オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:森福允彦

5
15日パシフィックリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第3戦

埼玉西武対福岡ソフトバンク戦が西武ドームで行われ、

2対3で福岡ソフトバンクが接戦を制してファイナルステージ進出を決めた。

試合は埼玉西武先発石井投手、福岡先発大隣投手の投げ合いで始まり、

4回に福岡が4番ペーニャの2点タイムリーで先制するが、

その裏埼玉西武も4番中村選手のホームランで1点差とする。

しかし福岡は8回に3番内川選手のタイムリーで突き放すが

埼玉西武は9回に5番オーティズのホームランで1点差まで迫るも

最後は岡島投手が抑えて福岡が3年連続ファイナルステージ進出を果たした。

これでパシフィックリーグはファイナルステージで

北海道日本ハム対福岡ソフトバンクが日本シリーズを掛けて戦う。
続きを読む

5
13日パシフィックリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第1戦

埼玉西武対福岡ソフトバンク戦が西武ドームで行われ、

1対2で福岡ソフトバンクが序盤で奪った2点を守り切りファーストステージ突破に王手を掛けた。

試合は埼玉西武先発牧田投手、福岡先発摂津投手の投げ合いで始まり、

2回に福岡が1死1,3塁から8番今宮選手のスクイズで先制し、

3回には3番内川選手のタイムリーで追加点を上げる。

埼玉西武も反撃を試みるも先発摂津投手の前にチャンスらしいチャンスを作れない。

しかし9回に埼玉西武は抑えのファルケンボーグを攻めて

代打カーターの内野ゴロの間に1点を返すも後続が続かずそのまま福岡が逃げ切った。

これで福岡ソフトバンクはファイナルステージ進出に王手を掛けた。
続きを読む

3
16日日本シリーズ第4戦中日ドラゴンズ対福岡ソフトバンク戦がナゴヤドームで行われ、

1対2で福岡ソフトバンクが初回の2点を守り切り対戦成績を2勝2敗と五分に戻した。

試合は中日先発川井投手、福岡先発ホールトンの投げ合いで始まり、

初回に福岡が4番小久保選手のタイムリーで先制し中日のミスもあり2点リードする。

中日も5回に1番荒木選手のタイムリーで1点差とし

、6回には無死満塁のチャンスに代打小池、7番平田選手、8番谷繁捕手がチャンスで打てず

最大のチャンスを逸すると福岡は8回からファルケンボーグが

2回を抑えて福岡が2勝2敗のタイに持ち込んだ。

これで中日ドラゴンズは王手を掛ける事ができず勝負は第6戦までもつれる事になった。続きを読む

↑このページのトップヘ