オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:薬師丸ひろ子

3
28日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第28話を視聴した。

今回は田畑はロサンゼルス五輪に向けて張り切っていたが、満州事変により状況は一変する。そんな中で田畑は犬養毅と対面する事となり犬養毅が次の首相となる。これをスクープした田畑だったが、日本水泳チームは前年の前哨戦でいい成績を上げておりロサンゼルス五輪へ向けて突き進んでいたが5.15事件により犬養首相は撃たれ田畑はそんな中でロサンゼルスへ向かうシーンがメインだった。

続きを読む

3
14日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第27話を視聴した。

今回は政治は次のロサンゼルス五輪で競泳で多くメダルを獲得する為に競泳プールを建設し強化を図ろうとする。一方で人材発掘も極力して政治は前畑秀子と出会う事になった。

一方で四三は兄実次の急死により実家の熊本に帰郷する事を決意し、帰郷する挨拶を治五郎にして四三は表舞台から離れる決意をしたシーンがメインだった。

続きを読む

3
7日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第26話を視聴した。

今回は田畑政治が高橋是清を口説いた事によりアムステルダム五輪に出場できる事になった日本代表は女性初の選手として人見絹枝を派遣する。人見絹枝は日本では無敵の強さを誇る選手で、五輪でもメダルが期待されたが100mでまさかの4位に終わり当初出場予定のなかった800mでメダルを目指す事になり見事に女子選手初となる銀メダルを獲得した。しかし人見絹枝は3年後に結核で亡くなるシーンがメインだった。

続きを読む

3
30日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第25話を視聴した。

今回は四三の五輪参加から今度は田畑政治による五輪招致の道へと歩み出していく。政治は水連を発足して独自に選手を育成に励むが、その傍らで朝日新聞社の政治記者として奔走し高橋是清から五輪費用の捻出に成功するシーンがメインだった。

続きを読む

4
9月21日公開の映画「コーヒーが冷めないうちに」を観賞した。

この作品はある喫茶店の席に座るとコーヒーが覚めない間にその店で起きた過去に戻れるストーリーである。その店で起きた事以外は未来を変える事はできない条件をどう捉えるべきだろうか?

続きを読む

5
12月16日公開の映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」を観賞した。

この映画は結婚式目前で倒れた花嫁が原因不明の病気で意識不明となり結婚式が延期になり後に病名が判明して一命を取り留めるが目覚めるまでに1年3か月を要してそこから長きに渡るリハビリを経て8年越しの結婚式を挙げた実話である。

命が助かっただけでも奇跡の話であるけれど、8年も待ち続けた花婿さんの愛情は涙があふれるほどのエンディングを観る事になるだろう。

続きを読む

5
26日NHKは大みそかに放送される

「第65回NHK紅白歌合戦」の出場歌手

計51組を発表した。

注目も初出場は独特の世界観で人気のSEKAI NO OWARI、

アナと雪の女王の主題歌を担当したMay J.が初出場となり、

初出場扱いとして1999年にゲスト出演したV6、

昨年のあまちゃんコーナーで初出演した薬師丸ひろ子、

AKB48として出場した博多を拠点に活動するHKT48の出演が決まったが、

初出場2組という結果になったが、

企画コーナーで子供たちに人気の妖怪ウォッチのオープニング、

エンディングテーマを手掛けるキング・クリームソーダ、

Dream5が初出場となり事実上初出場は4組となった。

その他では朝の連続テレビ小説の主題歌を手掛けた絢香が復帰し、

中島みゆきが12年ぶり、企画コーナーでサザンオールスターズが出演する事が決まっている。

一方でアナと雪の女王の挿入歌を担当した松たか子さんは現時点で出演が決まっていない。

これで紅白歌合戦は世代交代が着実に進んだ中で迎えることになった。
続きを読む

3
21日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」最終話を視聴した。

今回は夏の大会が終わり部員不足となった2年生以下は日々練習に励む。

そして引退した3年生はそれぞれ希望の大学受験を目指していた。

そして卒業シーズンとなり、卒業に準じて部員たちに青志監督がメッセージを送った。

そして青志監督は高校を去り、新たな道へと進んだシーンがメインだった。
続きを読む

3
14日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第10話を視聴した。

今回は奇跡的に1回戦を突破した城徳だったが、

1回戦は堂東学院との対戦となりここをどう戦うのか

最後まで青志監督、選手達で作戦を練っていた。

そして試合当日となり堂東学院は初回から大量得点で2回までに11点リードを奪った。

11点リードされた城徳は3回に何とか1点を返すも5回までに15点取られ

4点返さないとコールド負けとなる中で

4番に座った白尾がグランドスラムでコールドを回避した。

その後7回までコールドを逃れたが7回に牽制アウトとなり

17対9で7回コールドとなりゲームセットで城徳の夏が終わったシーンがメインだった。
続きを読む

3
7日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第9話を視聴した。

今回は武宮高校との1回戦まで2週間青志監督は生徒たちに

徹底的に勝つという気持ちを埋め込み、メンタル面を強化していた。

一方対戦する武宮高校に特別コーチとして加わった楓の下で

これまでと違ったムードになっていく。

そして試合当日武宮高校に3回まで13点を取られると、

コールド寸前になった5回にコールド負けを間逃れると打線が奇跡の爆発を起こして

7回にコールド勝ちとなる満塁ランニングホームランで

28対21で勝利し2回戦へ駒を進めたシーンがメインだった。
続きを読む

3
31日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第8話を視聴した。

今回は県予選1回戦へ向けて練習に励む城徳野球部だったが、

1回戦で武宮高校、2回戦では堂東学院と対戦する事となり

勝つ事そのものがまず難しい相手ばかりになった。

しかし部員たちは逆に強豪校撃破という目標となり練習に励む。

そんな中城徳、堂学、武宮を巻き込んだ騒動が起こり、

一時一触即発のムードになるも単なる兄弟げんかという事が解り問題なしとなる。

城徳野球部は練習試合を重ねる毎にそれなりに打てるようになるも、

相変わらず大量失点の試合が続く。

そんな中で武宮高校野球部に楓が臨時コーチを務める事になったシーンがメインだった。
続きを読む

3
24日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第7話を視聴した。

今回は亀沢の退学で元気のない城徳野球部員たちは短期間が合宿をする事になった。

その合宿先は堂学の合宿所だった。

毎日厳しい練習に取り組んでいる堂学野球部に城徳野球部員たちは驚きを隠せない。

そんな中堂学のエース藤一郎が光安に声を掛けてきた。

ここで初めて光安が藤一郎の弟である事を部員たちは知る。

そんな中堂学の練習を観ているうちに俺たちは勝てるのか?という気持ちに駆られる。

そんな中武宮高校と堂学が練習試合を行う事になり序盤こそ互角だったが

中盤で武宮高校のエースがコントロールを乱して堂学が9対2で勝利した。

そんな中で城徳野球部員たちに青志監督は普通の練習ではなく

実戦練習で勝つ事を目指していくと言い出す。

そして夏の大会の初戦が武宮高校になったシーンがメインだった。
続きを読む

2
17日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第6話を視聴した。

今回は亀沢が家庭の経済的な理由で退学すると青志監督に告げる。

青志監督は両親が学校へ卒業まで通わせようとしているが、亀沢の決意は固い。

そんな中亀沢の退学の決意を知った部員たちは亀沢の気持ちを翻意させようとする。

その為部員たちは文化祭で亀沢を主役にして卒業まで在籍するよう芝居をするが

亀沢の決意は固く、その決意を受け取った

部員たちは亀沢を校歌で送り出したシーンがメインだった。
続きを読む

3
10日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第5話を視聴した。

今回はようやく練習試合の相手が決まった。

相手は赤岩の父・晴敏の融資で急成長した武宮高校だった。

城徳野球部にとってはとても試合になる相手ではなかったが、

試合の為に青志監督は選手たちに打ち勝つ野球を目指すと打撃練習に力を入れる。

それによって選手達は打撃練習に打ち込むも、

基礎の出来ていない選手たちにとって本当に打撃戦になるのか?という感じだった。

そして試合当日どういう訳か相手が打たせるボールばかり投げて

城徳野球部は3回まで大量リードを奪う展開だったが、

監督が喝を入れた途端選手たちは本気を出して全く歯が立たない状況になり、

あっさり逆転され、そしてあっさりコールド負け寸前になる。

結局最後はスクイズ失敗でゲームセットになったが

選手たちは負けて知る実戦の悔しさを知ったシーンがメインだった。
続きを読む

3
3日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第4話を視聴した。

今回は中間テスト期間となり城徳高校は2週間前から部活動は停止となる。

偏差値が高い高校故にかなりの成績をキープしないと下位になるし、

有名大学への進学を踏まえてもそれぐらいのテスト期間が必要だった。

そんな中でただですら練習時間のない部員たちは勉強しながら

どうやって練習するのかいろいろ考えたが

赤岩の父晴敏の寄付によって色々な野球用具を寄付されたことで

狭いスペースでも練習できるようになった。

しかし基礎すらできていない部員たちにとって道具があっても上手くならず

逆に効率が落ちると青志監督がいう始末に道具ではないと勘違いする。

そして青志監督が導き出した答えは守備を捨てて打撃戦で勝つ

という基礎も身についていない部員たちには

あまりにも酷な事を言い出したシーンがメインだった。
続きを読む

3
26日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第3話を視聴した。

今回は柚子が突然自ら選手として野球をやると言い出すも、

青志監督はそれを認めないと拒否する。

柚子が突然そう言い出すのは亡くなった父親の影響らしい。

そんな中今だに上手くならない選手達に青志は安宅を抱える。

そんな中で練習中に寝るほど披露する亀沢の事情を知る。

亀沢は家庭の事情から経済状況が厳しく自らバイトをしないと学費を払えないほどだった。

そんな亀沢を部員は助けようとするが、亀沢は拒否する。

そんな中青志監督が基礎的な練習から始め、

捕球体勢、走塁判断などようやく基礎的な練習を始めたシーンがメインだった。
続きを読む

3
19日ドラマ「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第2話を視聴した。

今回は城徳高校野球部の監督になった青志は

まず選手たちのポジションを決めようとする。

城徳高校野球部ではこれまで状況に応じて

ポジションを決めていたためそれぞれの選手のポジションがハッキリしなかった。

そのためまずキャッチボールで安定して送球できる選手を見極めて

赤岩をピッチャーにした以外はキャッチャーに江波戸が名乗り出てバッテリーが決まった。

そんな中白尾が野球部を辞めると言い出す。

止めようとする青志だったが監督のやり方についていけないと言い出し、

ホームランを打ったら監督を辞めていいと青志は言い出す。

唯一野球スキルが違う白尾に部員たちはビビってしまうが、

青志はここでメンタル面でできると教え、気持ちで捕れるという気持ちを植え付けた。

結果はホームランだったが、

このメンタル面を変えた事で白尾は青志を監督認めたシーンがメインだった。


続きを読む

3
4月12日スタートのドラマ

「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」を視聴した。

このドラマは高橋秀美原作の「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー

をドラマ化した作品で勉強中心の名門進学校の野球部の監督をする事になった

新人教師があまりの弱さにこの野球部が弱くても勝てる指導をしていくストーリーである。

野球は実力差がハッキリし易い競技でもあるけれど、

だからといってずば抜けていれば勝てる競技でもない。

どうやったらまず勝つ事ができるのか?

を理解して行く必要があるだろう。
続きを読む

5
2013年12月31日に放送された

第64回NHK紅白歌合戦を視聴した。

今回の紅白ではあまちゃんスペシャルとしてあまちゃんに出演したファミリーが揃い、

能年玲奈、橋本愛、小泉今日子、薬師丸ひろ子、GMTらが勢揃いして盛り上げると、

AKB48ではメンバーの大島優子がいきなり卒業宣言、

司会綾瀬はるかは間違いながらもそれを受け入れてしまうほどの絶妙な天然司会ぶり、

そして最後は北島三郎さんの紅白引退ラスト熱唱と振り返れば

これまでの紅白にない紅白となりそれはそれで実に面白い紅白になった。
続きを読む

5
1月21日公開の映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を鑑賞した。

この映画は2005年、2007年に公開されたALWAYS 三丁目の夕日シリーズの第3弾で

1964年の東京五輪を舞台に三丁目の人たちが

次の世代へと三丁目の絆を受け継いでいくストーリーである。

今回は六ちゃんの結婚、茶川の連載終了、そして第一子誕生、

淳之介との別れが描かれており、

次の世代へ移り変わろうとする姿に次の世代が三丁目を作る時代の到来を感じさせた。続きを読む

3
19日ドラマ「全開ガール」最終話を視聴した。

今回は若葉と草太はニューヨークへ旅立つビー太郎を見送り、

それぞれニューヨークとフランスへ旅立つ日が近づいていた。

そんな中昇子は響一に事務所を獲られかけてしまったが、

昇子はウルトラCの秘策で見事に所長の座を守り響一は

そのショックで事務所を辞めようとするが、昇子に事務所を辞める必要はない。

ニューヨークの代表をお願いすると任命され、

若葉もニューヨークへ旅立つ事が決まる。

ショックを受ける響一に若葉は敗北から始まった自らの経験を響一に伝え、

これを受けた響一は若葉に幸せを考えあるサプライズを計画する。

そしてパーティーの当日若葉は欠席する草太の事を気に掛けながら

響一とパーティーの時を待つが日向に自らの気持ちを問われ動揺する。

そして会場に向かった若葉を待っていたのは草太だった。

実は響一は若葉の本当の気持ちを考え2人の結婚式をプレゼントしたのだった。

そして若葉は草太にプロポーズするが、草太は1度断り、

改めて若葉に草太がプロポーズし、晴れて2人は結ばれたのだった。

そして草太はフランスへ旅立ち、若葉は事務所を辞めて

心機一転別の事務所で働き始め

1年後帰国した草太は若葉に自ら修行してきた

料理をプレゼントしたシーンがメインだった。続きを読む

3
12日ドラマ「全開ガール」第10話を視聴した。

今回は草太はリリカがビー太郎を引き取りたいと親権取得の代理交渉を若葉に頼んだ。

そして若葉は私情なしにビー太郎の親権交渉に当たる。

そして草太は1日時間が欲しいとリリカとビー太郎が過ごす時間を与えた。

そして翌日草太はビー太郎にリリカと一緒に暮らすように説得するが、ビー太郎は納得しない。

しかし草太は心を鬼にしてビー太郎にリリカと暮らすように説得し、ビー太郎も納得した。

しかし翌日日向とビー太郎が駆け落ちし、

昇子と若葉と草太が昇子の想い出のあの場所へ向かった事を悟り2人を追い、

そこで2人を見つけたが、ビー太郎と日向は将来結ばれる誓いをするのだった。

そして草太はリリカに若葉を好きな気持ちは嘘だったのか?

と言われながらも若葉の事を想い、

草太はかねてからの夢だったフランスへの修行へいく事を若葉に告げて、

そよ子にはフランスへついてきてほしいと抱きしめるシーンがメインだった。続きを読む

3
5日ドラマ「全開ガール」第9話を視聴した。

今回は若葉は日向に草太の事を聞かれ、正直にはいと答える。

そして草太もまたビー太郎から聞かれはいと答える。

しかし若葉は既に響一との結婚を決めていたために

結婚をやめる事はしないと決めていたが、一度本当の気持ちを伝えたいと思っていた。

そんな中クライアントの大手商社から玩具工房のオモチャを

特許侵害で訴えると聞かされその準備に入るが、

その工房は健太郎が務める工場だった。

それを知った草太たちは何とかできないのか若葉に尋ねるが、

若葉は商社側のため協力できないと拒否する。

そんな中そよ子は草太たちに協力すると宣言し、

園長も昇子に直談判までする姿に自分が目指しているものに迷いが生じる。

しかし響一はこれが弁護士の仕事だと若葉に言い聞かす。

そして若葉が迷っている間に実夏が直接クライアントへ直訴し、

昇子も動いたことで訴訟は取り下げることになったが、昇子はこれで立場が拙くなった。

そして若葉は草太に想いを伝えようと向かうが、

その前に響一が草太の元を訪れ、響一は君が邪魔だ!

と言い放ち彼女のために身を引くように通告されたのだった。

そして若葉は草太に好きですと告白したが、

草太は好きでしたと告白しそよ子が好きですと

そよ子に寄り添ったシーンがメインだった。続きを読む

3
29日ドラマ「全開ガール」第8話を視聴した。

今回は響一との婚約パーティーをすっぽかした若葉はすっぽかした理由をごまかしたが、

それでも響一は今度は結納をしたいという申し出があり、若葉は困り果てる。

そんな中若葉の事務所に若葉の父が訪れ、若葉は困り果ててしまい、

何とかその場を切り抜けたが、最悪の輪番当番の日で

泣く泣く父のいる家で子供の世話をしたが、その足で今度は草太の店に行ったのだった。

そこへ行こうとした若葉の前にかつて自分たちを苦しめた借金取りが現れ、

そこで再び父が借金した事を知り、若葉は激怒するが、

それがさらに響一の両親がチャラにしたことでより恐縮するのだった。

そして父が帰る時に若葉は預金通帳をもらうが、

はした金に再び現れた借金取りにやってしまう。

しかし母子手帳を拾った草太がその意味を教え、

若葉は借金取りから通帳を返してもらいに向かうが、

そこでどうしてこの通帳だけには手を出さなかったのかを告げて、

若葉は草太の背中で泣いたシーンがメインだった。続きを読む

3
22日ドラマ「全開ガール」第7話を視聴した。

今回は草太の元妻リリカが突然帰国して、

若葉は告白する事を逸してしまい響一との婚約を言い出した。

その直後その響一が突然アパートに訪れて連れられた

若葉は高級宝石店で婚約指輪をオーダーされて婚約指輪を受け取った。

その頃草太はリリカからの復縁話を受けるが、

草太は復縁はしないと断固拒否するが、何時もの冷静さがない事に周りは心配する。

そんな中若葉は保育園でヒヨコを飼う事となり、

ひよこを飼おうとする子供たちにヒヨコはペットじゃありません。

家畜ですと言い張ったのだった。

しかし後日若葉はビー太郎と日向らにヒヨコの育てからを指導する事になり、

過去の経験からヒヨコの育てからを教えた。

その夜ビー太郎が若葉のところを訪れヒヨコが死にそうだというのだった。

そして草太が外で待っていると聞かされた若葉は草太に気持ちをハッキリしろ!と言われ、

リリカには復縁を断り、ビー太郎には本当の事を話し、

ビー太郎は草太といる事を選んだ。

しかしそれが自ら嘘をついてしまったと悔やみ、

落ち込む草太に若葉が駆けつけ婚約パーティーを

すっぽかしてまで草太を抱きしめたシーンがメインだった。続きを読む

3
15日ドラマ「全開ガール」第6話を視聴した。

今回は若葉が草太とそよ子とのキスシーンを観てしまい

動揺して保育園を飛び出してしまう。

翌日そよ子は草太にフラれた事を告げて、

若葉はそよ子に草太は好きじゃないと強がる。

そんな中部下のミスで昇子は3日間仕事で缶詰しなければならず

日向を若葉に預ける事にした。

1日目は若葉の家で、そして2日目はビー太郎の家で

泊まり自分の自宅とは違う体験を日向はした。

そしてお遊戯会では日向は立候補してお姫様でなく、魔女役を買って出た。

しかし草太の説得で昇子が来る事がわかると、日向は逃げてしまい、

若葉と草太が日向を探し、魔女役をやる事を説得し、日向は魔女役を確りこなした。

そして若葉は日向から爆睡していた時に側にいたのは草太だと教えてもらい、

若葉は正直な気持ちを伝えに向かうが、

そこには草太の昔の妻が草太に復縁を迫っていたシーンがメインだった。続きを読む

3
8日ドラマ「全開ガール」第5話を視聴した。

今回はそよ子が草太に告白したが、草太はそよ子の告白を断ってしまった。

一方若葉は自分の気持ちが草太にある事に気づき始めていたが

それを認めたくない自分と戦って不眠不休の仕事で忘れようとするが、

どうしても忘れられない。

そんな中お泊り会が行われる事となり、日向とビー太郎はある事を企む。

そして当日若葉と草太は日向とビー太郎が忘れ物をしたと取りに向かい、

そこで2人は合流してしまいスイカ割りに参加する事になった。

そして若葉と草太はスイカ割りをするが、若葉は誤って草太を割ってしまい、

罰ゲームとして好きな人を告白しなければならなかった。

そして告白しようと浮かんだのが草太だった事で

極限に疲れていた若葉はその場で寝込んでしまい、草太に抱えられ眠りについた。

草太は若葉が眠っている時に草太は若葉をもっと知りたいと告白して寝てしまい。

その後そよ子が訪れた時に草太はそよ子に唇を奪われ、

それを見た若葉はショックを受けたシーンがメインだった。続きを読む

3
1日ドラマ「全開ガール」第4話を視聴した。

今回は草太とのキスの記憶を払拭するために若葉は

響一と試用期間として付き合う事を決めた。

そんな若葉も女らしくおしゃれな服を購入しようと

そよ子を誘ってそれらしい服を購入した。

そんな中若葉は響一から大手商社の特許侵害の和解交渉の資料作りを頼まれた。

恋愛と仕事は別と意気込む若葉は徹底的に特許侵害の資料作りに励む。

そんな中響一から食事に誘われ、資料作りの合間に

高級フレンチレストランで食事をしていた若葉と響一の前に草太が現れ、

そこで草太の料理の腕がいかに凄いのかを知る。

そして若葉はその帰りに草太からどろんこ授業のお礼に

残り物の料理を差し入れされた若葉はその料理を食べてそのおいしさに感動してしまった。

そして翌日特許侵害の和解交渉は若葉もおかげで

予想以上の和解額で決着した。

そして休日草太は前に働いていたレストランで再び働かないかと誘われ、

オーナーの前で料理を作る事を提案され、草太は若葉の言葉もあり、

再び挑戦する事を決意した。

そんな矢先ビー太郎が行方不明となり、

草太はそのチャンスを捨ててでもビー太郎を探しに向かう。

若葉もビー太郎を探しに回るが、ビー太郎は若葉のアパートにいた。

そしてそこでダンゴ虫は凄いんだと話、

それを聞いた園長先生はこの世の中役に立たない人は

いないと例えたかったというのだった。

そして若葉はそんな草太と価値観が合わないと小さな幸せは要らないというが、

それを聞いたそよ子はその小さな幸せの中に入りたいと

草太に交際を申し込むシーンがメインだった。続きを読む

3
25日ドラマ「全開ガール」第3話を視聴した。

今回は草太とキスをしてしまった失態で草太を殴ってしまった若葉は

翌日鼻が折れた草太を見て後悔しながらも得意の弁論術で乗り切ってしまおうとする。

そんな中保育園で泥んこ遊びを開催しようとするが、

保護者の反対が多数を占めて開催が危ぶまれる。

これに反対したのが若葉と草太だった。

若葉は過去に泥んこで遊んだ経験があり、その事で得た経験があった。

草太と息があってしまった事で無意識に意識してしまった

若葉は草太に更なる冷たい態度を取るが、

そこにそよ子が草太と付き合いたいと話してきて若葉は信じられない気持ちになる。

そして草太たちが泥んこ遊びを開催しようと保護者の説得に当たろうとするが、

そこで若葉も弁論術を借りたいと相談するが、若葉はそれに応じない。

それを知ったそよ子は資料を集めて草太と協力して保護者の説得にあたる。

それを知った若葉は昇子の一存もあり、

残った反対保護者を説得して全員の賛同を得た。

そして泥んこ遊びが無事行われ、若葉も泥んこ遊びに巻き込まれた。

そして若葉は響一に急接近するシーンがメインだった。続きを読む

3
18日ドラマ「全開ガール」第2話を視聴した。

今回は目が覚めた若葉は酔って帰ってきた事を知らずに動揺する。

そして翌日前夜の記憶がない事を尋ねたが草太や周りはどうもはっきりした答えがない。

そんな中輪番当番をする事になり、若葉が子供たちを預かる事になったが、

子供嫌いの若葉にとってこれは拷問でしかなかった。

そんな中ようやく弁護交渉に同席できるようになった若葉に

今度はお弁当を作ってくるように保育園から告げられた。

しかし若葉は料理をまともに作った事が無く、

しかもそのお弁当はキャラ弁というキャラクターに似せた

弁当を作らなければならないのだった。

さすがにそよ子も無理で、草太に頼る事にしたが

若葉のプライドが強過ぎて料理が進まない。

昼までには間に合わせるという事で懸命に

弁当を作って届けようとしたが途中で転んでしまい

弁当は見るも無残にこぼしてしまった。

それを草太が拾って日向に届けて若葉の気持ちを日向は受けた。

そしてそのお礼に草太の所へ向かった若葉はそこでキスはしていないと

言い張ったが決定的な証拠を見せつけられさすがに

弁解の余地が無くなった若葉は自分の失態に

草太を一方的に殴ってしまうシーンがメインだった。続きを読む

↑このページのトップヘ