ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。


FREETEL/Priori 3S LTE発売


2月12日は、FREETELのPriori 3S LTEの発売日です。
11日の段階でFREETELから発送のメールが来ていたのですが、今日は残念ながら届きませんでした。
発売日に届くようにできれば発送していただけたら最高だったのですが。

届き次第、Priori 3S LTEとPriori 3 LTE、そして同じFREETELのMIYABIなどとの比較レビューをしてみようと思います。

ちなみに注文した色はネイビーです。どうやら人気もある色みたいですね。 ネイビーを選んでよかったです。
無難なところで白や黒も悩んだのですが、写真上はシックな色味がいいなと思えたので。

実際見た色はまた感じが違う可能性もありますので、楽しみ半分、不安半分といったところです。
明日にはおそらく届くでしょう。

総務省の端末販売の適正化の取組に係る情報提供窓口の設置及びスマートフォンの販売価格等に関する調査の実施


2016年2月2日、なんだかもはや方向性がよくわからない方向へ向いているとしか思えない、窓口が総務省によって設置されました。

キャッシュバックはユーザーにメリットもあるのだから、そこまでして監視する必要があるのかはなはだ疑問です。

キャッシュバックをやめさせたからといって、それがそのまま料金の値下げにつながるわけではなく、結局大手キャリアのために総務省は一生懸命頑張ってユーザーの利点になるキャッシュバックをやめさせ、ユーザーのキャリア乗り替え意識を冷え込ませ、経済活動を阻害するのが狙いのようです。

「キャッシュバック=悪」という図式がいつの間にか総務省の中に確固たるものとして存在しているのが何よりの問題ですね。

有識者会議の「有識者」の人選にも問題があったのは間違いないですが、どこの誰が「有識者」の人選をしたのかが非常に気になるところです。

どうしてユーザー目線、現場目線、業界目線で語り合うことができる「有識者」を集められなかったのでしょうか。
どこぞの有識者風情が話し合った結果を「総務省の総意=国民の総意」みたいな顔をしてキャリアに「要請」という名の圧力をかけるのは問題がありすぎます。

まぁ個人的にはMVNOがつぶれない程度に動かれる分には別になんの問題もないのですが。

問題だらけの業界を問題を抱えた組織が問題を解決できるかも怪しい議論の結果生み出されたよくわからない結論を投入して改善するわけがないという話でした。


グリムノーツ・期待通りの面白さ


グリムノーツが正式開始され、少しずつ遊んでいます。
非常に面白いと思います。ついついのめりこんでしまいます。期待通りです。

ただ、残念なのはガチャです。

星5つの激レアキャラが一人も当たりません。
「アリス」「シンデレラ」「赤ずきん」「桃太郎」「ジャンヌ・ダルク」、そしてそれ以外にも多数の星5つ激レアキャラクターがいるのです。
私の周りの友人たちは、かなりの確率で星5つ激レアキャラを当てているのですが、私は運悪く誰一人当たりません。

10連ガチャを初期のころに利用しなかったのが失敗だったのかもしれません。

早いうちに誰か一人でもいいので、星5つの激レアキャラを当てたいところです。

 

様々に活用できる0SIM by So-netの面白さ


先日発売されたデジモノステーション2016年2月号の付録だった「0SIM by So-net」SIMですが、使えば使うほど面白さが増してきます。

ただ、実際のところ、日常の利用に耐えうるかという問題に対しては個人的には「難しい」という結論を出しました。

なぜなら、0円で運用するには通信料を499MB以内で抑える必要があり、使いながらも常に上限を超えないか不安の中にあり、安心して使えないわけです。

それに対してOCNモバイルONEの110MB/日コースなら、仮に使いすぎてもその日だけの通信制限で済むわけなので、ずいぶん気楽です。
加えて、一日繰り越し分を含めて200MB超はほとんど使うことはありません。

仮に月額料金が900円かかったとしてもこちらが安心だという判断ですね。

ただ0SIMには、様々な端末でいろいろな利用のさせ方があるというメリットがあり、使い勝手が非常にいいのです。
メインの通信端末のほかにサブで何台かスマホを利用している人にとっては必須ともいえる0SIM。

So-netによる正式サービスの開始が待たれますね。


情報元:「0SIM by So-netを活用したスマホ0円運用まとめ」(ドコモ情報裏ブログ)

思った以上に面白いKATANA02


個人的に、初めて持つWindows 10 mobile端末「KATANA02」。

実は全然期待していなかったのです。

ネット上の評判もそれほどよくもなく、まぁ価格も価格だし、最低限利用できればと考えて購入に踏み切ったのですが。

予想よりずいぶん面白いです。

今後Windows端末がもっと普及するかといえばまだまだわかりませんが、少なくとも日常の利用に耐えられないというレベルではなく、普通に使っていける機種だと感じました。

ただもちろん、Android端末やiPhoneと比べればまだまだ完成度は低いとも感じます。
今後の伸びに期待が持てる、KATANA02ではないでしょうか。

格安で、最低限利用できればよく、Windows 10 mobile端末を利用してみたいという人にはおすすめです。


KATANA02を開封してみたまとめ」(ドコモ情報裏ブログ)

 
記事検索
タグクラウド
スポンサードリンク
カテゴリ別アーカイブ
自己紹介
名前:XP
連絡はこちらまで
  • ライブドアブログ