ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2012年07月

mmbiは、4月1日よりサービスを開始したモバキャス放送局NOTTVの契約が10万件を突破したと発表しました。

当初、NTTドコモのスマートフォンの中でも、NOTTV対応機種は非常に少なかったものの、現在発売されている夏モデルでは、対応機種が増え、それに伴い契約者が一気に増えてきたようです。

ただし、NOTTVに関してはまだまだ対応していない地域も多く、今後のエリアの拡充が進めば、さらなる契約増が見込まれます。

観たくても観られない、というエリアを、早めになくしてほしいところです。

 

NTTドコモは、Xperia GX SO-04Dにくわえて、Xperia SX SO-05Dの事前予約開始日も発表しました。
こちらは8月3日より開始です。
SO-04Dと同じく、発売日はまだ正式発表ではないですが、8月10日が予定されているようです。

こちらも小型でスタイリッシュなデザインで、Xperia rayの進化版のような機種となっています。
手に入れたい方は事前予約しておきたいところです。

関連記事:Xperia SX SO-05D評価レビュー
 
 

NTTドコモは、Xperia GX SO-04Dの事前予約開始日を正式に発表しました。
8月2日より事前予約開始、発売日は正式決定ではないですが、8月9日を予定しているようです。
人気のXperiaシリーズの新機種ということで、予約も希望者が多いかもしれませんし、在庫状況がSH-09Dなどのように思いのほか少ないと、手に入らない可能性もありますので、早めに予約しておきたいところです。

関連記事:Xperia GX SO-04Dを触ってみた感想


NTTドコモから限定発売されたエヴァンゲリヲンコラボスマートフォン SH-06D NERVの不具合がネット上で
話題になっています。

アプリのエラーによる強制終了と起動の繰り返しという不具合で、この事象に陥ると操作がほぼ不能になってしまい、どうすることもできなくなるようです。

対処方法としては、辛うじて操作ができる場合は端末を初期化すると改善するようですが、それでもまた同じ事象が起こってしまうようです。
原因は今のところ不明で、ドコモからの公式発表もありません。

が、全国で頻発している不具合であるため、やがて公式発表はあるのではないかと思われます。
しかしこの件に関してはNTTドコモ、対応が遅れているようです。

利用者にとっては非常に困る不具合であるため、早急な改善を期待したいところです。

 

友人が購入したARROWS X F-10Dが思いのほか動きが遅いという話をきき、触らせてもらいました。

私が某ショップで触ってみたARROWS X F-10Dは考えていたよりも動きもよく、快適に使えるような気がしたのですが、友人のARROWS Xは、確かに動きが鈍重でした。

といっても、以前のARROWS、F-05Dなどと比較したらずいぶん改善されているのですが、最近のレスポンスが非常にいいスマートフォンやGalaxyシリーズなどを触り慣れていると、確かに細かく動きが重たいところが気になります。

となると、購入者が突っ込みたくなるポイントとしては、「処理能力最強のクアッドコアCPU搭載機種じゃなかったのか!」というところでしょう。

まぁこれはつまり、パソコンと同じように考えると納得のいく部分ではあるのですが、そもそもARROWSのレスポンスに関してはCPU以前の問題のような気もします。

第一、クアッドコアが必要になるようなソフトや処理を実際にどれだけスマートフォン初心者がするのか、という問題があり、さらにスマホ入門者の人がどれだけマルチな作業を行うのか、という話です。

こうなると実際メーカーも、体感速度だったりベンチマーク的に優れたもの、というよりもインパクトを重視してクアッドコアCPUをプロモーション的な意味合いで採用したのではないかと思えてしまったり。実際はどうかわかりませんが。

さて、NTTドコモにおけるGalaxy最強伝説はいつまで続くのでしょうか。
日本のメーカーに、早くGalaxyを超えるスマートフォンを作っていただきたいものです。


↑このページのトップヘ