オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:藤木直人

3
19日スタートのドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」を視聴した。 このドラマは冤罪事件を専門に扱う弁護士が冤罪事件の無実を証明していくストーリーである。1度起訴されたらほぼ有罪の日本において冤罪事件の無実を証明することがいかに難しいのかを描いていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」最終話は麻子が去ってから広と向き合うも、広は母親は2人いてはダメなのか?と陽一が問われた事を知る。そんな中で莉莎子がワールドツアーに参加しないと知った繭が莉莎子が参加できるように直談判するも莉莎子は高校まで繭のために仕事をセーブすると決めていた事を語り理解を求めた。そして結衣もまた母親になっていくためには広がこれまで育ってきた事実を受け入れなければ乗り越えられない壁があると感じ麻子にマラソン大会の案内を送り、マラソン大会で再会した麻子に何時までも許せないという気持ちを持っていたら母親になる事を乗り越えられないいつかは許さないといけないという気持ちを伝えて結衣は再び陽一と広と3人家族でリスタートしていったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第9話は広に女子高生の桃という女性と一緒にいたのを知った結衣と麻子はそういう経験が少ないために色々と戸惑う。しかし広は桃と一緒に花火大会に行く事になりはしゃいでいた。しかし帰宅時間に遅れて陽一が怒ると広に桃と知り合った経緯を聞く。そして麻子は琴音の紹介で石川県で働く事になった。最後の別れに広は桃と出会った事で心境の変化があったと語り、そして広は麻子との別れを受け止めたが結衣はこれじゃいけないと思い直して走り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第8話は麻子が2年前に起こした事件の取材している記者と会った事を結衣に伝えるが結衣には当時の事を話さないでほしいと語る。しかし結衣は今の時代ネットで色々知れる時代だという事でこれを黙っている事が難しいと感じる。そんな中で柏崎オートに預けられた車の持ち主が育児放棄状態である事が判明しそれを麻子が発見して知る事になる。そこで母親について語るもそれぞれ母親としての成り切れない苦悩が語られる。そんな中で結衣は広に麻子の事件について話したが広は受け止めるも翌日麻子にこれ以上合わないでほしいと話している最中に広の携帯に知らない女子高生が出たシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第7話は結衣と麻子がそれぞれの言い分をぶつけ合い、その中でお互いに苦しんだ事を言い合うという中で母親の考え方の違いが鮮明になった。その中でも結衣は3歳以降も広の母親で変わりなく、麻子も3歳から今日まで育てた母親である事に変わりない。その中でお互いの苦しさを知った。そしてその直後に広から結衣に誕生日のプレゼントをしてもらった結衣だったが、その直後に訪れた女性が木野と仲良くした友人の母親だったがその女性は母親として問題ある女性だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第6話は麻子がかつて人殺しの事情が語られた。実際には広を守ろうとして刺したが相手は死なず殺人未遂事件として起訴され執行猶予なしの有罪判決で2年間刑務所に入っていた事が明らかになった。麻子は10年前に付き合っていた男がいたがその男は麻子を遊びとしか考えていなかった。その男の子供を身ごもっていたが不慮の事故で流産し子供を埋めない体になった事で麻子は生きる希望を失っていた。そんな状況に広が隣の一室で監禁されているのを助けた事で麻子は広を育てようと決意する。一度は警察に預けようとしたがその時警官がおらず広が逃げ出した事で麻子は広を育てる覚悟が固まった。そしてその経緯を聞いた結衣は誰も予想しなかった麻子を柏崎オートで雇うという前代未聞の展開になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第5話をは広が施設の今偉と一緒にネットカフェである場所を探していた。そしてその場所を発見した事で今偉の母親に会えるチャンスがあるという事だった。そして今偉の母親に会いに向かった広はそこで今偉の母親の現実を目の当たりにする。自分は産みの母結衣、育ての母麻子は確り自分と接してくれている事を知った広は再び結衣と陽一の元に戻る事を決めた。結衣と陽一は復縁する事を決意し再び3人でリスタートする。しかしそこに麻子が現れ麻子がかつて人を殺した事が明らかになるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第4話は麻子に捨てられたショックを受けた広は結衣と向き合う事ができない。その結衣も広が心を開かない事に対して苦悩していた。そんな中で学校から呼び出され、呼び出された結衣は広がプリントなどを全く渡していなかった事を知り、更にはお弁当も捨てて食べていない事を知る。そんな中で陽一と結衣は復縁に向けて動き出していたが別れた理由が広の誘拐された事によるものでお互いに言い合えるようにならないといけないと認識する。そんな中広が再び施設に戻りたいという意思を尊重して一度施設に戻る事を受け入れる結衣だった。そんな中麻子は2年間服役しており騙されていた事を知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第3話は広と暮らす事になった結衣と陽一だったが、9年の空白は大きくどう向き合ってよいのか戸惑っていた。そんな中でも再び広が戻ってきた事で喜ぶ瞬間もあったもののその現実は一瞬で残酷な現実として向き合わなければならない。その時に麻子が結衣の前に現れ、これまでの経緯を話したが7年の空白は語られる事はなかった。そんな去り際に広は麻子を追いかけて行かないでと告げるも麻子は突き放し広は結衣と陽一と暮らし始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第2話は広と10年ぶりに再会した結衣だったが、10年間の空白の時間はあまりにも色々な現実に直視しなければならなかった。結衣は10年間子供のいない生活をしてきた事により子供の流行事情を全く知らなかった。そして陽一もまた広が生きていると信じがたい現実を聞かされてただただ信じられない気持ちになり、周りの人たちも広が生きていたという現実を信じて受け入れる事が難しい状況だった。そして直接陽一が会って広と接したが、そこで初めて育ての親である門倉麻子からの手紙を読んだ結衣はこの10年間の空白がいかに残酷なものなのかを現実として突きつけられた。それでも広がいなくなった事で離婚する事になった陽一とやり直す事をお互いに決めて再び広と暮らす事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」は3歳の息子が誘拐されて犯人が死亡した事で生死もわからずに夫と離婚して10年の月日を経たある日に突然13歳になった息子が無事とわかり再会するも10年という月日を埋める苦悩と母になるまでのストーリーである。小さい時に生き別れになった息子が突然10年を経て現れた事で10年という空白は想像以上に埋めるのが難しいという事を痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」最終話はサブローが信長でない事を知った恒興はサブローに出て行け!と叫ぶ。そんな中浅井、朝倉軍が最後の決戦に備え集結していた。しかしサブローはこの合戦を回避すべく和睦を結ぼうとするが浅井方で交戦派に押されて和睦を断り合戦となる。そして合戦では数で勝る信長軍が圧倒し、浅井久政を討ち取り、市の救助後サブローは長政を助けるべく小谷城へ向かうも長政はサブローに市やその後の事を託して自害した。そしてサブローは織田家を去ろうとしたが、信長と恒興の意向でサブローはこのまま信長を続ける事になるが、その裏で半兵衛が本物の信長、偽者の秀吉に暗殺されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第10話は延暦寺の件でサブローはどうやって説明して良いのか途方に暮れるが、何とか開き直って説明するも自分を偽るような心境だった。そんな最中でサブローが信長でない事を周りが気づき始め、恒興がついにサブローが信長でない事を知る。そんな中ゆきが刺客の盾となり亡くなる。それをみた恒興はついにサブローに偽物を知っていたと打ち明け、サブローに出て行けと言い放つ。そんな状況で秀吉も半兵衛が偽者だと気づいたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第9話はサブローはキリシタンの布教を認めるが、それにより存続の仏教の寺院の反発を受けることになる。そんな中当時最大の勢力であった武田信玄率いる武田軍が上洛へ動いて織田家は揺れる。そんな中家康が先鋒を務めたがあっけなく敗れ、サブローにとって風前の灯火だったが、信玄が亡くなった事で回避された。 一方比叡山延暦寺の反乱を光秀ならぬ信長に対応を任せたが、信長は秀吉の助言により比叡山延暦寺を焼打ちにする。それを知ったサブローはショックを受けて自らの目指す天下から大きく離れて行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第8話はサブローは商人が自由に商売できるように座を廃止し自由に商売をできるように改革した。これにより織田家の財力は向上し街も活気付いてきた。そんな中サブローは森可成に宇佐山城下の街造りを任せることにした。しかしその中摂津の三好氏と交戦していた松永久秀から援軍の要請を受けて援軍へ向かうが、その隙に浅井、朝倉が宇佐山を攻めてくる。即引き返したサブローだったが、森可成の奮戦で何とか宇佐山は守られたが森可成は戦死し改めてこれが戦国だと思い知らされるシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第7話はサブローは朝倉の罠に掛かり、浅井に裏切られた事で窮地に陥る。命からがら逃げきったと思ったが直前で撃たれて瀕死の重傷で死の淵を彷徨う。辛うじて命は取りとめたものの、自らの死の恐怖を感じた事でこれまでのサブローの方針とは違ってくる事になる。そしてサブローを撃ったのがゆきである事にショックを受けたサブローは姉川で浅井、朝倉連合軍と戦う事を決意する。そして戦は見事に浅井、朝倉連合軍に勝利したもののサブローは戦国の裏切りについて傷を負ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第6話はサブローは上洛しようとするも上洛するための作法を知らず思い悩むが、ここは家臣とした信長=明智光秀が代役を務めて難を逃れた。しかしその直後義昭との会見で天下を狙うと発言した事で義昭の怒りを買い、信長包囲網を敷かれる。これにより窮地に陥ったサブローはそれでも朝倉と同盟を結ぼうと模索するが、そこで浅井長政の協力を得て、朝倉と会見する事になったが、これが完全な罠と知りそれでも長政を信じたかったがこの現実を受け止めるしかなくサブローは戦国の厳しさをまざまざ痛感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第5話はサブローの前に本物の信長が現れ、明智光秀と名乗っている事を知らされた。しかしその場で利家に見つかり、利家は本物の信長を連れて行った。そこで信長はこれまでとムードの違う家臣たちや帰蝶らに戸惑いながら軍議を行い、市を浅井へ嫁がせる事を了承させる。しかし信長が去ると今度はサブローがその事を知り、猛反対し直接同盟を結ぶために浅井と交渉するが納得されない。そんな状況を見た市は自ら嫁ぐと言い出すも、サブローは最後まで粘る。しかし恒興の説得で市は浅井へ嫁ぐ事になり、サブローも渋々了承して市が浅井へ嫁いだシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第4話天下を取るためにはまず美濃を通って京を目指さなければならないと言われたサブローはまず美濃の攻略へと向かうが、その前に松平元康が同盟のために訪れた。のちの家康の同盟により東の脅威は無くなった。これにより美濃攻めが可能になったが、美濃攻略は一筋縄ではいかなかった。その前に竹中半兵衛が立ちはだかり、それに対して織田軍は苦戦を強いられていた。そんな中で半兵衛が訪れてきて、サブローは半兵衛を味方に付けんと交渉するが、半兵衛は簡単には降らない。そんな中でもサブローは戦いのない世を造る理想を半兵衛に問いかけて、半兵衛はサブローの言葉に感銘を受けて、墨俣一夜城は完成して美濃攻めの足掛かりとなり美濃を攻略したが、その直後本物の信長が現れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第3話は今川義元が上洛するために尾張に攻め込んできた。4万の大軍に対してわずか3千の兵しかいない織田軍に勝ち目はない。そんな中決断を迫られたサブローは出陣か籠城か迫られたがどちらも選択する事無く逃げ出す。逃げ出したサブローだったが運悪く桶狭間の今川領へ行ってしまった。そこで落馬し村人に助けられるが信長とわかると捕まってしまい処刑されそうになる。しかし恒興が直前で駆けつけて難を逃れたが今川軍は目の前まで迫っていた。そこに村人が殺さなかった事で加勢に加わる事となり、桶狭間で奇襲する事で一か八かの賭けに出る。賭けに出たサブローは運の良いタイミングで奇襲し今川義元を討ち取りこの難局を逃れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第2話はサブローは信長として装う。しかし今度は斉藤道三と会見する事となりさすがにサブローも怖気づく。しかしサブローは覚悟を決めて学生服で道三と会見するが、その道三もまさかの現代人だった事を知らされる。しかし道三がタイムスリップしてきたのは約40年前とかなり時代が昔だ。そんな中でサブローは道三との距離が接近するも、道三は帰蝶を武田を嫁がせようとする。それは信長が偽物と知ったからであったが、そんな最中道三は義龍が謀反を起こしてその数で道三は圧倒的不利な状況で勝ち目はない。そんな中でもサブローは道三の援軍に向かい、それを知った道三はサブローに帰蝶を託す事を決断し、サブローは道三の遺言で信長として生きて行く事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」は石井あゆみ原作のドラマで修学旅行に来ていた高校生が突然戦国時代にタイムスリップしてそこで織田信長を演じる事となり訳が解らないまま時代を生き抜いていくストーリーである。歴史を良く知っている人はその後の展開が読み易い作品でもあるけれど、歴史と一味違ったストーリーをどう感じて観る事になるだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」新春スペシャルは2012年4月クールで放送された連続ドラマ「鍵のかかった部屋」のスペシャル版で榎本が消えてから半年後に芹沢と純子はある証券会社会長が撲殺される事件が起きて、その事件は密室事件だった。しかしその事件のさなか今度は清掃密室事件が起きて、そこで純子は半年ぶりに榎本と再会し、榎本に証券会社会長の密室事件の協力をお願いするも榎本はそこで清掃密室事件をアッサリ解いてしまい、そして証券会社会長の密室殺人事件に絡んでいる事を知る。その先に辿り着いたのは芸術を金にされた金で芸術を捜査していた密室事件だった。その事件に果たして何を見たのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」最終話はミラクルが全員辞めて金田一の元に集まった。それを見た金田一はさすがに動揺し、これからどうすべきか考える。そんな中統一郎は自らの行動を悔いていた。そして統一郎は金田一の元へ向かい、これまでの真実を明かして金田一が自分の腹違いの弟だという事を告げると、金田一はそれを知ったらとても耐えられなかったと告げる。そして行方を暗ました統一郎に代わり、ミラクルの再建に全力を尽くす金田一だったが社員は集まらない。そんな金田一は会社名じゃなく、人とやる事の大切さをそれぞれの社員に説き始めたら社員が集まり出して次第にミラクルは危機的状況から立て直し、金田一は統一郎に社員名簿を渡して、会社総会で金田一は自ら社長には統一郎にし、統一郎は貧乏を経験して初めて人の大切さを知り、統一郎は金田一が自分の弟と話すと周りは次第に納得し始めて纏まり、金田一らはミラクルの再建に目途が立つとミラクルを去り次の仕事を探しに旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第9話はハピネス魔法瓶は順調に業績を伸ばして新オフィスへ移ったものの、そこでミラクルが特許権侵害を盾にして訴えてきた。当然販売差し止めを受けてハピネスは窮地に追い込まれる。打開策を探すも広瀬の和解案すら統一郎は飲もうとせずもはや勝ち目がない状態だった。このまま関連会社全員を路頭に迷わす訳に行かないと感じた金田一は自ら統一郎の元へ出向き関連会社全員を救済する代わりにハピネス魔法瓶を解散する苦渋の決断を伝えたのだった。一度はそれに了承した統一郎だったが、統一郎は取り込んだハピネス魔法瓶の関連会社の人たちを左遷しリストラを進める約束破りを断行した。これにミラクルの社員全員の不満が大爆発し全員辞表を出して金田一の元へ向かったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第8話はハピネス魔法瓶を立ち上げオフィスも準備した金田一だったが、そこに彩矢がいなかった。彩矢は自らの失敗を責めて金田一の元を去り、再びミラクルで働く事にした。そんな中で金田一は魔法瓶の生産が古い機械のために生産がストップしてしまい困った。そこで金田一は広瀬に頼んでハピネス魔法瓶を売り込もうとレセプションパーティーへの参加を提案され、参加するが最初から金田一のレセプションは周りから見ると失敗続きに見えたが、金田一は次第にレセプションの相手の心を掴み、金田一はレセプションを勝ち抜いたものの、統一郎に阻止され契約できなかったがレセプション相手は良い2日間だったと絶賛した。そしてそれを知った彩矢は今度は自ら辞めて再び金田一の元で働く決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第7話はハピネス魔法瓶を立ち上げて作った究極の魔法瓶は返品の山で途方に暮れていた。一度はリサイクルショップへ売り払う事を決めた金田一たちだったがその日に注文が殺到し究極の魔法瓶は次々と注文が殺到したのだった。その要因が経済誌に掲載された事だった。それから金田一の元には注文が殺到し裁ききれないほどになった。そこで金田一は模合らとこれまで付き合いのあった町工場の会社に協力を要請し増産を始める事にした。それを知った統一郎は全く動じない。そんな中究極の魔法瓶は次々と売れていく。そんな中工程を組んだ彩矢は無理な工程で町工場の社長たちから不満が出始めた。それを模合が調整するも町工場の社長たちの仲を取り持っていた。そんな中納品遅れが生じて金田一は謝罪に向かう。その責任を彩矢は重く抱え込んでしまった。それを金田一は工程が無理だった事を修正しようと提案し、再び生産は動き出して納期の遅れを取り戻した。しかしそんな中彩矢はこの状況に責任を感じ自ら去る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第5話は金田一はラーメン屋の屋台でホットドック屋を始めようと提案する。ホットドック屋を始めるに当たり以前からお世話になっていたキングスコートの藤沢にホットドックの作り方を教えてもらった。そして早速ホットドック屋を開店するとその場所はミラクル魔法瓶の前だった。最初は社員は抵抗があったものの1人が名乗り出るとみんなが行列を作り好評の内の終わる。しかしその頃ミラクル魔法瓶は主力商品だったミラクル魔法瓶の撤退を決めていた。それを知った金田一はそのミラクル魔法瓶で何かをやろうと考えていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第4話は金田一は公園で前会社の同僚だった榎本やってきて以前やっていた企画が実現しそうだという報告を受けた。そんなところに何時もいるはずの命の恩人ゲンさんが見当たらず探すと体調を崩していた。そこで金田一は榎本に薬を買わせて水と食料を差し入れた。 そんな中榎本の紹介で金田一は下請けの仕事を短期で受けてみる事にした。しかしそんな中大屋敷社長がコストカットで下請けを切るように模合に通告するが、模合は何とかしようと無茶な注文を発注した。それを知った金田一は無茶なノルマを達成するために各地から人手を集める。材料費も工面して発注分を見事に達成した。それを達成した会社は見逃してほしいと模合は出たが大屋敷社長は金田一が絡んでいる事を理由に却下し、これに激怒した模合は社長を辞めるべきはあなただと会社を辞めた。そして模合は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第3話は金田一と彩矢は同じ部屋で暮らす事となりこれから何で稼ぐか思案していた。そんな中たまたま寄ったラーメン屋でフィギュアを見せた事でラーメン屋で働けることになった金田一はその店でバイトをするが、閑古鳥の鳴くお店に愕然とする。その店主は昔は味の上手いお店だったらしいが体を壊してから味もサッパリらしい。そんな中金田一はこの店の最後の日にお客を呼ぼうと彩矢と貫太、両太で奮闘するもお客が全く来ない中、最後の客は自分たちにする事を決めてラーメンなどを食べて店主のお店の話を聞いたが、そこに模合が現れ昇進祝いの一杯を飲むもビール一杯で帰ってしまった。そして金田一は店主から屋台のラーメン屋を受継ぐシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ