ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2013年10月


NTTドコモ、2013年冬モデル新機種、SHARPのAQUOS PHONE ZETA SH-01Fが11月7日に発売されます。

冬モデルのおススメ機種に選定されている機種の一つで、電池持ちも実使用時間が98.9時間と、ARROWS NX  F-01Fを上回る性能となっています。10月31日現在発表されている機種の中では最長の電池持ちの良さとなります。

スペック上の注意点としては電池内蔵型という点と赤外線がついていない点です。
赤外線は今回、他にもXperia Z1f SO-02Fにもついていません。

既に赤外線に代わる機能も色々と増えてきていますので、必要性が徐々にうすれてきていることを受けての非対応かもしれません。市場の反応を受けて、今後の赤外線の必要性が検討されるのかもしれません。

機能としてはワンセグに加えてフルセグにも対応し、フルHD5インチ液晶はGZOが利用されています。

薄型で持ちやすく設計されており、電源キーが今までのSHARP製スマホと違って側面に移動しています。

音量キーはなくなり、ホームキーの左下部分にタッチキーとして作られているという新しい形となっています。

人気のカバーケースも既に発売されているものもあります。
こちらも早めに用意をしておきたいところです。







携帯・スマホ純正付属品のお店【エスディーパーク】




 


NTTドコモは2013年10月31日より、ドコモショップ全店でiPhone 5s/5cの取り扱いを開始すると発表しました。

既にかなりの店舗で取り扱い開始されていたiPhoneですが、これで完全にドコモショップ全店舗での取り扱いが開始されることになります。

既にドコモの加藤社長は、10月中に全店舗で取り扱いを開始すると明言していましたが、その言葉通りとなりました。

これでiPhoneを探して遠くの店舗まで足を運ぶ必要はなくなります。
在庫状況などは、そのお店お店で違うと思われますので、早めに欲しい場合などは、各ショップに問い合わせしてみてもいいかもしれません。


情報元:「NTTドコモ



 


ふとしたときに利用できる簡単なメモアプリは色々ありますが、その中でも「Google Keep」は使い勝手が非常にいい便利アプリです。

2013-10-31-07-19-57







NTTドコモスマホAndroidスマートフォン他、iPhoneでも利用できるGoogle Keepは、ちょっとしたメモを残したい時に手軽に利用できるメモアプリで、特徴としてはGoogle ドライブと同期する点が挙げられます。そのためパソコンなどその他のデバイスでも利用可能であり、写真メモ、音声メモ、チェックリストの作成などもできます。

インターフェースも色別に分けることができ、自分で何色は仕事用で何色がプライベート用など、わけて利用することができます。

何よりスマホで保存したメモをすぐにパソコン上で管理可能になるという点が非常に便利なので、とにかくまずは一度利用してみるとよくわかると思います。

Evernoteのようなしっかりとした文章保存をするようなアプリではないので、そこは用途によって使い分けることができます。

まだ歴史の浅いアプリなので、発展途上の部分もありますが、長い目で見て利用していきたいところです。


ダウンロードはコチラ






NTTドコモからiPhoneが発売され、ついに日本においては三大キャリアすべてから発売されたことになり、圧倒的にシェアを伸ばしているApple。

ただ世界的に見ると成長の鈍化が目立ってきているようです。

7~9月期の売上が、前年同期比4%増となったそうですが、逆に純利益は9%減だったそうです。

iPhoneの販売台数だけでみると26%も増加しているため、決してiPhoneが売れていないというわけではないのですが、それに対する市場の評価は芳しくなく、株価は逆に大幅に下がる場面も見られたようです。

もともと大きな利益率を誇っていたAppleですが、iPhone1台あたりの利益の低下や、もともと利益率の低いiPadにiPadminiなどまで幅を広げたところなども影響しているのかもしれません。

パソコンメーカーとして出発したAppleは、現在もiPhoneやマッキントッシュなどハードの販売が収益のベースであり、WEB上の広告収入がベースにあるGoogleなどとはその根本の収益モデルが全く異なります。

ただそのハード以外の部分での収益を思うように伸ばせていないのが、成長鈍化の原因とも言えるのかもしれません。

サムスンにシェアで追い越され、Googleに株価で差をつけられているApple。
もっともっと新しい形のiPhone、もしくはiPhone以外の驚きが、一番必要とされているのかもしれません。

記事元:「日経





NTTドコモの2013年新機種冬モデル、Galaxy J SC-02Fが10月31日に発売されます。

CapD20131028













サムスンGalaxy シリーズの最新機種で、先日発売されたGalaxy note3 SC-01Fに続いての発売となります。

特徴としては、日本向けにデザインされ開発された機種という点で、カラーバリエーションもホワイトの他に日本で人気のブルーやピンクを加えてあります。

スペックは、前機種Galaxy S4からCPUがSnapdragon S4proから2.3GHz駆動のクアッドコアSnapdragon800に変更され、さらにはRAMがGalaxy note3と同じ3GBとなっています。

この冬のモデルでRAM3GBを搭載しているのはGalaxy note3の他はこのGalaxy Jのみとなっています。

先日発売された腕時計型端末のGalaxy Gearとも連携できるようになっています。

日本向けということで、緊急の災害に対応できるように「緊急時長持ちモード」を搭載し、機能を制限して電池の持ちを伸ばす機能があり、元々の電池容量はGalaxy S4と同じ2600mAhとなっています。
電池容量は変わらないものの、実使用時間はGalaxy S4の約45.1時間に対してGalaxy Jは約55時間となっていて若干持ちがよくなっています。

2013年冬モデルで比較すると、Xperia Z1とほぼ同等の実使用時間となっています。

人気のカバーケースも既に発売されています。早めにしっかり用意をして購入に備えたいところです。




その他いろいろなカバーケースを探したい人はまもるくんwebsiteより

 

 
 

↑このページのトップヘ