オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:藤井隆

3
18日大河ドラマ「真田丸」最終話を視聴した。

今回は幸村は最後の戦いに挑んだ。

形勢は圧倒的不利の中1度は徳川を圧倒するが

流れを1度手放すと豊臣方は総崩れとなり

幸村の奮闘空しく最後は自害して散ったシーンがメインだった。
続きを読む

3
11日大河ドラマ「真田丸」第49話を視聴した。

今回はついに大坂夏の陣の幕が開けた。

堀を失った豊臣方は打って出る以外の策はなく要害も作る事ができなかった中で

戦う事を強いられた幸村だったが、

又兵衛が討ち死にした事で形勢は一気に不利となり

幸村は春ら家族を親交のあった伊達家へ身を寄せる事を命じて

きりは千姫を徳川へ届ける事を託して幸村は最後の戦いへ挑むシーンがメインだった。
続きを読む

3
4日大河ドラマ「真田丸」第48話を視聴した。

今回は堀を埋められた豊臣方はどう反撃すべきか策を練っていた。

しかし家康が1度駿府へ退却した事で浪人たちの解散を目論んでいた。

幸村はそれを阻止すべく動くもこれらの行動が全て裏目に出てしまう。

そして幸村は次の決戦に死を覚悟して挑む決意を固めたシーンがメインだった。
続きを読む

3
27日大河ドラマ「真田丸」第47話を視聴した。

今回は淀殿の目の前で砲弾が撃ち込まれた事により

侍女たちが大勢亡くなり淀殿は和睦をする事を決断する。

和睦の為に交渉に入る幸村だったが大蔵卿の無能な発言に交渉は難航する。

交渉には初と大蔵卿ときりをつけて交渉を行ったものの、

阿茶局にまんまと丸め込められて大蔵卿は

豊臣を滅ぼす堀を埋める許可を与えてしまった。

これにより大坂城は裸同然の城となり幸村も戦う術を無くした。

それでも残された又兵衛らは最後の戦いに全てを賭ける宣言し

幸村も全てを賭けて戦う事を決意したシーンがメインだった。
続きを読む

3
20日大河ドラマ「真田丸」第46話を視聴した。

今回は幸村は家康軍を蹴散らした事で家康は持久戦に持ち込む事を決める。

一方で調略で幸村を寝返りを計ろうとするも全く受け入れるつもりはない。

そんな中で有楽斎らの陰謀で秀頼に和睦を計る事を進めるが

その時期ではないと幸村は強く反対する。

淀殿を説得して何とか和睦を止めるも又兵衛らが

奇襲をかけると反撃に転じる事で形勢を保っていたが、

家康が大砲を放ったことで淀殿の侍女が犠牲になるシーンがメインだった。
続きを読む

3
13日大河ドラマ「真田丸」第45話を視聴した。

今回は大坂城を包囲した徳川軍を迎え撃つ豊臣方は

こちらの手の内を読まれていると感じた幸村は

その黒幕が織田有楽斎だと知りこちらの手の内を上手く利用しようと計る。

一方家康は幸村が真田丸の出城を造った事で攻略が難しいと感じていたが、

秀忠は事の重要さを解らずじまいだった。

そんな中幸村は相手を挑発し前田、井伊軍をおびき寄せてから

相手を尽く鉄砲隊の餌食として

ほとんどの犠牲者を出さずに幸村は名声を上げたシーンがメインだった。
続きを読む

3
6日大河ドラマ「真田丸」第44話を視聴した。

今回は幸村が真田丸の築城までの一部始終を描かれており、

紆余曲折を経て築城まで至る。

その頃家康は真田丸を守るのが幸村で

ある事を知り戦々恐々するシーンがメインだった。
続きを読む

3
30日大河ドラマ「真田丸」第43話を視聴した。

今回は幸村は軍議で家康のいる京へ攻める事を進言するも、

多くの者たちが籠城を進言する。

しかし幸村はこの軍議に納得せず1度席を外すも再び呼び出されて、

1人1人意見を伺いながら出撃する事に意見を変えていく。

しかし淀殿がそれを良しとせず軍議は結局無駄になったシーンがメインだった。
続きを読む

3
23日大河ドラマ「真田丸」第42話を視聴した。

今回は大坂城へ入城した幸村はそこで淀殿と再会を果たす。

しかしそこでは大坂城に集まった多くの浪人たちで纏まりのつかない状況に陥っていた。

そんな中秀頼が幸村を総大将にと推薦し、幸村は引き受ける。

しかし評定では全く纏まりが付かない状況で幸村は

それぞれが不平不満なく振り分けられるように

5人衆で10万の兵を2万に分ける案を提案して纏める。

一方信之は幸村が大坂城に入城した事を知り動揺する。

そして作兵衛が幸村につく事を決意して大坂へ向かったシーンがメインだった。
続きを読む

3
16日大河ドラマ「真田丸」第41話を視聴した。

今回は豊臣方に味方する事を決めた幸村はタイミングを見計らって

九度山を抜け出す手段を探っていた。

そんな中で家康は昌幸は死去した事は安堵したが、

幸村が生きているとなった時には昌幸の威光を警戒した。

大坂城には多くの浪人が集まり、その中に後藤又兵衛もいた。

そんな中江戸で信之は嫡男を信政でなく信吉にしようと稲の提案で決まる。

九度山を抜け出した幸村は大坂城に入城し

そこで15年ぶりに淀と再会したシーンがメインだった。
続きを読む

3
9日大河ドラマ「真田丸」第40話を視聴した。

今回は宇喜多秀家の家臣だった明石全登が信繁の元を訪れ、

秀頼の力になって戦ってほしいと頼まれる。

これまでの経緯を知らない信繁は片桐からこれまでの経緯を聞かされる。

しかし信繁は1度この要請を断るも、きりにこのまま終わってよいの?と問われ、

信繁はこれまで大きな戦の経験はない中で最後の大戦に挑むことを決意し、

大助に新たなる名をくじで引いてもらい信繁改め幸村に解明するシーンがメインだった。
続きを読む

3
2日大河ドラマ「真田丸」第39話を視聴した。

今回は昌幸が亡くなり、信繁は無理をしてやりくりしていた付けで

多額の借金を背負っていた。

信之は援助するというものの、援助はそば粉ばかりだった。

そんな中で信繁の元にかつてルソンに逃がしたたかが訪れて

珍しい海外の品物を信繁たちに見せつける。

そこで信繁は真田紐として商いをおこなって生計を立てていた。

そんな中で母薫も亡くなり、

迎えた慶長19年に明石全登が秀頼の使者として訪れるシーンがメインだった。
続きを読む

5
19日公開の映画「パッチギ!LOVE&PEACE」を鑑賞した。

この映画は2005年1月に公開された

「パッチギ!」の続編で6年後の1974年を

舞台に描かれており、在日韓国人の家族が東京に移り住み、

そこで小さな子供が病気になり、

その病気を治したいと奔走する家族の姿が描かれている。

父の世代の戦争での出来事も同時に描かれており、

改めて日本と韓国との関係を考えさせられる結果となった。続きを読む

↑このページのトップヘ