オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:DeNA

3
1日プロ野球のオーナー会議が東京都内で行われ、

横浜ベイスターズのTBSホールディングスから

DeNAへの球団譲渡が楽天を除く11球団の賛成多数で承認された。

これで横浜DeNAベイスターズが誕生した。

当初は事業に対して難色する企業もあったが、

概ね理解を得られ承認に至った。

これで横浜DeNAベイスターズが誕生し当面は横浜を本拠地とするも

同じことが続けば今度こそ移転問題に待ったなしになるだろう。続きを読む

3
4日TBSホールディングスは横浜ベイスターズをモバゲーを運営する

DeNAに球団譲渡する事に合意した。

取得内容はTBSHDが保有していた球団株69・23%のうち、

66・92%を取得。買収額は株式取得費用65億円に、

NPBへの預かり保証金など30億円を加えた95億円となった。

問題となっていた球団名は横浜DeNAベイスターズとして申請する事が決まり

日本野球機構(NPB)に新規参入の申請書を提出した。

これで横浜ベイスターズは来季親会社が新たに変わり

12月1日のオーナー会議での承認を目指す。続きを読む

3
27日TBSホールディングスは当初28日に予定していた

横浜ベイスターズのDeNAへの球団売却発表を延期すると発表した。

当初は契約面で合意に達して最終調整を残すのみとなっていたようだが、

巨人の渡辺会長が商標名は野球協約上問題と指摘した事が原因とされ、

再度検討する事になったようだ。

過去にもソフトバンクがYahooを入れられなかった事例があるが、

昨年参入しようとした住生活グループは新ブランド名リクルスを入れようとしていただけに

不透明な部分が大きく何を持って問題にするのか難しいところだ。

これで合意直前に来ていた横浜売却問題は再び混迷を極める事になりそうだ。続きを読む

3
1日TBSホールディングスは所有するプロ野球横浜ベイスターズの売却先に

携帯電話向けソーシャルゲームサイト「Mobage(モバゲー)」の運営会社DeNAに球団を売却し、

来季は本拠地を横浜に置く事で最終交渉に入っている事が明らかになった。

横浜ベイスターズ身売り問題は昨シーズンも住生活グループが買収に乗り出したものの、

横浜スタジアムの法外ともいえる使用量と広告収入が1円も入らない事が

ネックとなり移転を検討した本拠地問題で破断しており、

今後は数年後の移転も含めた交渉になるものとみられる。

これで横浜ベイスターズは再び身売り問題が表面化し

横浜に何年残留するのかも1つのポイントになりそうだ。続きを読む

↑このページのトップヘ