FPネット 下町の知恵袋

「フォ−ラムあらかわ」で知り合ったFPのメンバ−を核として結成された地元密着型の新しいFP交流会です。 メンバ−のスキルアップはもちろん、有料や無料の様々なイベントを開催し、自立するFP集団を目指していきたいと思います。

算定基礎調査


社会保険の算定基礎の書類が送付され始めると同時に、
算定基礎調査の対象事業所から連絡が入ります。


まだ神奈川の会社だけですが、結構ハイペースです。

この後東京の会社も出てくると、結構な数になりそうです。

とにかく暑い時期なので、毎回うんざりなのですが・・・

パナマ文書公開

弁護士の紀藤正樹氏が検索方法をUPしています↓

 http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2016/05/post-5501.html

106万円の壁

今まで、サラリーマンの妻には、103万円と130万円の壁がありました。

年収103万円の壁を超えると、所得税が発生し、夫の配偶者控除がなくなります。

それでも、夫の会社などでは、家族手当など支給されるケースが多いです。

年収130万円の壁を超えると、夫の扶養控除がはずれ、公的年金・健康保険などの
社会保険に単独加入となります。
もちろん、それなりのメリットもありますが、130万円から150万円位の収入ですと、
場合によっては、損となることもありえます。
130万円を超えるのであれば、正社員同様に、200万円以上働いたほうが良いでしょう。

しかし・・・


10月からは、年金機能強化法により労働時間週20時間(それまでは週30時間
(法律的には、概ね正社員の3/4)以上の短時間労働者の厚生年金・健康保険が
適用拡大となります。


詳しくは、以下のとおりです。
・従業員501人以上の企業(当面)
・週20時間以上の労働時間
・月収88,000円以上(年収106万円)
・勤務期間1年以上見込まれる  という条件があります。

ここで、103万円の壁と130万円の壁の間に、新たに106万円の壁が
現れることになります。

当面は、従業員501人以上の大手企業からですが、3年後には301人以上の企業も
対象になる予定です。

その先には、すべての法人という条件が待っています。

会社もパート社員も、考えなければなりませんね・・・

トイレットペーパーの備蓄(再掲)

熊本の地震でもトイレ問題は深刻なものとなっている。

2年前、防災の日直前に経済産業省が発表した資料↓

 http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140828001/20140828001.pdf

経済産業省は普段から一ヶ月分、4人家族で15ロール程度の備蓄を呼びかけている。
震災直後に異常な量を買い占めるような行為を避けるためにも普段から
備えておくべきだろう。

もちろんトイレットペーパーさえあればいいというものではない。
災害用の簡易トイレやマンホールトイレ、携帯トイレ等の準備がなければ用は足せない。
日頃から町会などの防災訓練に参加し、そういった資材がどこにあってどうやって
組み立てるのか、多くの方にご認識しておいていただきたい。

排泄を我慢したり、トイレに行かずに済むよう水分摂取を抑えることは、
大きな健康被害をもたらしかねない。

どこかで災害があった時だけではなく、継続的な備えを心がけておくことが大事である。

被災地への支援物資に関して

報道されているとおり、各運送業者は現在熊本県への荷受を停止しております。

 http://www.kuronekoyamato.co.jp/info/info_1604_notice.html
 (ヤマト運輸HPより)

個別の支援物資発送は控え、社会福祉協議会等の団体による呼びかけを待ちましょう。

過去の震災において、意外と需要が高かったのは歯ブラシや入れ歯洗浄剤といった
口腔ケアに関するものです。
阪神淡路大震災においては、高齢者や体調を崩した方が口腔内衛生状態の低下による
誤嚥性肺炎を起こしています。

必要とされている何を出すことが出来るか、今はその準備をしておこうと思います。

基金設立のお知らせ

この度FPネット下町の知恵袋では「ゲスの極み基金(略称ゲス極基金)」を設立し
性欲をコントロールすることが出来ない世の既婚男性へのラブドール(ダッチワイフ)
貸出事業を開始致します。ご懐妊・子育てなどにより配偶者が営みに応じてくれない、
1パートナーでは性欲が満たされない等の事情がある方を対象とします。
初代理事長には五人大満足の絶倫王乙武洋匡氏、
事務局長に暇をもて余し今やイクメンというよりニート気味の元国会議員宮崎謙介氏、
最高顧問に大御所桂文枝師匠、
そして名誉会長に不倫界伝説の巨匠石田純一氏をお迎えし、
イメージキャラクターにダッチワイフ顔の休養中タレントベッ〇ー様を起用する予定です。
個人一口1万円、法人一口10万円から出資金を募らせていただきますので
ご賛同いただける方は当ブログよりお申し込みください。
皆様のご参加お待ちしております。

※この投稿は4月1日のものですm(_ _)mう〜む、ゲスい

裁判員の交通費

過日、東京地方裁判所より「裁判員等選任手続」による呼び出しがあり出頭した。
対象となった事件に関しては差し障りがあると思うので触れないが、
支払われることになった交通費に関して一つ。

裁判所から提出を求められるのは交通費及び日当の支払口座のみ。
一般企業等で用いられている「旅費交通費精算書」の類は提出の必要がない。
何故なら交通費は裁判所が移動経路を合理的(勝手)に判断して計算してくるから。

因みに私の場合、もし「旅費交通費精算書」を提出するならば

  東尾久三丁目 − 町屋駅前 (都電) 170円
  町屋 − 霞ヶ関 (東京メトロ) 200円

の往復で740円を請求するだろう。
しかし裁判所が示した交通費は511円。
東京メトロの乗車区間に関しては認められたものの都電の乗車区間に関しては
「徒歩移動」とされ、自宅〜町屋駅と東京メトロ千代田線霞ヶ関駅〜東京地方裁判所
までの徒歩往復に関して37円/1km×3kmで111円が支払われることになる。

もちろん歩けない距離ではないが、雨の日であれば間違いなく都電を使って移動する
だろうし、朝方は本数の多い都電での移動が合理的であり時短となる。

先頃、大分県議の自家用車による移動交通費支出に関して領収書の添付もなく、
申告されたまま1km当り37円が支払われている。
ガソリン代が100円だとすれば、リッター6kmしか走らない車でも1km走る毎に
122円浮いてくるわけだ。
裁判員候補者として呼び出しを受けた一般市民が「徒歩移動」とされる区間
(例えば3km)を都バスに乗れば309円の足が出る。

自分でやりたくて議員やっているヤツの交通費が領収書なしの自己申告で
支払われ、裁判所の都合で呼び出された一般市民に対して自己申告を認めず
「バス・都電の距離は歩け」というのはいかがなものか?

この焼き魚はボクのもの

4367094_2198999144_87large

久々に癒しのプレゼント。

荒川区の防火対策

現在、荒川区では高齢者の住宅火災を防止するため、65歳以上の一人暮らし世帯
又は高齢者のみの世帯を対象に、IH調理器等の購入費用を助成しています。
必要な場合は工事費も含め、かかった費用の50%が上限2万円まで補助されます。

象印製の電気フライヤーやフィリップスのノンフライヤーの購入も対象となります。

申し込み・問い合わせ先

高齢者福祉課高齢者福祉係 03-3802-3111(内線:2661)

高齢者だけの世帯では情報も入りづらく、判断もつきづらい可能性があります。
別居している親御さんなど心当たりの方がいらしたら知らせてあげてください。

人口の壺

今日1月29日は「人口調査記念日」。
144年前、明治維新後初の人口調査が行われ、戸籍が編纂された日だ。
当時の人口は34,806千人、現在の27%くらいであった。
にもかかわらず人口過剰とされ、ブラジル・ハワイなどへの移民が行われていた。

「人口動態統計」によると一昨年の出生数は1,004千人、死亡は1,273千人
269千人減少したことになる。

日本の人口ピラミッドは大戦後2度のベビーブーム、丙午の迷信などにより
多少歪ではあったものの1980年頃までは「ピラミッド」と呼べなくもなかった。

  http://www.ipss.go.jp/site-ad/toppagedata/1970.png

しかし昨年のそれは最早完全に「壺」である。

  http://www.ipss.go.jp/site-ad/toppagedata/2015.png

世代間扶養の賦課方式をとる日本の年金制度はいつまで維持できるのであろうか?

あけましておめでとうございます

1月も10日を過ぎましたが

あらためて あけましておめでとうございます

昨年中はたくさんの方に お世話になりました

毎年夏に開催していた 「親子のための金銭教育」
昨年は 「荒川福祉祭り」の中でも
行うことが出来ました


今年もまたよろしくお願いいたします

 

一年が早い

今年もあっという間に年末となりました。

新年早々、ISILによる日本人ジャーナリストと民間軍事会社オーナーの拉致・殺害という
衝撃的な事件で幕をあけた本年は、安保関連法案・マイナンバー・TPP等、巨大与党の
傲慢ぶりが際立った一年でもありました。

ゴーストライター・STAP細胞・遠隔操作など、小物の虚飾に彩られた昨年に対して、
東洋ゴムのデータ改ざん・東芝の粉飾決済・三井住友建設施工マンションの傾斜・
国立競技場デザイン案の見直し・オリンピックエンブレムの盗作疑惑等々、
企業やイベント規模の大小がその信頼性と比例しないことを改めて思い知らされる
一年となりました。

人気を博した話題のドラマ「下町ロケット」のストーリーにはそのあたりの思いが
込められていたような気がします。

「下町ロケット」といえば我が荒川区の中小企業島野製作所が時価総額で世界最大と
言われる米Apple社に対して特許権侵害を訴えでた裁判も佳境に入っているようです。

 http://blog.livedoor.jp/progreoyazi/archives/51814198.html

来年中には決着がつくかもしれません。きっと大きなニュースになるでしょう。
頑張れ島野!

過日、当団体の元相談役永石隆宏氏の一周忌を迎えました。
本当に一年が経つのは早いものです。
改めてご冥福をお祈りします。

少々湿っぽい締めくくりで恐縮ですが、皆様どうぞ良いお年を!
訪問者数

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Profile
記事検索
  • ライブドアブログ