Progress2018 〜一級建築士への挑戦〜

一級建築士に向けての勉強日記

こんばんは
しんやです

試験の回数が片手位受けてると

何故かこの二つの文章が頭の中にでてきます。


ゆく河の流れは絶えずして、
しかももとの水にあらず。
淀みに浮かぶうたかたは、
かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし。
~方丈記より

月日は百代の過客にして、
行き交ふ年もまた旅人なり。
船の上に生涯を浮かべ、
馬の口とらへて老いを迎ふる者は、
日々旅にして旅を栖とす。
古人も多く旅に死せるあり。
~奥の細道より


このまま…
(安心してください
考える習慣がついてるだけで
日々の生活は順調です)
→結論 早く試験にPASSすることですね

さて 複雑な前置きはこの位で
タイトルは合物のブログランキングにまだ
残ってるので混乱を避けるためこのまま

本試験法規より
F5CA30C8-C607-472A-824B-F89539D4889B

前回のブログ
で絞れないと書きましたがよく読んだら
あれっ?そんなに難しくない事に気がつきました。

1は工事の施工中における安全措置の計画を作成して提出
2は都計法の許可有無
3建屋における特定行政庁への定期報告
4用途変更における工事完了届を届ける

正解は(TAC見解)のHPより
1がNG
法令集で復習しながら調べました
病院はいる部類 規模5階以上、1500㎡を超える
避難施設、非常用の照明などなど
法令集をひっくりかえして読んでいきました
色々と理解することができた

ただ解答をちゃっちゃっと導き出すには
そもそも、照明カバーの取替え工事って必要な部類か?
(多分…)
ここでサクッと✖とでたらよかった
(但しどんな時に計画の提出が必要かを理解してる前提で)

選択肢2、3は何か聞いたことあるなで一旦そのまま
4はよくアリさんが言っている
用途変更が成立しても、完了届とかは必要だからねー
で特に法令集引かなくても解けますね

今週末から夏休み
ここら辺はお盆の宿題ですね

『夏草や兵どもが夢の跡』
文章の流れで
俳句を詠んでしまいましたが

試験落ちて
これから事情聴取されに行くわけではないので
ご安心を…


立止まらず進みます


こんばんは
しんやです

先週末は
ウラ指導主催 お疲れさま会
参加してきました。
合格者、来年再チャレンジ者
その他様々な事情の方々いらっしゃいました
講師の方々が他の方に話されていたことを
聞き耳を立てて聞いてました。
まあ まあ まあ でございます。

感想も何も書かないのもなんなので
例えるなら(いつものよう解らんかもしれませんが)

甲子園に出場できたが
レギュラーになれず
スタンドで応援してる
野球部員…

前置きはこの位で
まずは法規から
(計画、環境設備はある意味知識や数値なので法規や構造から
復習してねとの講師の方の意見を参考にしてます)
No1
いつもの言葉の定義ですね
消去法で消していき
残った遮炎性能は外壁に必要な性能は✖(法令集確認)
→防火設備に必要とされる性能

No2
北側高さ制限において…階段室面積1/8高さに参入しない
→北側高さ制限で高さの緩和となる上記の除外はない

No3
確認申請関係で必要なものがない
選択肢で特建や規模をまずはチェクして除外していくと
鉄骨、平屋、事務所、過半の修繕が怪しい。。。
必要ない?と浮かび上がり
法令集チェックして これこれとなる

No4
届け出、許可、報告、届け出
あかん これは間違えました
というか 絞り切れませんでした
今日はここまでです

ではまた

こんにちは
しんやです

ブログ記事までは読むと
思いますが
なかなか
コメントまでは
読むこと
少ないと思いますので
貴重なご意見の
コメント貼っときます

7/23の記事に対してです

私の感想
(何も言えね…)

Posted by クラーク
email:
URL :
IP :***.***.***

【あと10点足らなかった】ではなく【10点も足りなかった】です。
10年分の過去問を10割正解するぐらいでも不安や危機感を持てる人間が合格するのですよ。

あなたには危機感が相当欠落していると思われます。
もう少しまともに建築士試験取り組みましょうよ。いやマジで。

【合格できる人】
○自己管理ができる人(時間・成績・ブログ)
○高得点をとっても不安・危機感を失わない人
○こだわりがある人
○素直な人
○ストイックな人

【合格できない人】
○自己管理ができない人(時間・成績)
○(大した努力もしてないのに)何点取れるかだけが不安な人
○できない理由を人や環境のせいにする人
○言い訳をする人
○他人のブログが気になる人
○2ちゃんねるでモチベーションを上げようとする人
○合格後を見越して無駄勉に手を出してる人

このページのトップヘ