NTTドコモは先日、8月1日から12月31日までの5ヶ月間、キッズ割のキャンペーンを行うと発表しました。
内容は以前のキッズ割と同じで、FOMAの新規契約時に申し込みができるようになり、料金プランをタイプシンプルで申込み、「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」「ハーティ割引」などを利用した場合に適用されます。

契約者は親権者名義となり、対象者が3歳から12歳までの子供という形になります。
料金も以前と同じで契約月を含む最大7ヶ月間が基本料金0円、それ以降30ヶ月間がバリュープランで390円となります。

現在発売されているキッズケータイHW-02Cや、8月発売予定の新型キッズケータイHW-01Dなどで利用でき、もちろんそれ以外のケータイ端末でも利用可能です。ただし、Xi契約は非対応になります。

キッズケータイを検討していたものの、チャンスを逃してキッズ割がなくなってしまった、という方にとっては朗報です。

このサービスを利用される方の多くは、イマドコサーチを利用して自分の子が今どこにいるかを把握できるようにしておきたいという方が多いかと思います。

NTTドコモのイマドコサーチは、月額が210円(税込)で利用でき、検索回数が1回につき5.25円かかります。
これは検索する側の料金ですが、検索される側は、料金は一切かかりません。
もちろん勝手に検索はできないので、事前に設定が必要になります。さらに、こっそり検索することができないようになっており、検索をすると、検索される側に検索されているという通知がいきます。

ちなみにauに同じようなサービスで「安心ナビ」というサービスがありますが、こちらは月額が315円でドコモより若干高く、探す側は一回あたり3.15円とドコモより安いですが、探される側にも一回あたり3.15円がかかります。

さらに、ドコモにはもう一つ、イマドコかんたんサーチという、イマドコサーチの簡易版もあり、こちらは月額無料で利用できますが、機能に制限があり、探す側一回あたりが10.5円で、毎回探される側の許可がないと探すことができません。子供が毎回毎回許可してくれるかもわかりませんし、気づかない可能性もありますので、子供の位置を探す、という意味ではあまり適していないかもしれません。

ということで、キッズケータイ利用時に利用する機会が増えてくると思われるイマドコサーチについての再確認でした。

これを踏まえて、キッズケータイの利用を検討してみましょう。