オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:田中将大

5
今年も残すところあと2日となりました。

今年は3月にWBC、6月にコンフェデレーションカップがあった位で

それ以降はレギュラーシーズンを過ごすという感じのシーズンになりました。

どうしても野球、サッカー中心になる故にシーズン中は両方駆け抜けている訳ですけれど、

今年は地元J1新潟に力を入れた1年だったと思います。

そんなスポーツシーンの1年を記事にした中から取り上げていきたいと思います。
続きを読む

5
3日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第7戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

3対0で東北楽天が美馬投手の好投を2番手則本投手、

最後は前日160球で完投した田中投手が志願の登板で抑え初優勝を果たし、

東北楽天は創設9年目で日本一を達成した。

試合は東北楽天先発美馬投手、巨人先発杉内投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が2死満塁までチャンスを広げるも6番坂本選手が凡退してチャンスを逃すと、

その裏東北楽天が5番マギーの打球をショート坂本選手がエラーして先制を許すと、

2回に東北楽天は2アウトから1番岡島選手のタイムリー2ベースでリードを広げられると

巨人は杉内投手を諦め2番手澤村投手を投入した。

しかし東北楽天は4回に9番牧田選手のホームランでさらにリードを広げられると、

巨人は2回以降チャンスらしいチャンスを作れず迎えた土壇場9回に

東北楽天が前日160球投げている田中投手をマウンドに送り、

巨人打線が最後の粘りを見せて2死1,3塁まで持ち込むも

最後は代打矢野選手が三振に倒れて巨人は40年ぶりの連覇を果たす事ができなかった。

これで東北楽天は田中投手がシーズン初の黒星を屈した翌日に

選手生命を縮める覚悟で最後はマウンドに立って抑え最高のシーズンを終えた。
続きを読む

2
3日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第7戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

3対0で東北楽天が美馬投手の好投を2番手則本投手、

最後は前日160球で完投した田中投手の暴挙に出てまで抑え初優勝を果たし、

巨人は40年ぶりに連覇を目前で逃した。

試合は東北楽天先発美馬投手、巨人先発杉内投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が2死満塁までチャンスを広げるも6番坂本選手が凡退してチャンスを逃すと、

その裏東北楽天が5番マギーの打球をショート坂本選手がエラーして先制を許すと、

2回に東北楽天は2アウトから1番岡島選手のタイムリー2ベースでリードを広げられると

巨人は杉内投手を諦め2番手澤村投手を投入した。

しかし東北楽天は4回に9番牧田選手のホームランでさらにリードを広げられると、

巨人は2回以降チャンスらしいチャンスを作れず迎えた土壇場9回に

東北楽天が前日160球投げている田中投手をマウンドに送る暴挙に転じ、

これに奮起した巨人打線が最後の粘りを見せて2死1,3塁まで持ち込むも

最後は代打矢野選手が三振に倒れて巨人は40年ぶりの連覇を果たす事ができなかった。

これで巨人は田中投手にシーズン初の黒星をつけたものの

最後は田中投手に抑えられて連覇の夢を阻止されてシーズンを終えた。

続きを読む

5
2日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第6戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

2対4で巨人が無敵のエース田中投手を攻略して逃げ切り

最終第7戦まで持ち込み逆王手を掛けた。

試合は東北楽天先発田中投手、巨人先発菅野投手の投げ合いで始まり、

2回に東北楽天が8番嶋捕手の内野ゴロで先制すると、

9番聖沢選手の打球をファーストロペスがトンネルして2点を先制を許す苦しい展開となる。

しかし巨人は5回に1死2塁から8番ロペスの汚名返上の2ランで同点に追いつくと、

3番由伸選手のタイムリーで逆転に成功した。

そして6回にも1死2,3塁から8番ロペスの内野ゴロの間に生還してリードを2点に広げると、

先発菅野投手は7回を3安打に抑えて2番手山口投手、

最後は3番手マシソンが抑えて巨人が無敵のエース田中投手の大きな壁を破って

3勝3敗のタイに持ち込んだ。

これで巨人は無敵のエースを攻略して最終第7戦で連覇を掛けて挑む。
続きを読む

3
27日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第2戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

2対1で東北楽天が田中投手の完投する好投で巨人に競り勝ち、

巨人は7回の内野安打と判定された誤審に泣いて

1勝1敗のタイとなって舞台を東京ドームに移す。

試合は東北楽天先発田中投手、巨人先発菅野投手の投げ合いで始まり、

5回まで両投手ともチャンスを与えてもホームを踏まさない好投を続けたが、

6回に東北楽天が1死2塁のチャンスに3番銀次選手のタイムリーで均衡を破る。

しかし東北楽天は1死1,2塁のチャンスを1塁走者ジョーンズがけん制でアウトとなり

追加点のチャンスを潰す。

7回にも東北楽天は2アウト1,3塁から2番藤田選手の内野ゴロに

完全アウトのタイミングにも関わらず1塁塁審がセーフと判定して追加点となる。

しかし巨人8回に巨人は2番寺内選手のホームランで1点差と迫るも

最後は田中投手を攻略できずに完投を許して対戦成績が1勝1敗となった。

これで巨人は無敵のエース田中投手に対して127球を投げさせて完投させる事に成功し、

東京ドームでの3試合で決着を付けに掛かる。
続きを読む

5
21日パシフィックリーグクライマックスシリーズ13ファイナルステージ第4戦

東北楽天対千葉ロッテ戦がKスタ宮城で行われ、

8対5で東北楽天が球団創設以来初となる日本シリーズ進出を決めた。

試合は東北楽天辛島投手、千葉ロッテ先発唐川投手の投げ合いで始まり、

初回に東北楽天が4番ジョーンズの犠牲フライで先制すると、

2回に3番銀次選手のタイムリーなどで3点リードしたものの

3回に千葉ロッテが7番GG佐藤の3ランなどで逆転に成功する。

しかし東北楽天はその裏4番ジョーンズの2ランで

再び逆転に成功したが7回に千葉ロッテが1番根元選手のタイムリーで同点に追いついた。

しかしその裏東北楽天は5番マギーのホームランで勝ち越しに成功すると、

8回にはダメ押しの2点を追加した。

最後はエース田中投手がマウンドに上がり千葉ロッテの反撃を抑えて

東北楽天が球団創設9年目で初の日本シリーズ出場を果たした。

これで東北楽天は初の日本シリーズで悲願の日本一を目指す。
続きを読む

5
12日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2ラウンド順位決定戦

日本対オランダ戦が東京ドームで行われ、

10対6で日本が2回に阿部捕手の1イニング2打席連続ホームラン、

1番に起用された長野選手の5打点で勝利し1位で準決勝進出決めた。

試合は日本先発大隣投手、オランダ先発ベルクマンの投げ合いで始まり、

初回にオランダが1番シモンズの先頭打者ホームランで先制を許すが、

2回に4番阿部捕手のホームランで同点に追いつくと、

9番松田選手のタイムリーで勝ち越し、

1番長野選手の走者一掃のタイムリー2ベースで5点を上げると

この回2打席目の4番阿部捕手の3ランでこの回一挙8点を上げた。

その後6回まで無失点に抑えたが、

7回に2点、8回に3点を失い2点差に迫られた

8回日本は1番長野選手の2点タイムリーで再び突き放し

最後は抑えの牧田投手が抑えて日本が1位通過で準決勝進出を決めた。

これで日本は準決勝から決勝まで中1日のアドバンテージを手にしてアメリカへ渡る。
続きを読む

5
8日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2ラウンド

日本対台湾戦が東京ドームで行われ、

4対3で9回2アウト2ストライクから

2番井端選手の起死回生の同点タイムリーで追いつき、

延長10回に7番中田選手の勝ち越し

犠牲フライを最後は杉内投手が守り切り崖っぷちの激戦を制して

準決勝進出へあと1勝となった。

試合は日本先発能見投手、台湾先発王建民の投げ合いで始まり、

初回に2番井端選手のヒットとチャンスを掴むも盗塁失敗で

チャンスを広げられずに迎えた3回台湾は2死満塁から

5番周思斉に押し出しの四球を与えて先制を許す。

5回にも2番手摂津投手が3番彭政閔にタイムリーを浴びて

2点リードを許す展開になる。

日本は6回まで先発王建民を攻略できずに迎えた

8回日本は2番井端選手、3番内川選手の連続ヒットで

チャンスを作り4番阿部捕手のタイムリーで1点差とすると、

6番坂本選手のタイムリーで同点に追いついた。

しかしその裏台湾は3番手田中投手を攻めて

5番周思斉に勝ち越しタイムリーを許してリードを許すも

その後4番手山口投手、5番手澤村投手が抑えて

迎えた9回2死1塁から出塁した鳥谷選手が盗塁を決めて、

これを2番井端選手が2ストライクに追い込まれながらも

同点タイムリーを打って追いつき試合は延長戦に突入し、

延長10回1死2,3塁から7番中田選手の犠牲フライで勝ち越した

日本はその裏7番手杉内投手が1死1,2塁のピンチを招くも

最後は8番陳ヨウ基を併殺打に打ち取り

日本が崖っぷちに追い込まれながらも

勝ち切り準決勝進出に大きく前進した。

これで日本は次の試合でキューバを破った

オランダに勝利すれば3大会連続準決勝進出が決まる。
続きを読む

3
6日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第1ラウンド

日本対キューバ戦がヤフオクドームで行われ、

3対6でキューバの強力打線に打ち込まれて敗れ

日本は2位通過でB組1位の台湾と対戦する事になった。

試合は日本先発大隣投手、キューバ先発ペレスの投げ合いで始まり、

3回にキューバが7番トマスのホームランで先制すると、

4回にも4番セペダのタイムリーで追加点を許し、

6回にも5番アブレウにタイムリーを許した。

日本も反撃を試みるも8回まで無得点に抑えられ、

8回にキューバは6番デスパイネの3ランで試合を決めた。

9回に日本は四球から3点を返したが及ばず日本はキューバに敗れた。

これで日本はキューバに敗れてA組2位となり

B組1位の台湾と第2ラウンド初戦で当たる事になった。
続きを読む

3
2日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第1ラウンド

日本対ブラジル戦がヤフオクドームで行われ、

5対3で日本がブラジルの大健闘ぶりに苦しみながらも逆転勝利をして辛くも白星スタートを切った。

試合は日本先発田中投手、ブラジル先発フェルナンデスの投げ合いで始まり、

初回にブラジルが日本のミスを突いて3番レジナットのタイムリーでまさかの先制を許す。

しかし日本は3回に4番糸井選手のタイムリーで同点に追いつくと、

4回には1番坂本選手の犠牲フライで勝ち越しに成功する。

しかしブラジルはその裏2番手杉内投手を攻めて

5番佐藤選手のタイムリーで同点に追いつくと、

5回には3番レジナットのタイムリー2ベースを許してまさかの勝ち越しを許してしまう。

反撃の糸口が見えないまま迎えた8回日本は代打井端選手のタイムリーで同点に追いつくと、

1死満塁から代打阿部捕手の内野ゴロの間に勝ち越し、

9番松田選手のタイムリーで2点差とした。

8回から4番手能見投手、最後は牧田投手が抑えて日本が苦しみながらも初戦勝利を上げた。

これで日本はブラジルの大健闘ぶりに苦戦しながらも

白星スタートを切り3連覇へ向けてスタートした。
続きを読む

3
23日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)壮行試合

日本対オーストラリア戦が京セラドームで行われ、

3対2で日本が途中出場の相川捕手の逆転3ランで勝利したものの

本番に向けて大きな課題を残した。

試合は日本先発田中投手、オーストラリア先発オクスプリングの投げ合いで始まり、

初回にオーストラリアが制球の定まらない田中投手を攻めて押し出しなどで

2点を先制されてしまう。

打線も4回までノーヒットに抑えられ苦戦する。

しかし2番手以降の杉内投手、能見投手、牧田投手は追加点を許さず

迎えた8回日本は1死1,2塁から途中出場の相川捕手の3ランで逆転に成功し逃げ切った。

これで侍ジャパンは壮行試合で打線に課題を残す結果となった。
続きを読む

5
20日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場する

侍ジャパンの28人のメンバーが発表され、

33人のメンバーから抑えとして期待されていた

浅尾拓也投手が不調によりメンバーから外れ、

山井大介投手、村田修一選手、大島洋平選手、聖沢諒選手が外れた。

選ばれた28人は投手13人、野手は捕手3人、内野手7人、外野手5人の構成となった。

これで侍ジャパンは3連覇を目指し23日の強化試合に挑む。
続きを読む

5
26日東北楽天の田中将大投手が、タレントの里田まいさんと3月に結婚する事を発表した。

田中将大投手は2006年の甲子園決勝で駒大苫小牧高のエースとして

現北海道日本ハムの早稲田大実業の斎藤佑樹投手と引き分け再試合の名勝負を演じ、

その年の高校生ドラフト1位で東北楽天に入団し、

1年目から先発として11勝を上げて新人王を獲得し、

3年目には15勝を上げ、昨シーズンは防御率1.27、19勝で沢村賞を獲得した。

里田まいさんは2002年に北海道の花畑牧場で酪農をしながら

アイドル活動をするカントリー娘。に加入して芸能界デビューをし、

2006年に「クイズ!ヘキサゴンII」で珍解答をするタレントとして

一躍脚光を浴びて2008年にはスザンヌ、木下優樹菜と「Pabo」で紅白出場も果たした。

最近では自身がプロディースする佐渡で収穫する里田米を発売するなど幅広い活動をしていた。

2人は2年前の「プロ野球オールスタースポーツフェスティバル」で知り合い、以後交際を続けていた。

これで田中投手は最良の伴侶とともに更なる活躍が期待される。続きを読む

5
24日オールスター2011第3戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

5対0でパシフィックが稲葉選手のホームラン含む猛打賞と

田中投手、ダルビッシュ、和田投手、斎藤投手らの豪華8人リレーで

セントラルを完封し2勝1敗でパシフィックが勝ち越し被災地宮城の人たちに奉げる勝利を上げた。

試合はパシフィック先発東北楽天田中投手、

セントラル東京ヤクルト先発由規投手の地元チームと地元出身投手の投げ合いで始まり、

初回にパシフィックが3番北海道の稲葉選手の2ランで先制すると、

3回にも3番稲葉選手のタイムリーで追加点を上げる。

パシフィックは先発田中投手、2番手に東北高校出身のダルビッシュが登板し球場を沸かせる。

結局その後もパシフィック投手陣が得点を許さず8人の完封リレーで

パシフィックが2勝1敗で勝ち越した。

これでオールスターはパシフィックの2勝1敗で終わり、

被災者の方々に奉げる勝利をプレゼントして終わった。続きを読む

29日東北楽天対オリックス戦がクリネックスタジアム宮城で

東北楽天のホーム開幕戦が行われ、

3対1で東北楽天がエース田中将大投手の完投で勝利し

ベガルタ仙台と共に仙台ファンに勝利を捧げた。

試合は東北楽天先発田中投手、オリックス先発朴投手の投げ合いで始まり、

2回に東北楽天が9番中村選手、2番聖沢選手のタイムリーで3点を先制すると、

先発田中投手が好投し7回まで無失点に抑える。

しかし8回にピンチを背負うとエラーで1点を失ったものの

最後まで追加点を許さず完投し、

東北楽天が勝利し被災者へ復興への一歩となる勝利を捧げた。

これで東北楽天はようやくホームで試合を開催し

サッカーベガルタ仙台と共に復興の象徴となる。続きを読む

5
24日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009

第2ステージ北海道日本ハム対東北楽天第4戦が

札幌ドームで行われ、

9対4で北海道日本ハムが2年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。

試合は北海道先発藤井投手、東北楽天先発藤原投手の投げ合いで始まり、

初回に北海道が5番スレッジの犠牲フライで先制すると、

2回には2番森本選手の3ランで4点リードする。

しかし東北楽天も4回に集中打で1点差と迫るが、

北海道は7,8回に2点、3点を奪って勝負を決めた。

最後は抑えの武田久投手が締めて北海道が

2年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。

これで北海道は3年ぶりの日本一へ向けて日本シリーズを戦う。続きを読む

4
23日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009

第2ステージ北海道日本ハム対東北楽天第3戦が

札幌ドームで行われ、

2対3で東北楽天がエース田中投手の好投で北海道の王手を阻止して

辛うじて望みをつないだ。

試合は北海道先発八木投手、東北楽天先発田中投手の投げ合いで始まり、

2回に北海道が4番高橋選手のホームランで1点を先制するが、

東北楽天は4回に2番渡辺選手のホームランで同点に追いつくと、

6番中島選手、8番草野選手のタイムリーで2点を追加しリードした。

北海道は8回に2番森本選手の犠牲フライで1点を返したが

最後まで投げた田中投手が北海道打線の反撃を振り切り

辛うじて大手を阻止した。

これで東北楽天はエースを使い果たして残った戦力での総力戦に挑む。続きを読む

2
ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
17日(日本時間18日)

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

2次ラウンド1組勝者ステージ日本対韓国戦が行なわれ、

1対4で先発ダルビッシュが捕まり再び韓国に苦杯を舐めて

キューバとの敗者復活2回戦へ回った。

試合は日本先発ダルビッシュ、韓国先発奉重根の投げ合いで始まり、

初回に韓国が2連打でチャンスを広げると3番金賢洙の打球を

セカンド岩村選手の悪送球で1点を献上し、

1死満塁で6番李晋映のタイムリーで2点を追加し、

初回に3点のビハインドを与えてしまった。

日本打線はチャンスを作ろうとするも

3,4回に2度の併殺打でチャンスを潰し、

5回にようやく1番イチローの内野ゴロの間に1点を返した。

踏ん張っていた日本投手陣だったが、

8回に四球でピンチを広げてしまうと、

5番手岩田投手の押し出しで1点を献上し、

最終回も殆ど反撃できず日本は準決勝進出を決められなかった。

これで日本は強敵キューバと準決勝を掛けて再び対戦する。続きを読む

5
25日東京都内でプロ野球高校生ドラフト会議が行われ、

注目の選手である駒大苫小牧の田中将大投手には

1巡目指名で横浜、オリックス、日本ハム、楽天の

4球団が競合し、くじ引きの結果楽天が交渉権を獲得し、

愛工大名電の堂上直倫内野手には

阪神、中日、巨人の3球団が競合し、

中日が交渉権を獲得した。

高校生ドラフト2年目は11球団が

1選手に競合する激戦となった。続きを読む

3
21日第88回全国高校野球選手権大会決勝再試合、

駒大苫小牧対早稲田実業が甲子園球場で行われ、

4対3で早稲田実業がエース斎藤投手の2試合299球の

熱投で駒大苫小牧の3連覇を阻止して初優勝を飾った。

試合は初回に早稲田実業が先制すると、

2回にもホームランで追加点を挙げる。

投げてもエース斎藤投手が5回まで無失点に抑える好投をする。

6回にホームランで1点差と迫るが、その裏追加点を挙げて、

7回にも試合を決定付ける追加点を入れた。

9回に駒大苫小牧が2ランホームランで1点差に追いすがるが

最後は斎藤投手が三振で締め括り

2試合24イニングの戦いに決着をつけた。続きを読む

↑このページのトップヘ