オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:浅丘ルリ子

3
14日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第19話を視聴した。

今回は森林を荒らす盗人を捕まえようと近隣の領主と共に追うが、

そこで捕まえた盗賊はかつて直虎が助けた人物だった。

直虎側が捕まえた事で直虎は盗賊の処遇を巡って政次らと対立する。

そんな中で直虎は盗賊を殺さぬと決断するが、

周りは災いをもたらすという事で打ち首にしようとする。

しかし直虎はそれを罪人の罰として何かできないかと模索する。

そんな中で罪人が逃げ出して直虎はまんまとやられたシーンがメインだった。
続きを読む

3
7日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18話を視聴した。

今回は直虎は種子島を作らせていた事を疑われ駿府へ連行される。

しかし方久は先回りして氏真に取り入って直虎を救って見せた。

そんな中で政次は相変わらず後見を譲るように迫るが、

これが井伊を守るためにやっているのではないかと

気づかされた直虎はどうやって井伊谷を守るのか?

と問われた政次は戦わずして守ると

語り直虎は政次の言葉を受け入れようとしていた。

そんな中武田義信が幽閉され今川との同盟に亀裂が入ったシーンがメインだった。
続きを読む

3
30日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第17話を視聴した。

今回は鉄砲の威力を見せられた直虎は鉄砲の製造しようと考える。

そんな中で虎松が周りに手加減されている事を知った直虎が

手加減する必要は無いと告げた事で虎松は

負け続けてショックで寺に行かなくなった。

当初直虎は虎松に井伊家を継ぐ者として

強くならなければならないと虎松に伝えるが、

これをみたしのが虎松から直虎を遠ざける。

しかし虎松は直虎に言われた言葉を受けて

再び直虎と向き合い何度でも挑み続ける事で

成長するという直虎の気持ちを受け入れ、

何度でも負けようと勝負に挑み続ける姿になった。

しかし再び政次に謀反の疑いあり!

と疑われたシーンがメインだった。
続きを読む

3
23日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話を視聴した。

今回は直虎は新たなる財政立て直し策として新たなる産業として

木綿作りに取り掛かろうとする。

しかし栽培するにも農家があまりにも

人材不足で作物を栽培する事すらままならない。

そこで直虎は各領主、村から人を借りようとするが何処も人材不足である。

しかしなかなか人材を集める事が難しく戦でも起きない限り人を

集める事そのものが難しい。

そんな中で政次が村人に噂を流す事を助言し当初は受け入れ難かった直虎だったが、

やってみたところ人が集まり井伊家は人材集めに成功したシーンがメインだった。
続きを読む

3
16日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第15話を視聴した。

今回は今川の徳政令の命令を直虎がはねのけた事で激怒した

寿桂尼が直虎に申し開きに来るようにと命じた。

それに直虎は行けば必ず殺されるであろうことは

直虎もわかっていたがこのままでは何も変わらないと駿府へ行く事を決意する。

しかし既に狙われている直虎は何者かに案の定襲われたが

中野直之に助けられた直虎はやはり行くのは

無理と政次に虎松の後見を任すと言って政次に駿府へ行かせた。

しかし政次が到着した直後になんと直虎が突如現れ行かないと言ったのは

政次に狙われている事を知っていたから時間差で向かったのだった。

そして直虎は寿桂尼に申し開きを行い、

徳政令が出せなかったのは事を問い詰められるも

その直後に到着した村人たちの書状が届き、

直虎を慕っている趣旨の書面を見せられた寿桂尼は

直虎を虎松の後見人と認め所領を任したシーンがメインだった。
続きを読む

5
2月5日公開の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した。

この映画は海堂尊の長編小説の「ジーン・ワルツ」を映画化した作品で、

産婦人科医の女医が4人の妊婦を診察する事になり、

その妊婦たちとの出産、

そして自らは不妊治療に対する

現状の医学界に対する挑戦をしていくストーリーである。

今の日本では普通に生まれて当たり前な事のように思われるが、

本来妊娠、出産はリスクを伴うものであり、

子供がほしい人たちに対する考え方、

そして倫理的な部分について最後まで考えさせられることになるだろう。続きを読む

5
21日公開の映画「博士の愛した数式」を鑑賞してきた。

このストーリーは事故で80分しか記憶が持たない数学博士と

その家に雇われたシングルマザーの家政婦と

その10歳の息子との日々が綴られている。続きを読む

↑このページのトップヘ