ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2012年05月

最近たまに、NTTドコモ製スマートフォン、Xperia NX SO-02Dの故障について情報をもらうことがあります。
症状は様々なので、特にこの点が壊れやすい、という印象はありませんが、他のスマホ同様、やはりどうしてもたまに故障が発生することはあります。

その際、このXperia NX SO-02Dの厄介な点として、まずは電池脱着ができない、という点が挙げられます。
その点はXperia acroHDと同じなのですが、修理の際に電池交換を伴わなければ、プレミアクラブ会員なら最悪5250円しかかかりませんが、電池交換が伴うと、プラス8500円(税抜)かかります。そこが一点(関連記事:Xperia NX内蔵電池交換と強制リセットについて)。

もう一点は、データのバックアップをしたくても、SDカードスロットがないため、外出先などで咄嗟にデータ保存がしにくい、という点です。

故障が発生してすぐにドコモショップに持ち込んだとして、microSDカードがないと、データのバックアップができません。
ショップでなんとかしてくれればいいですが、ショップ店員も100%信用はできないと考えていた方がいいので、基本的にデータに関しては自分でなんとかしておいた方が間違いないです。ということで、SDとアダプタをその場に持っていない場合は、ドコモの電話帳バックアップアプリを利用してサーバーへ電話帳バックアップをとっておく、という方法が一つ。
そのほか写真などのデータに関しては、Dropboxなどのクラウドサービスを利用して、基本はスマホ本体だけでなく、ネット上に常にバックアップがある状態にしておく、という使い方をするのが賢いと思われます。

これは同じくmicroSDカードスロットがないNTTドコモ GALAXY NEXUS SC-04Dも同じですが、Xperia NX SO-02Dは、クラウドサービスを常に身近に利用する、というのが大前提の機種と考えた方がいいと思われます。

そうすることで、万が一のデータ消失にも対応できますし、故障や不具合が発生したとしてもデータに関しては怖いものなしです。
データ消去して修理に出したとしても、電話帳と写真についてはいつでも復元可能です。
そのほかのデータも、保存できる分は保存を定期的にしておけば、致命的なダメージはさけられます。

今は、以前のようにバックアップ先はSDカードやパソコンだけでなく、クラウドという新たなデータ退避先があるので、忘れずに利用するように心がけてみましょう。


NTTドコモは、ドコモタブレットを現在ご利用の方向けに、期間限定で無料ホームアプリを提供すると発表しました。

今回ドコモから提供されるタブレット向けホームアプリは二種類。

・きせかえKidsタブレット for docomo
kisekae

対象機種はARROWS Tab LTE F-01DとGALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dの二機種です。
お子様向けのホームアプリで、楽しく勉強やゲームができるようになっています。


・かんたんホーム画面 for ドコモタブレット
kisekae2

対象機種は ARROWS Tab LTE F-01DとGALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D の他、MEDIAS TAB N-06D、GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02Dの四機種です。

アイコンが大きく、使いやすいホーム画面に、インターネットの文字も1.5倍大きく見やすくなり、さらに設定画面も簡単シンプル、ミニゲームなども楽しめます。

期間限定といいながら、来年2013年3月31日までなので、かなり長期となっています。
対象機種のタブレット利用中の方は、一度ためしてみてはいかがでしょうか。

 

先日発表されたNTTドコモの新機種夏モデル、らくらくホンのスマートフォン版、らくらくスマートフォン。
実際に買い替えるとどうなるのでしょうか。

現在らくらくホンベーシック3 F-08Cをはじめ、らくらくホンの各モデルを利用している人はかなりの人数に上るのではないかと思います。

現在はそのらくらくホンベーシック3と、らくらくホン7の2機種がNTTドコモで販売されていますが、それ以前にも同じようならくらくホンがたくさん扱われていました。

買い替えをされた際に使い方が大きく変わらないように配慮され、元々新機種が出てもあまり内容の変更がなかったらくらくホンですので、そのシリーズの中での変化はそれほど大きくはありません。

一番簡単ならくらくホンのシリーズと、高機能らくらくホンのシリーズ、主にこの2種類です。

それに加えて、今回発表されたらくらくホンのスマートフォン版が発売されるわけですが、では、らくらくホンをこのらくらくスマートホンに替えるにはどうしたらいいのでしょうか。

根本的な問題ですが、まずは、ドコモショップや家電量販店など、ドコモのケータイを取り扱っているお店に出向く必要があります。
そうすると、そこで機種変更、つまりケータイの取り替えの手続きができます。
もちろんその際、電話番号やメールアドレスはそのまま引き継ぐことができますので、改めて知り合いに番号を教えなおしたりする必要はありません。

もっていくものとしては、契約者の本人確認書類、つまり運転免許証かもしくは保険証など。もし割賦での購入を検討しているのなら、毎月のドコモ支払いを口座引き落としかクレジット払いにしている必要がありますので、請求書払いになっている人は口座のキャッシュカードやクレジットカードが必要になります。

らくらくスマートホンはまだ、発売日が決まっていませんので、早めに手に入れたい時は、予約が必要になります。
ですが、予約も発売の大体1~2週間前くらいに始まることが多いので、こまめにチェックしておく必要があります。
予約に関してはドコモショップに問い合わせてみましょう。

料金に関しては、今までと比較すると、スマートフォンを利用するという性質上、どうしても若干高くなると思われます。(関連記事:NTTドコモシニア向けらくらくスマートフォン発売・らくらくパケホーダイサービスも同時開始

実際の使い方など、スマートフォンはやはり、とりあえず触ってみることが一番なので、お店で動く機種を触ってみて、検討するのもいいと思います。

しっかり検討して、料金の高くなる分を理解して、さらに本当に必要なのかを吟味して手続きをしていただくことをお勧めします。



大人気機種、NTTドコモのXperia acroHD SO-03Dですが、ドコモショップおよび量販店などの在庫が少なくなっているようです。

たまたま少ないだけなのか、3月に発売されたばかりなのに、すでに次のNTTドコモ新機種・Xperia GXおよびSXが予定されていることから製造がもう終わっているのか、終わりつつあるのか。

どちらかわかりませんが、いくつか調べてみたところ、在庫なし、入荷未定という店舗が多かったです。

ただ、もちろんまだ在庫があるショップもありますので、本命で探している方は、いろいろと当たってみてもいいかもしれません。
今のうちに手に入れておかないと、最悪このまま製造終了、販売終了となりかねませんので。

それにしても脱着のできない内蔵電池というハンデを抱えながらもこれだけ人気だったXperia acroHD。
さすがXperiaシリーズですね。

関連記事

NTTドコモ2012夏モデル新機種・Xperia GX SO-04D
NTTドコモ2012夏モデル新機種・Xperia SX SO-05D




先日NTTドコモから発表された新機種夏モデルの中のコラボレーションモデルとして、エヴァスマホと並んで話題になっているのが「ジョジョの奇妙な冒険」スマートフォンです。

人気漫画ジョジョの世界を再現したスマートフォンで、ファンにはたまらないコンテンツやイラストやアプリを盛り込んだ特別版となっています。

ベースモデルはOptimus Vu L-06Dで、スペックはそちらに準拠。Android4.0、CPUに1.5GHzデュアルコア・クアルコムAPQ8060を搭載、ROMに32GB、RAMは1GB。

液晶は大画面の5インチ、IPS液晶。800万画素カメラ搭載です。Xiに対応し、バッテリーは大容量2000mAhですが、電池は内蔵型で取り外しはできません。
miniUIMカード対応で、microSDカードには対応していません。
防水、ワンセグ、おサイフ、赤外線、NOTTV、テザリングなどにも対応していますので、日本向け機能はほぼ搭載しています。

ジョジョの奇妙な冒険第6部主人公の空条徐倫のイラストが背面に施され、ディスプレイ側のフレームにも、ジョジョの世界のアイテムやマークが利用されていて、ファンにはすぐにピンとくるデザイン。
さらに、第1部、第2部、メインのキャラクターや悪役キャラなどの世界観やテーマを反映させたきせかえや壁紙などをプリインストール、画面をタッチすると波紋が広がるライブ壁紙などもあるそうです。第4部の杜王町の地図を探索できるライブ壁紙などもあるということで、いたるところでジョジョの世界を体感できます。

さらに第3部、ダービー弟との対戦で登場したゲーム「F-MEGA」がアプリとしてプリインストール。あのゲームが一体どう再現されているのか、気にならない方はいないでしょう。

スタンドのイラストや効果音やトリッシュの電卓、イギーのマチキャラ、ウェザーリポートのウィジェット、岸部露伴のヘブンズドアのメモ帳などジョジョコンテンツが多数用意されています。

さらにはムービーを一時停止するとなんと、
ザ・ワールドが表示されるということです。
時間停止ですね。止まった世界をリアルに味わえます。

そんなジョジョファンであればすでにコミックをお持ちの方が多いかと思いますが、ジョジョの奇妙な冒険・第1部から第3部の1話までがなんとプリインストールされているということで、無料でジョジョを読むことができます。
その先の続巻も別途購入もできるということです。

とにかく何もかもがジョジョで固められたスマートフォン。
ファンは買わずにはいられないかもしれません。
しかしこちら、限定15000台となっていますので、エヴァスマホの半分の台数しかありません。
まだ事前予約は始まっていませんが、事前予約開始次第、すぐに予約をした方がいいでしょう。
発売日は8月の予定、月々サポート適用後の実質価格は、2万円台半ばの予定ということです。

 

↑このページのトップヘ