オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:松本潤

3
27日ジャニーズ事務所は人気グループ嵐が2020年12月31日をもって活動を休止すると発表しメンバーがファンクラブサイトで活動休止の動画メッセージを公開した。

嵐は1999年11月にデビューし、その後日本を代表するアイドルグループとして大活躍し、今年で結成20年目を迎えていた。しかし来年でリーダーの大野智が40代を迎える事など今後の人生を踏まえて2017年6月下旬に「僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、思いを話しました。その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと。」という事をキッカケに1年半話しあってきた。

この事で他のメンバー4人も最終的にはリーダーの意向を尊重し事実上の解散となる活動休止を決断した。

これでアイドルグループ嵐は2020年12月31日の紅白歌合戦を持って事実上の解散となる。

続きを読む

3
18日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供弸能話を視聴した。

今回は死刑囚となった人が再審請求の依頼にきた。8年前に妻を殺害した罪で建造物放火及び殺人罪で死刑判決を受けていたのだが、息子は両親とは仲が良く父が母を殺す訳がないという事で深山と尾崎は自分たちの経験も踏まえて無実の立証に乗り出した。

そこで検察の立証と実際に色々な人の証言を照合するとこの事例に矛盾がある事がわかってきたが決定的な証拠がない。そこである人物が亡くなっていた事を知りその遺品からこの事件のカギとなる動画が発見される。そこに映っていた動画には証言者の矛盾を示す証言が発見されており、裁判官の前での検証の結果を証明し、再審が認められて無罪を勝ち取ったシーンがメインだった。

続きを読む

3
4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗7話を視聴した。

今回は佐田が顧問弁護をしていた社長が失踪した事で検察庁に呼び出されて逮捕されるという事態が起きた。佐田は当然心当たりがなく深山が調べ始めるが、社長が失踪した経緯が不透明のままだった。調査を重ねる深山はそこにある女の存在が判明するが、その女も何か隠していると感じた深山が探るとその女の部屋から背広やメガネが出てきた事で女を問い詰めると殺された日の朝に社長が持っていたスマホとは別のスマホがある事を知り、そのスマホの伝言からある事実を知った深山は真犯人を突き止めて佐田の無実を証明したシーンがメインだった。


続きを読む

3
25日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗6話を視聴した。

今回は尾崎の弟が逮捕された事で尾崎はかつて弟を助けられなかった自責の念と再び向き合う事になった。事件は尾崎の弟がやっていない事を立証するために様々な検証をしていくうちに尾崎がかつて関わったある人たちが浮上する。その人たちの証言を再検証すると尾崎の弟が犯行を行っていない事が明らかとなり、最初の事件の検証が今回の事件解決に繋がる事を感じていた。

そして最初の事件で社長のアリバイが崩れたのを契機に、当時のアリバイを話した発見者を再度アリバイを検証するとアリバイの矛盾を突き止めた深山たちはアリバイを見事に崩し尾崎の弟の無実を証明したシーンがメインだった。

続きを読む

3
4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗4話を視聴した。

今回は刑事事件の相談に来た女性が夫は殺人をやっていないと主張して深山がこの事件を最初から検証し始める。佐田はこの案件には乗り気でなかったが深山のペースに乗ってしまいまたも民事で失態を犯してしまう。深山はこの事件を検証するに当たり数多くの矛盾を掴み始めていたが決定的な証拠がまだない。

そんな中で裁判が始まり証人の証言からいくつかの矛盾を掴んだ深山はこの事件は依頼者の夫が殺した事件ではない事を確証した。そして深山は法廷で証人の証言の矛盾を突いて見事に承認の嘘を証明して真犯人は逮捕されて事件は解決したシーンがメインだった。

続きを読む

3
28日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗3話を視聴した。

今回は人気ロック歌手があるジャーナリストの殺人容疑とその目撃者の殺人未遂容疑で逮捕された。当初は佐田が弁護を担当したが大失態により事態が悪化してこの仕事は深山に回ってきた。

深山はこの事件は目撃者証言が大きく左右する事を察して負傷した目撃者証言を覆す手掛かりを探し続ける。そして状況から証言にある違和感を感じた深山は負傷した女性の意識が回復して目撃した場所の状況を確認する。その中で深山は証言から決定的な違和感を感じて被害者の婚約者と接して凶器で使われたであろう写真立てを調べて決定的な証拠を発見し深山は法廷で被害者女性の証言を覆す事に成功し無罪を勝ち取ったシーンがメインだった。

続きを読む

3
21日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供彗2話を視聴した。

今回は深山の父が逮捕された事件証拠から手掛かりが見つかり再び26年前の事件と向き合う。当初この事件は物的証拠が乏しく検証は難航したが、あるお守りから手掛かりを探り出した。そしてわかったのは当時送った当時の中学生がコンビニの前で立っていたのを見て車に乗せて送ったのだった。その証言が抜けており、その証言を1つ1つ洗い直す深山の捜査手法に尾崎は深山の過去を知った上で捜査に協力していく。そして捜査の先にみたのは警察の証言や証拠の検証が不十分だったという事だったシーンがメインだった。

続きを読む

3
1月14日スタートのドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON供廚鮖訥阿靴拭

このドラマは2016年4月に放送された99.9-刑事専門弁護士-の続編であり、99.9%有罪とされた事件に深山大翔が挑んでいくストーリーである。新たなるパートナーと共に再び99.9%の事件に深山大翔は挑む。

続きを読む

5
10月7日公開の映画「ナラタージュ」を観賞した。この映画は島本理生原作の小説を映画化した作品で、高校時代に居場所がなかった女性がある教師に居場所を与えられた事で前を進んで生きて行けるようになり、その教師に恋をした時代を回想するストーリーである。

どの時代もあの頃を思い出すものだけれど、教師と生徒の関係ほど難しく切ないものはないと感じるだろう。

続きを読む

3
19日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」最終話を視聴した。

今回は深山は連続殺人事件の容疑で逮捕された被告の弁護を担当することになった。

逮捕された被告は無実を訴えるが、

髪の毛が現場で見つかっておりまずアリバイを崩さなければならなかった。

そんな中深山は偶然見つけた2つの殺人事件の内容が

今回の内容と瓜二つである事に着目してそちらの詳細も調べ始める。

そんな中で深山はこの事件の共通点が5年前に同じ病室で一緒だった

という共通点が確認された。

そしてその病院に被告も3か月前に人間ドックを受けていた事も判明し、

そこから調べていくと当時主治医を務めていた人物がセクハラをしていた事が

生き残った1人によって判明し、

そして深山らは当時の主治医を問い詰めて事件は冤罪である事が確定したが、

深山はこの事件が検察の冤罪行為で

ある事を最後まで追求していく意思を示したシーンがメインだった。
続きを読む

3
12日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第9話を視聴した。

今回は深山らは資産家会長の殺人事件の弁護を担当する事になった。

連絡を受けた深山、佐田、立花は現場に駆けつけると既に会長は死んでおり、

殺害したのは介護していた3男の妻だった。

残る6人のうち5人は自宅にいたがまずそれぞれの事情聴取を取る事にした。

事情聴取したものの、全員が凶器とされたネクタイの色を

普通ならオレンジ色というところを朱色という不自然な供述をした。

そして更にワインの跡が残っていなかった事を不審に思う。

そんな中調査をすると佐田は会合に出席したという会で

長男が途中で抜け出していた事を確認すると、

長男の犯行が明らかとなり、3男の妻は無実が証明されたものの、

一族全員が罪を被った事になり全員に相続権を失う事になろうとしたが、

3男の妻は妊娠しており、

まさかの計画的犯行という事態が明らかになってしまったシーンがメインだった。
続きを読む

3
5日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第8話を視聴した。

今回は突然深山が逮捕されてしまった。

経緯もわからずおどおどする立花たちだったが、

当然深山の弁護を佐田と立花でする事になる。

事件の詳細は深山が会っていた相手が突然倒れて亡くなった事による殺人容疑だった。

深山はその時かけたドレッシングに毒物が入っていたからという証拠だった。

その証拠は不確定要素が多く、佐田と立花は深山の指示を受けながら

経緯を辿ると深山の父親が殺人容疑で有罪判決を受けて控訴中に亡くなった過去を知る。

その過去が引き金になっている事は明らかだった。

そしてその筋から調べると深山がかつて扱った事件の相手が有罪判決を受けており、

その判決による恨みによる事件という筋があったが、

そこでその筋を辿ると現場にいた男との接点がわかり、

佐田と立花が聴取すると犯行を認めて法廷に証言する事を約束する。

そして法廷で深山は自らの主張で矛盾を話し、

その上で証人が現れ、承認がこの事件の経緯を話した事で

深山の無罪が確定したシーンがメインだった。
続きを読む

3
29日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第7話を視聴した。

今回は完全犯罪で殺害した副社長だったが、

その事件で逮捕されたのは同社専務取締役だった。

当初は容疑者である専務の弁護人となり、

専務がまったく見に覚えがないという証言から

この事件を検証する深山たちは副社長の証言に違和感を感じていた。

そして色々調べていくと凶器となった花瓶を再度検証すると

花瓶にはある仕掛けがされている事が判明し、

裁判でその証拠を突き出した事で専務の無実が証明され

副社長は逮捕されたシーンがメインだった。
続きを読む

3
22日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第6話を視聴した。

今回は18年前の事件を検証することになった深山は

当時事件に関わっていた佐田も巻き込んで事件解決に奔走するが

時代が立ちすぎてなかなか証言を得られない。

そんな中で当時の交流関係から聞き込みをすると不可解な証言を得ることに成功した。

しかし問題はこの証言を検証できるかにかかっていたが、

もう一度18年前と同じように検証すると今の技術で

バイクに映っていた人物の身長が175cmであり、

捕まった犯人とされた人物が165cmだった事で大きな矛盾が生じて

不可解な証言をした人物に再度その事を聞き込むと

事件の内容が明らかとなり真犯人を突き止めた。

これにより18年前の犯人の無罪が証明され、

アリバイした人物もアリバイが崩れ逮捕される方向になったシーンがメインだった。
続きを読む

3
15日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第5話を視聴した。

今回は暴行事件の弁護をする事になった深山は立花と共に謁見するが

容疑者がその場で倒れてしまう。

このまま死亡すると被疑者死亡のまま不起訴か起訴されて書類上の処理で終わる。

しかし深山はこの事件の真実を追い求めて検証を開始すると

頭を打った原因はハッキリしたが、

容疑者が言っていたお前が殺したんだという言葉の意味を捜査した。

そうすると18年前に容疑者の父親が自殺と扱われた事件があり、

その事件と同じ日に資産家令嬢殺人事件が発生し

多くの捜査員はそちらに向けられていた。

そんな中当時関わった元刑事との接触に成功し

この事件は自殺ではないと感じていたと語る。

そこで深山は容疑者の父の手帳から殴られた社長が

かつて容疑者の父に融資を申し出ていた事を掴んだ。

そしてそれとアリバイを掴んで追及したがその社長は何故か強気な発言をする。

そして深山はこの事件と当時起きた令嬢殺人事件に接点がある事に気づき、

当時担当弁護をした佐田を引っ張り出すシーンがメインだった。
続きを読む

3
8日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第4話を視聴した。

今回は痴漢で現行犯逮捕された研究者を弁護する事になった深山たちは

状況証拠を探すために色々と再現する事にしたが、

痴漢された女性は男をおんぶしたと話したが女性の体格では

逮捕場所まで45分かかり30分で到着する事は出来ない。

そこから矛盾を探っていたが研究者が示談を申し出た事で弁護は1度終了する。

しかし腑に落ちない深山は独自に調査をしていたが

痴漢された女性と飲んでいたバーの店長が実は恋人同士である事が判明し

研究者は冤罪に巻き込まれた事が間違いなくなる。

その直後研究者が無実を証明したいと申し出てきたものの

既に示談した案件は事件として解決済みとなっておりやり直しが利かない。

しかし詐欺罪で告訴すれば無罪を勝ち取る事が可能という逆転発想で

深山は佐田にこの案件は騙されたと囲い込み佐田も示談した事を後悔し、

詐欺罪で告訴に持ち込もうとする。

そして女性とバーの店長を同時に呼び出して供述に矛盾がある事で

2人を白状させた後この犯行を主導した同じ会社の社長を呼び出し

社長の犯行が明らかになったところで社長を告訴し無罪を勝ち取ったシーンがメインだった。
続きを読む

3
1日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第3話を視聴した。

今回は深山が弁当の調味料を話している中で新たな案件が舞い込む。

その案件は建設会社の金庫から非常用資金1000万園が盗まれた事件だった。

その事件で逮捕されたのが経理をしていた女性事務員だった。

女性事務員の家から1500万円が発見され、

それで容疑として起訴されそうになっていたが、

女性事務員はそのお金の事を全く話そうとしない。

そんな中で担当となった立花は話を聞こうとするも証言を拒否する。

どうして拒否するのか首をかしげる立花と深山は女性事務員の生い立ちを調べると

依頼人の母親は実は15年もあった事がなく、

母親との接点はないと判断し、盗まれた金庫を調べ、

さらに女性事務員の日常を調べると女性事務員は事務職とは別に

夜の仕事をしている事を突き止める。

しかしそれでも拒否をする。

しかし母親の手紙を見せた事で状況は好転するが、

ここで建設会社の社長がある取引をしている事を突き止め、

そして金庫の番号のからくりを知った深山と立花は

この証拠を裁判で検証して見事に

女性事務員の無実を証明したシーンがメインだった。
続きを読む

3
24日ドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」第2話を視聴した。

今回は正当防衛を主張する容疑者を弁護することになった深山は

佐田の忠告を聞かずに事件の真相を追う事に没頭する。

そんな中状況証拠の中で容疑者は2回刺したと証言しているものの、

その後の検証で5回刺している事がわかり、証言の矛盾を調べ始める。

そんな中殺された被害者はかつて傷害事件を起こしており、

その事件の後に自殺した女性の婚約者が容疑者の男性だと判明し、

事件はその時の事件からの流れだと知る。

そして事件を調べるとその時の目撃者がいる事が判明し、

その目撃者はホームレスだった。

そして待つ事数日ようやく表れたホームレスが容疑者は2度刺したが、

その後現れた男が3度刺して口止め料としてお金を貰ったと証言した事で

犯人はもう1人いる事が分かり、もう1人の犯人を追うと、

深山は心当たりある店の店長を思い出し、

その店長は決定的な証拠画像と口止め料として渡された封筒が

決定的な証拠となり殺人容疑で逮捕され、

容疑者は殺人未遂として起訴されたシーンがメインだった。

続きを読む

3
4月17日スタートのドラマ「99.9−刑事専門弁護士−」を視聴した。

このドラマは刑事専門弁護士が0.1%の無罪の可能性を信じて真実を追求するドラマである。

冤罪事件もある中で被疑者の無罪をどう証明していくのか注目したい。
続きを読む

5
10月12日公開の映画「陽だまりの彼女」を鑑賞した。

この映画は中学生時代の同級生と偶然再会した2人が意気投合して直後に結婚するも、

その直後2人には思いもよらぬ結末を迎える事になるストーリーである。

偶然の再開が時として2人を結びつけるが

このストーリーの結末はあまりにも奇想天外な結末に

人生何処に運命が転がっているかわからないものだと知る事になるだろう。
続きを読む

3
3日ドラマ「ラッキーセブンスペシャル」を視聴した。

このスペシャルドラマは2012年1月期に放送されたラッキーセブンの続編で、

今回はラッキー探偵社の7人がある男性の事救ってほしいと依頼され、

そこから数多くの詐欺行為をする天才経済学者の悪事を暴いていくストーリーである。

何時もの駿太郎と新田の喧嘩から始まり、

最終的には息の合ったコンビで事件を解決していく姿は

やはりラッキー探偵社は7人揃っての探偵事務所だという事を示してくれた。
続きを読む

3
19日ドラマ「ラッキーセブン」最終話を視聴した。

今回は瞳子が何者かに捕われて警察に捜査を依頼するが警察は動かない。

そんな中瞳子の携帯からメールが届き、そこに手帳を渡すように脅迫してくる。

それに乗った駿太郎たちは手帳にGPS機能をつけて追跡するがそこは船の中だった。

瞳子救出のために向かった駿太郎と飛鳥は潜入し、

瞳子を救出しようとするも途中で囲まれ駿太郎も追い込まれるが、

そこに輝が現れ、このピンチを救う。

輝からの情報で黒幕は八神コーポレーションで

かつて瞳子の父が関わった住民運動の相手だった。

そして手帳から決定的な証拠と場所を見つけ、

そこで八神コーポレーションに潜入捜査をする事になった

7人はそこで八神コーポレーションでの決定的な証拠となる鍵を見つけて、

そこで八神コーポレーションの談合が明らかとなり

瞳子の事件は解決したシーンがメインだった。続きを読む

3
12日ドラマ「ラッキーセブン」第9話を視聴した。

今回は16年前の事件について輝が気づいた事に瞳子は

16年前の事件を知られるのを気にしていた。

そんな中駿太郎はストーカーのボディーガードをする事になった。

最初は何もなく過ぎたものの、その間に淳平が由貴に呼び出され、

16年前の事件について聞かれる。

そんな中瞳子は部屋が荒らされた事を感じて16年前の事件をが動いている事を感じるも

駿太郎、淳平、飛鳥には伝えなかった。

そんな中駿太郎はボディーガードをしていた女性がストーカーに襲われ、

駿太郎は犯人を取り逃がすも、

後日女性と再会した直後女性が事務所に忍び込んでいる所を尾行して取り押さえたが、

ストーカーだった女性の仲間が現れ、格闘になるも見事に撃退したが、

瞳子が連れ去られるシーンがメインだった。続きを読む

27日ドラマ「ラッキーセブン」第7話を視聴した。

今回は昔の恋人が幽霊で出るということで調べてほしいという老女の依頼が来たものの、

さすがに幽霊の調査はできないと最初は断る。

その頃淳平がお見合いをする事になりそれを尾行した駿太郎と飛鳥はお見合いを妨害し、

お見合いは破断する。

しかし翌日その事を謝罪しに伺った淳平は再度アタックする。

その話の中で駿太郎は老女の依頼を思い出していた。

事務所に戻った淳平は瞳子から老女の依頼はさすがに酷だろうと依頼を断りましょうと言われる。

しかし淳平はそんな事を受けて老女の依頼を自費で受ける事にした。

その調査で老女の恋人の所在がわかり報告に向かう

淳平と駿太郎はそこで多額の通帳を見せられたシーンがメインだった。続きを読む

3
13日ドラマ「ラッキーセブン」第5話を視聴した。

今回は輝が指名手配され、ラッキー探偵社が営業停止に追い込まれそうになっていた。

輝がどうして逃亡したのかを調べ出した瞳子たちは

依頼主であった人物がかつて探偵事務所をやっていた事を知る。

その証拠を探し始めた中でついに流失ルートが携帯カメラだという事が判明し、

調査の結果週刊誌とのやり取りはメールだけで人物の顔は全く見ておらず輝が犯人じゃなく、

その人物が実は週刊誌に売り渡した犯人だという事が判明し行方を追うが行方が全く掴めない。

瞳子は週刊誌のターゲットとなった事務次官に輝が何を言ったのかを確認しに行ったが、

瞳子は16年前の事件に何か絡んでいるという事だけが描かれた。

事件は突然警察が犯人を逮捕したものの、

犯人はただ操られていただけで黒幕は全く掴めず、

ラッキー探偵社は営業停止処分は避けられ、輝も指名手配が解かれた。

ただ輝はこれを機会に事務所を去り、駿太郎に後を任せたシーンがメインだった。続きを読む

3
6日ドラマ「ラッキーセブン」第4話を視聴した。

今回は輝が張り込みをして依頼主の調査をしていた。

そんな中輝が撮ったと思われる写真が週刊誌に掲載され、

その事がキッカケにターゲットの屋敷から盗聴器が見つかった事で

ラッキー探偵社が家宅捜索を受けて開店休業状態になる。

輝が指名手配された事で動揺する駿太郎たちは

どうして輝がこのような行動をしたのか思い当たる節が無い。

そんな中輝が発見され駿太郎が輝を追うが

駿太郎は輝の真意を聞き出せなかったシーンがメインだった。続きを読む

3
30日ドラマ「ラッキーセブン」第3話を視聴した。

今回は結婚詐欺を疑う男性がラッキー探偵社に訪れ、早速調査を開始する。

しかし対象の女性の警戒心が激しく尾行すら撒かれてしまう。

そんな中駿太郎は犬の世話をしていると、10歳の子と親しくなり、

その母親が調査対象の女性だった。

それがわかり身元があっさり発覚したものの、

その事情を知るにつれ駿太郎は悩むが、

瞳子のお互い理解する事が必要だと言われた事で

駿太郎はその子を依頼主として母親のやった事を解決してほしいと頼まれ、

駿太郎は見事にそれを解決して見せたシーンがメインだった。続きを読む

3
23日ドラマ「ラッキーセブン」第2話を視聴した。

今回はバイオ研究をしている会社から研究者の素行調査をしてほしい

という依頼を受けて輝が研究室への潜入捜査を開始した。

最初は変わり者の研究者というところだったが、

次第にライバル企業との密会がわかり報告する。

しかしその研究者は金で動く人じゃないと感じた輝たちは

奥さんに直撃するもそこで依頼人と研究者の関係を知り、

輝は再調査すると、その真実は依頼者に報告すべきと瞳子が語り、

輝は駿太郎と一緒に依頼者へ研究者の報告をして、

依頼者と研究者は再び打ち解けるシーンがメインだった。続きを読む

3
16日スタートのドラマ「ラッキーセブン」を視聴した。

このドラマは探偵事務所ラッキー探偵社に入社した

1人の男が探偵として数々の事件の調査をして事件を解決して行くストーリーである。

自由人をしていた男が突然スカウトされ、

そこで出会った探偵たちとタックを組んで事件を解決して行く展開には

月9にないスリリングな展開となる事だろう。続きを読む

5
28日公開の映画「花より男子 ファイナル」を鑑賞した。

この映画は神尾葉子原作の漫画「花より男子」を

ドラマ化映画化した作品で、

大金持ちの4人の男と貧乏人の少女が繰り広げる

コメディーラブストーリーで

2度のドラマシリーズを経て映画化され、

結婚を決めた2人が数々の試練を乗り越えていく

ウエディングストーリーとなっている。

人気テレビシリーズの完結編という事で

公開前から注目度が高く、

2008上半期ファイナルを飾る作品として

相応しい内容となっている。続きを読む

↑このページのトップヘ