ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。


dカードセンターに電話がつながらない


dポイントクラブスタートに伴い、dカードおよびdカードGOLDと名称を変えたDCMX。

その変更に伴い、様々な問い合わせがdカードセンターに寄せられているのか、もう一ヶ月近くdカードセンターには電話がほぼつながらない状態が続いているようです。

なんだか同じようなケースを今年、どこかで体験したような気がしている人もいるでしょう。

そうです。ドコモ光ですね。


今は改善されているようですが、ドコモ光も開始当初は本当に電話がつながりませんでした。

私もいろいろと問い合わせをしようと電話をかけたものですがまったくつながりませんでした。


それと同じ状況が、今度はdカードセンターで起こっています。

反省がないというか、進歩がないというか、教訓がまったく生かされていないというか。
 
何にしてもドコモは、そうした部分の予測が毎回かなり甘いようです。

特にdカードはクレジットカードサービスなのですから、ドコモショップでは対応してくれないことも多いわけです。
それなのに電話がつながらないでは話になりません。

早めの改善を期待したいところです。


さらに、ドコモのdカードに関して、今まで以上にGOLDカードの影響力が強まっているようです。

非常にお得な面も持ち合わせているdカードGOLDを、改めて見直してみても面白いかもしれません。

関連記事→「dカードゴールドは本当にお得なのか(ドコモ情報裏ブログ)
 

NOTTV放送終了。


2016年6月30日。

ついにNTTドコモのNOTTVがサービスを終了しました。
長いようで短いサービス期間でした。
ゆくゆくは赤字を解消しドコモの稼ぎ頭になるようなサービスになるようにと、大きな夢を見て開始されたのかもしれませんが、最終的には夢は夢のままで終わることになりました。

ただし誰もが、この夢は夢で終わると、結構確信に近いものを持っていたわけですが・・・。


 

お勧めMVNO格安SIMの選び方

MVNOから選択するのではなく、年齢や利用環境からMVNOを選べるようにまとめてみました。

今からMVNOを利用してみたいと考えている人、興味はあるけれどどうすればいいかわからない人などにお勧めです。

お勧めMVNO格安SIMの選び方/年齢・生活環境別逆引きMVNO
 

 

FREETEL/Priori 3S LTE発売


2月12日は、FREETELのPriori 3S LTEの発売日です。
11日の段階でFREETELから発送のメールが来ていたのですが、今日は残念ながら届きませんでした。
発売日に届くようにできれば発送していただけたら最高だったのですが。

届き次第、Priori 3S LTEとPriori 3 LTE、そして同じFREETELのMIYABIなどとの比較レビューをしてみようと思います。

ちなみに注文した色はネイビーです。どうやら人気もある色みたいですね。 ネイビーを選んでよかったです。
無難なところで白や黒も悩んだのですが、写真上はシックな色味がいいなと思えたので。

実際見た色はまた感じが違う可能性もありますので、楽しみ半分、不安半分といったところです。
明日にはおそらく届くでしょう。

総務省の端末販売の適正化の取組に係る情報提供窓口の設置及びスマートフォンの販売価格等に関する調査の実施


2016年2月2日、なんだかもはや方向性がよくわからない方向へ向いているとしか思えない、窓口が総務省によって設置されました。

キャッシュバックはユーザーにメリットもあるのだから、そこまでして監視する必要があるのかはなはだ疑問です。

キャッシュバックをやめさせたからといって、それがそのまま料金の値下げにつながるわけではなく、結局大手キャリアのために総務省は一生懸命頑張ってユーザーの利点になるキャッシュバックをやめさせ、ユーザーのキャリア乗り替え意識を冷え込ませ、経済活動を阻害するのが狙いのようです。

「キャッシュバック=悪」という図式がいつの間にか総務省の中に確固たるものとして存在しているのが何よりの問題ですね。

有識者会議の「有識者」の人選にも問題があったのは間違いないですが、どこの誰が「有識者」の人選をしたのかが非常に気になるところです。

どうしてユーザー目線、現場目線、業界目線で語り合うことができる「有識者」を集められなかったのでしょうか。
どこぞの有識者風情が話し合った結果を「総務省の総意=国民の総意」みたいな顔をしてキャリアに「要請」という名の圧力をかけるのは問題がありすぎます。

まぁ個人的にはMVNOがつぶれない程度に動かれる分には別になんの問題もないのですが。

問題だらけの業界を問題を抱えた組織が問題を解決できるかも怪しい議論の結果生み出されたよくわからない結論を投入して改善するわけがないという話でした。


記事検索
タグクラウド
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
自己紹介
名前:XP
連絡はこちらまで
  • ライブドアブログ