ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。


まだこのシステムあるんですね、とあきれてしまう、auのユーザー無視のシステムについて。

どういう内容かというと、「auショップでMNPの予約番号を発行してくれない」、という問題です。

auから他社(ドコモ・ソフトバンク・MVNO含む)へ番号そのままにMNP転出をしようと考えた場合、必要なものとして「MNP予約番号」があります。

この予約番号の発行には、auショップ、「157」電話窓口、WEBと三つの方法があるのですが、解約金や詳細内容がわからない場合に、とりあえず店頭まで足を運ぶ人も少なくないと思います。

その際に、店頭での予約番号発行がなされずに何故か必ず「157」へと案内されてしまうというauショップの悪癖があります。

以前から知ってはいたものの、いい加減そんな仕組みはなくなっているのではと希望的観測をしていたわけですが、そんなに簡単になくなる仕組みではなかったようです。


一応断っておきますが、お店によります。
そのまま丁寧に受付をしてくれ、予約番号を発行してくれるお店もあります。

しかし、確実に一部店舗・一部スタッフには、予約番号を発行するなら157へ、という流れを強要してくる店舗・スタッフが存在します。

利用は一つ。
auからのペナルティがあるらしいのです。
自店舗から、MNPポートアウトを出したくないのです。
そのため、予約番号を発行したい、という客の来店があると、何かと理由をつけて157へと振ってしまおうとするのです。


auからのペナルティが背景にあるのだから、代理店であるauショップやスタッフに責任がない、とはいえません。
ユーザーの立場での受付は、対面窓口の責務であるとも思うわけです。

どういった理由があろうとも、「絶対157を使ってください」と言わんばかりの態度は、もはや自身の存在意義を見失った接客レベルです。

会社にとっては優秀な店舗、優秀なスタッフかもしれません。
しかし、利用者にとっては最悪の店舗、最悪のスタッフです。

こういった、ろくでもない対応が増えないように、auの代理店の評価システムの見直しに期待したところです。


ロケットモバイルのTwitterアカウントが、なかなかパンチの聞いたツイートをしております。


「弊社は喧嘩系MVNOです。売られた喧嘩は買うのでご承知おきください」


まぁ、これだけ読むと、とんでもないこと言ってるな、という風にしか見えないかもしれません。

続きがあります。


「何故わざわざこのような発言をしたか? ここ最近、利用料金を踏み倒し開き直るもしくは逆ギレする、弊社カスタマーサポートに対して悪質な罵詈雑言を浴びせるなど非常識な方々がチラホラ表れています。そのような方々に頭を下げてまでご利用いただく必要があるのかと疑問に感じたからです」



さあどうでしょうか。

賛否両論が巻き起こっています。当然ですね。ただ、喧嘩系云々はともかくとして、これは正論です。

そして、ドコモ・au・ソフトバンクには言いたくても言えないことを、まさにロケットモバイルが代表して発言してくれた、というところです。

理不尽なユーザーなど、数えきれないくらい存在します。

しかし「仕事である」という強制力の元、そんな理不尽にも耐えることを要求されているのが、大手キャリアショップの従業員や、家電量販店で働く販売員の皆様です。

ロケットモバイルの発言は、それらの方々がおそらく、言いたくて言いたくて仕方がなかったことなのではないでしょうか。

ユーザーはお金を払ってサービスを受けます。しかし、理不尽な要求や振る舞いを許される権利は、料金に含まれていません。もちろん追加料金を払えばいいという話でもありません。

そのため、本来従業員の皆様が、そうした理不尽を受け入れる必要性などどこにもないのです。

大手キャリアが、そのブランドに傷がつくのを恐れるあまり何も言えないでいるところに増長した、勘違いユーザーが、今回ロケットモバイルによって手痛いしっぺ返しを食らったのです。


ロケットモバイルは言います。「人間だもの」。

人が利用するサービスや商品は、人によって提供されます。

気持ちや態度や言葉に至るまで、すべて人から提供されます。

人を人と思わない人に、世の中のすべてがまともな人として対応してくれると思ったら大間違いです。


いろいろと批判もあると思いますが、こうした方向性は堅持しながら、メインのMVNOサービスも頑張ってほしいところです。




NTTドコモのd系サービスの中でも高い人気を集めている「dマガジン」の「お気に入り」登録を活用してみました。


人気の雑誌が月額400円で160誌以上読み放題というdマガジン。わざわざ雑誌を買わなくてもよくなり、さらには書店に雑誌を眺めに行く必要もなくなるため、読みたい時に読みたい雑誌を探せるという大きなメリットがあります。

実際利用してみると、各種雑誌がズラリと並んでいますが、目的の雑誌を探すのがなかなか面倒なことがあります。
これは書店で雑誌を探す時にも同じ思いをすると思いますが、やはりジャンル別で分かれていると非常に助かります。dマガジンでも、雑誌から選ぶ場合には「新着雑誌」、「女性」、「趣味」、「男性」、「総合」というジャンル分けはしてあるものの、細かい ジャンル分けがされていません。

他に、記事から選ぶ方法やランキング、おすすめなどから探したりすることもできますが、それ以外にもう一つ、「お気に入り」に登録する方法が用意されています。

指定の雑誌を「お気に入り」に登録するためには、その雑誌を開いて右上のお気に入りマークをタップするか、参加雑誌一覧画面でお気に入りマークをタップすると登録ができます。

そうすると、お気に入りに指定した雑誌は、トップ画面の「お気に入り」コーナーに表示されるようになり、バックナンバーも同時に表示されるようになります。これでわざわざ毎回その指定の雑誌を探さなくても、毎回一目で確認ができるようになります。

非常に便利なサービスだからこそ、うまく賢く活用していきたいところです。

dマガジンの詳細についてはこちらのサイトが参考になります。

参考外部サイト:「dマガジンの使えばわかる便利機能/有効活用・利用方法まとめ



ソフトバンクの学割モンスターに続いて、auからは、学割天国が発表されましたね。

両社とも、違いが今回は明確ですが、ソフトバンクはauのプランに合わせた学割モンスターの内容変更などは今のところ発表していません。

今年は寄せてこないのでしょうか。それとも今、検討中ですかね。

ドコモはなんだか毎年、後出しです。

ソフトバンクとauの出方をうかがって、その上で発表、というスタンス。

それでよりよいサービスが出てくればいいのですが、そういうわけにはいかないんですよね。

auよりも、ソフトバンクよりも、ほんの少しメリットがあるかな、まぁ考え方によってはね、という程度のプランが出てくるのが、関の山とは思っています。いつものことです。

それでも、一年に一度の学割の時期なのですから、その内容にはそれなりに期待したいものでもあります。

本日1月13日が金曜日、もし今日ドコモから発表がなかったら、学割の発表は来週になりそうです。

ただ、駆け込みで今日発表ということも十分あり得ます。

本日一日は、ドコモの様子をみておきましょう。

 


2016年末、ソフトバンクが例年よりかなり早く学割を発表してきたため、ドコモやauも早めの発表になるかとおもいましたが、そんなことはなかったですね。

間に合わなかったのか、単純に発表を急がなかっただけなのか。

例年通りのペースであれば、おそらく2017年1月中、遅くても下旬にはドコモやauからも発表があるものと思われます。


ただ、ソフトンバクの学割モンスターを見る限り、今年もあまり学割の内容には期待できないかもしれませんね。

学割の方向性は昨年より大きく転換しています。

割引よりも、データ増量、という方向になってしまったのです。

学割でひたすら安くしたい、という要望は、少なくとも昨年はほとんど通りませんでした。

もちろんデータ増量だって役には立つのですが、昨今自宅にWi-Fi環境があるところも増えてきているはずであり、Wi-Fiがあるのであれば実際のところそんなにデータ増量はありがたくないケースもあるわけです。

「料金を安くしたい」という市場のニーズに対して、ドコモを含む大手キャリアは昨今、応えなくなってきました。

あえて、料金を安くしたいというニーズに関しては黙殺し、ほかの部分、例えば学割でいえばまさに「データ容量を増やしたい」というニーズに応えているのです。

問題のすり替えですね。

何度もいいますしもはや言う必要もないくらいですが、安くしたいならMVNOに移行したらいい。

大手キャリアとしては、それくらいの気持ちなのかもしれません。

移れるなら移ってみろと。

自分たちだけで自己完結できるのかと。

大手キャリアのサポートがないと生きていけないはずだと。

そんな、傲慢な自信があるのではないでしょうか。
そして、多くのユーザーは、そんな風に大手キャリアから甘く見られているわけです。

なんだかんだいっても、結局MVNOには移れないはずだ、と。


現代は、ユーザーが賢くならなければならない時代です。

賢くなればなるほど、よりよい生活を送れる仕組みになっているのです。

スマホも同じです。


学割も楽しみではありますが、学割の内容を見極めて、イマイチ、と思ったなら、早々に別の選択肢も検討してみる価値はあると思います。

今は様々、たくさんの自由と選択肢が転がっているのです。選び抜きましょう。

↑このページのトップヘ