修復ロボットを送り申請をして密かに送られた。

それを察知した2113年では黎士の脳を破壊しそれを阻止したように思われたが

ロイドは麻陽のお願いを受け入れて葦母を殺さず

刺客であるアンドロイドを始末しシステムダウンしたシーンがメインだった。
続きを読む

↑このページのトップヘ