ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2012年10月

iPhone5が発売されたことに伴い、現在唯一nanoSIMカードを採用しているiPhone5に対応するべく、NTTドコモはnanoUIMカードの取り扱いを開始すると発表しました。

日本ではau、ソフトバンクがiPhone5を発売していますが、両社のiPhone5はSIMロックがかかっており、解除することもできません。
そのため、ドコモのnanoUIMカードは海外で発売された、SIMロック解除してあるiPhone5を想定しています。

これまでも、SIMロックがかかっていない海外のiPhone4SなどにドコモのSIMカードを入れて利用するという方法はありました。
基本的にそれと考え方はまったく同じなわけですが、単純にSIMカードの形状が今までのmicroSIMからnanoSIMに変わったことによる、ドコモの対応となります。

通信に関しては、iPhone4sにドコモSIMを入れた時と同じく、Xi契約にしたとしてもFOMA通信しかできないため、パケホーダイの料金を考えるとFOMAのパケホーダイフラットは5460円、Xiのパケホーダイフラットは5985円になるため、FOMA契約にした方が若干安くなります。

ただし、テザリングを利用する場合、FOMA契約だと上限が8190円に上がってしまいますが、Xi契約だと5985円のままでテザリング利用可能なため、Xi契約を選択した方がお得となります。
 
さらに、通話のプランもXiとFOMAでは異なりますが、Xiのドコモ同士24時間通話無料のXiカケホーダイはiPhone4sにドコモSIMを入れて使った場合も適用するという報告が上がっていますので、iPhone5にドコモSIMを入れても適用すると思われます。
そのため、周囲にドコモユーザーが多く、Xiトーク24を利用したい人は、Xi契約を選択した方が安くなります。

ということで、ドコモのnanoSIMカードを利用してiPhone5を利用する場合も、最低限のことはできるため、どうしてもそういう使いたい人には、このドコモのnanoUIMカード提供開始は嬉しいニュースといえそうです。

ただ、裏技として、普通のSIMカードをカッターで切って、nanoSIMカードの形状にして利用するという裏技もあり、nanoSIMカッターも既に販売されています


ちなみにiPhone5の海外SIMロック解除済み、SIMフリー版です。


さすがに値は張りますが、どうしても欲しい人や、ドコモSIMで利用したい人にはお勧めです。



ドコモより発売される2012年冬モデル新機種、ソニー製Xperia AX SO-01Eの事前予約開始日と発売予定日が発表されました。

事前予約開始は11月1日、発売予定は11月16日です。
冬モデルの中では最初の予約開始日決定で、今後その他の機種も続々予約開始日、発売日が決まってくるものと思われます。

人気のarc形状を受け継ぎ、Xperia GXにはなかった防水機能や赤外線機能なども搭載した多機能スマートフォンとなっています。
 
大きすぎない4.3インチディスプレイで、女性の方でも使いやすい大きさといえます。
さらにはカラーバリエーションも豊富で、好きな色を選ぶことができます。

操作性はXperiaシリーズ特有の操作性をそのまま継承しており、違和感なくサクサク利用可能です。
デュアルコアCPUにメモリは1Gですが、LTEにも対応し、普通に利用する分には十分すぎる性能を有しています。

人気のXperia シリーズ最新機種ということで、人気が出そうです。
また手に入らないということはないとは思いますが、検討している人は早めに予約をして、確実に手に入れるようにしておきたいところです。
 

 

auとソフトバンクから発売されると発表されたiPad miniですが、そのカバーケースが先行して発売されています。
本体の発売日はまだ未定のようですが、ケースの方はすでに発売されているというのも面白い話ですが。

既に本体の予約も完了して、あとは発売日を待つだけ、という方は、先にケースを用意しておけば準備万端です。
それぞれ検討してみてはいかがでしょうか。





iPhoneは必要ない、という人も、タブレットを使うならばAndroidではなくiPadという人も少なくないかと思われます。
なぜなら、防水や赤外線、おサイフケータイなど、メインのスマホにはついていて欲しい機能がついていなくても、タブレットなら気にならないから、ということもあるかと思います。
さらには、画面の大きなタブレットでは、やはり操作性などを重視したいということもあるかと思います。

Androidのドコモスマホをメインで使っている人にとっては、プラスXi割があるため、料金的にはAndroidのタブレットがお得な面もありますが、iPadやminiを使うというのは、選択肢としてありだとは思います。

使いやすいサイズのiPad mini、検討に値するタブレットかもしれません。



NTTドコモの冬モデル新機種は、スマートフォン以外にもフィーチャーフォンも発売されます。

その中の一つ、P-01Eの発売日が決まりました。
10月3日です。事前予約も今日から開始となっています。

既にスマートフォン全盛の時代になりつつありますが、フィーチャーフォン利用の方もまだまだ多く、電話とメールのみの利用でインターネットを必要としない人にとっては必要なケータイといえます。

ということで、NTTドコモからは夏モデルで一つも発売されなかったフィーチャーフォンですが、まだまだ需要があるとドコモも判断したためか、数機種が発売されます。ただ実際フィーチャーフォンには、機能はすでに最低限しか求められておらず、安価で通話、メール機能と防水くらいがあれば十分という人が多いと思われます。

そうした需要に対応し、P-01Eの価格帯は一万円代半ばの予定ということなので、比較的購入しやすい機種になると思われます。

スマホにはまだまだしたくない、スマホは必要ないという人にとっては注目の機種です。





ドコモの夏モデルスマホは、すべてAndroid4.0を搭載していますが、その夏モデルで、Flash playerのアプリが消えてしまった場合の対象方法についてです。

既に知られている通り、Flashは今後Android版をサポートしなくなるため、現在プリインストールされているものが最後で、Android4.1からは完全に利用できなくなります。

Google Play storeからも既になくなっており、現在利用している機種でも間違って削除してしまったり、修理に出したことによって消えてしまったりした場合は、ダウンロードができなくなり、今まで利用できていたFlashが使えなくなってしまいます。

Flashが使えるということは、AndroidのiPhoneに対する優位性の一つだったのですが、それがなくなってしまうということは非常に残念なことではありますが、adobeの判断なのでどうしようもありません。

しかし、夏モデルまでの端末であれば、間違って削除してしまっても、まだ今のところ対処方法があります。

まずは事前準備として、提供不明のアプリをインストールできるようにチェックを入れておきます。
そのあと、ドコモの「dメニュー」のアプリを開きます。 
「サービス一覧」の中の「一覧を見る」をタップし、スクロールをすると、下部の「便利機能」の欄に「Flash Player」があります。
ここからなんと、ダウンロードが可能です。 

あまり知られていませんが、とりあえず今のところはまだ、ギリギリFlashをこうして使うことができますので、使えるうちはつかっていきたいところではないかと思いますので、間違ってアプリを消してしまったりした人は、この方法を試してみましょう。



↑このページのトップヘ